VIRGIN DUCATI | ディアベルAMGスペシャルエディション カスタムDUCATI

ディアベルAMGスペシャルエディション

ディアベルAMGスペシャルエディションのカスタム画像

レーシングパーツを投入し
スポーツモデル顔負けの運動性を実現

このディアベル AMG のほかに、BMW HP4 などのバイクも所有しているオーナー。もともと四気筒派でドゥカティには興味がなかったそうなのだが、ディアベルのスタイルにノックアウトされて晴れてドゥカティスタの仲間入り。「ひと目見て、カッコいいと思いましたね。そうしたら AMG が出たものだから『これはもう買うしかない』って(笑)」

そうしてディアベルのオーナーになったところ、ツインのトルク感の面白さに目覚め、ハイパーモタードを買い足すほどハマってしまったという。このディアベルは貴重な AMG だが、それを惜しむことなく、カスタマイズが進んでいる。そのカスタムは、実際に走って気になる部分からという実践派だ。「上手にまとめられてはいますが、リアタイヤの太さがハンドリングの重さに出ているんですね。それで、足まわりから手をつけました」

リアショックは納車前にオーリンズをオーダー。外装はカーボンパーツを装着して軽量化、ホイールも超軽量な BST のカーボンをチョイス。極めつけはオーリンズのレース用フォークだ。手をかけた甲斐あって、ワインディングでもスポーツモデルに負けない鋭い運動性を手にしているとのことだ。峠で出会ったら要注意の一台だ。

ディアベルAMGスペシャルエディションのカスタム画像
オーナーはメカニックのスキルを持っているのだが「走る時間がなくなるから」と、カスタムやメンテナンスはショップに依頼しているそう。

カスタムの詳細をチェック!

ディアベルAMGスペシャルエディションのカスタム画像
ディアベルAMGスペシャルエディションのカスタム画像
ディアベルAMGスペシャルエディションのカスタム画像
ディアベルAMGスペシャルエディションのカスタム画像
ディアベルAMGスペシャルエディションのカスタム画像
ディアベルAMGスペシャルエディションのカスタム画像
インジェクションの燃調は、ラピッドバイクを使用してリセッティング。スターレーンのクイックシフターも装備する。エクステリアパーツ はイルムバーガーを中心にコーディネート。マフラーは ZARD のスリップオンで、独特の質感のエキゾーストパイプはジルコテック処理されたもの。
シートはポジションを重視し、イタリア仕様のハイシートに変更。ナンバーステー はリゾマをチョイス。フロントブレーキは、ブレンボのレーシングキャリパーに、セラミックカーボンのローターを組み合わせる。
取材協力
住所/神奈川県横浜市緑区長津田町5799
定休/毎週月曜、第2・4火曜
営業/10:00~19:00
電話/045-924-4401

関連する記事