VIRGIN DUCATI | ディアベルAMGスペシャルエディション カスタムDUCATI

ディアベルAMGスペシャルエディション

ディアベルAMGスペシャルエディションのカスタム画像

オリジナルの良さを崩さずに
さりげなくカスタム

フォルクスワーゲングループとなったことで、それまでのパートナーシップが解消されたメルセデスベンツ AMG とのコラボモデル、ディアベル AMG スペシャルエディション。その成り立ち自体がすでにメーカーカスタムというこのモデルをセンス良くカスタムするのは、かなりハードルが高い作業だ。さらに車両のカスタムは、その度が過ぎれば改悪になることもある。このディアベルのオーナーは、若かりし頃に身をもってそれを経験した。そんなこともあって「一見、ノーマル。でもよく見れば手がかけられている」的なカスタムが好み。

その言葉を裏付けるように愛車のディアベルには、これといって目立つカスタムが見つからない。しいて挙げるなら、モトコルセのフルエキゾーストチタンマフラーだが、出口部分に AMG モデルのオリジナルサイレンサーを残すことで、見た目もサウンドでも、その存在感を薄めているのだ。その他、スライダー、バックステップ、クランクケースカバーといったパーツに関しても、ブラックカラーをチョイスすることで純正然とした仕上がりとなっていることが特徴である。

次なる一手は、カスタムディアベルの定番的商品となっているカーボンホイール。それもさりげなく装着されることだろう。

ディアベルAMGスペシャルエディションのカスタム画像
モンキーからハーレーまで、あらゆる車種でカスタムを楽しむオーナー。そんな経験がセンスの光るカスタム術に表れている。

カスタムの詳細をチェック!

ディアベルAMGスペシャルエディションのカスタム画像
ディアベルAMGスペシャルエディションのカスタム画像
ディアベルAMGスペシャルエディションのカスタム画像
ディアベルAMGスペシャルエディションのカスタム画像
ディアベルAMGスペシャルエディションのカスタム画像
ディアベルAMGスペシャルエディションのカスタム画像
アエラの アルミハンドル にモトコルセのハンドルバーレザー巻きを施した。センターに AMG のロゴが刺繍される。ハンドルのプロガードと ミラー はリゾマ。<
マフラーはフロントパイプのみモトコルセの Grosso Due。エンド部は特徴的な AMG パーツを残した。シートは本国仕様をベースに張り替え、AMG バッヂも付けた。キャリパーボルトはチタン。スライダー はリゾマ。クラッチクランクケースカバー、フレームホールプラグはドゥカティパフォーマンス。ステップ はアエラを使う。
取材協力
住所/静岡県焼津市中新田288
定休/毎週木曜
営業/9:00~20:00 (日・祝は~19:00)
電話/054-623-8109

関連する記事