VIRGIN DUCATI | ハイパーモタード1100S カスタムDUCATI

ハイパーモタード1100S

  • 掲載日/2010年04月20日【カスタムDUCATI】
ハイパーモタード1100Sのカスタム画像

オリジナルカラーのハイパーは
さらなる進化を続けていく

「まだまだカスタムの途中ですよ」とオーナーの小林さんが語るハイパーモタード1100Sは、スポーティなツートンカラーが印象的な1台。元々は2010年モデルのハイパーモタード1100SPを購入しようと考えていたが、自身のテーマカラーと決めているブラックがラインナップされなかったため、「それなら作ってしまおう」と考えたのが車両購入とカスタムのきっかけとのことだ。カラーリングはこれまで乗り継いできた愛車達と同じデザインを採用し、車体色に統一感を持たせるためにフレームもブラックに塗装している。

また、ドゥカティの定番アイテムとも言えるテルミニョーニマフラーは、仕上げの美しさを追求するためにオーナー自らが研磨。黒いボディの中でひときわ輝くエキゾーストパイプは、このマシンのアクセントにもなっている。今後はこのスタイリッシュなマシンに、走りのパフォーマンスを強化するパーツを順次投入していくとのこと。ハイパーの進化は、まだまだ止まらない。

カスタムの詳細をチェック!

ハイパーモタード1100Sのカスタム画像
ホワイトとブラックのツートンカラーにゴールドのラインは、オーナーのテーマカラー。歴代の愛車も同系にオールペイントを行ってきたとのこと。
ハイパーモタード1100Sのカスタム画像
マフラーはドゥカティのスタンダードとも言えるテルミニョーニ製をセレクト。フェンダーレスキットは国産車向けを加工して理想のスタイルを追求。
ハイパーモタード1100Sのカスタム画像
オーナー自ら手作業で磨き上げたと言うエキゾーストパイプに注目。ブラックをテーマカラーとする車体のアクセントとなっている。
ハイパーモタード1100Sのカスタム画像
タンク上部のカバーとインナーフェンダーをカーボンパーツへと交換し、レーシーな雰囲気を盛り上げる。車体色とのマッチングも良い。
ハイパーモタード1100Sのカスタム画像
よく見るとクラッチマスターシリンダーの取り付け部がヘルメットホルダーを兼ねている。スタイルを崩さず利便性を高めるグッドアイデアだ。
ハイパーモタード1100Sのカスタム画像
フレームの塗装はパウダーコーティング。フレームを塗るには一度エンジンを下ろさなくてはならないが、こだわりのためならそれも厭わない。
取材協力
住所/千葉県松戸市小根本209-1
?定休/毎週月曜
?営業/10:00~19:00(日・祝 ~17:30)
?Tel/047-330-0916

関連する記事

注目のアイテムはコチラ