VIRGIN DUCATI | モンスターS2R1000 カスタムDUCATI

モンスターS2R1000

  • 掲載日/2010年12月29日【カスタムDUCATI】
モンスターS2R 1000のカスタム画像

ショップのセンスと自分の好みで仕上げた
ブルーショットガン

オリジナルパーツの製作や鈴鹿8耐をはじめとしたレース参戦など、ドゥカティを中心とした意欲的な活動をしている、熊本のラベレッツァ。同社が今回手がけたモンスターS2Rは、ブルーを基調としてその中にフレークをふんだんに使い、鮮やかな仕上がりを見せる。

ハンドルをやや絞り気味のタイプに変更することで操作性を向上させるとともに、ハンドルクランプには削り出しのパーツを用いてライディング時の充実感を増している。レバー操作を約20%軽減させるクラッチレリーズピストンを装着し、普段から気軽に乗れるようにしているのもポイントだ。クラッチ本体側は、ボディカラーに合わせたブルーアルマイト仕上げのプレッシャープレートとステンレススプリングを使った。

マフラーは、車両全体での仕上がり感を見据えて、片側2本出しタイプを選択(同社では左右振り分けの2本出しマフラーも用意している)。オーナーの“乗り回す”楽しさを、トータルで引き立たせるカスタムとなっている。

モンスターS2R 1000のカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

モンスターS2R 1000のカスタム画像
クラッチのプレッシャープレート、スプリング、カーボンカバーはすべてSPEED製に換装。操作性、整備性が向上している。
モンスターS2R 1000のカスタム画像
ボディと同色にペイントされたアンダーカウルによってスポーティなイメージを引き立たせている。
モンスターS2R 1000のカスタム画像
クラッチ操作の力を軽減するライトリークラッチを装備。効果は約20%も操作が軽くなり、ライディングに集中できる。
モンスターS2R 1000のカスタム画像
ハンドルバーおよびクランプはSPEED製パーツを採用。ライディング時に視界に入る部分だけにオーナーの満足度も高い。
モンスターS2R 1000のカスタム画像
SPEED製フルチタンエキゾーストシステムは、写真のサイドツインタイプの他に左右2本出しタイプも揃う。
取材協力
住所/熊本県熊本市中央区南千反畑町3-15
定休/毎週水曜
営業/10:00~19:00
Tel/096-351-6915

関連する記事

注目のアイテムはコチラ