VIRGIN DUCATI | 900MHR カスタムDUCATI

900MHR

  • 掲載日/2009年05月08日【カスタムDUCATI】
  • 記事提供/ザ・カスタムマシン2008
    ※この記事は『ザ・カスタムマシン2008』掲載の記事を再編集したものです。

900MHRのカスタム画像

ワンオフ、加工などを
駆使したレストア車

ベースマシンはEPSキャストホイールを履くMHRの後期型で、使われているパーツはほぼ純正新品、もしくは既存パーツをフルレストアしたもの。唯一クラッチのみカンリン製乾式キットに変更されているが、これもMHRオリジナルレーサーが乾式クラッチ仕様だったことを考えると、好ましいモディファイだと言える。

「リヤショックはマルゾッキなんですけど、これのオイルシールが特殊なサイズだったので、シール自体をワンオフしてます」とは、エンジニアリングキヨナガ代表・清永さん。

前後ホイールはEPS製キャスト。ドゥカティ純正ブレンボキャリパーなど、ブレーキまわりはドゥカティの他車種から流用したもので、違和感は皆無の仕上がりだ。

カスタムの詳細をチェック!

900MHRのカスタム画像
クラッチはカンリン製の乾式キットに変更。食いつきもよく、ノーマルの重さもやや軽減されているとのこと。見た目も非常に美しい。
900MHRのカスタム画像
MHRの特徴とも言えるフェアリングはオリジナルを補修し、ステーに合わせて加工を施したもの。砲弾型メーターはZ1などと同じく日本のデンソー製。
900MHRのカスタム画像
キャブレターはデロルト製を使っている。エンジン内部もピストン、ピストンリングを新品に交換、クランクベアリングを国産品に変更するなどのO/Hを実施している。
取材協力
エンジニアリング・キヨナガ
電話/099-268-4037

こちらの記事もオススメ!

関連する記事

注目のアイテムはコチラ