VIRGIN DUCATI | F750 カスタムDUCATI

F750

  • 掲載日/2011年10月11日【カスタムDUCATI】
  • 記事提供/『DUCATI Campione Del Mondo』 Vol.06(2003.07.31発行)

F750のカスタム画像

入魂のスペシャルエンジン搭載
再現されたレーシングフォルム

最近の傾向として多いのが、市販車の750SSイモラのレプリカカスタムではなく、ファクトリーマシンのF750イモラをモチーフにしたカスタムマシンだ。

ここに紹介するマシンもその1台である。ベースモデルとなったのは750ccのワイドフレームモデル。そのワイドフレームをレーシングスペックにモディファイ。完成したローリングシャシーに、72年型イモラ=P.スマート仕様の外装パーツをチョイス。見事なまでにまとまりのある、レーシングフォルムを再現している。

注目のエンジンは、V2製コンプリートを搭載している。スペシャルヘッドにハイカム&ビッグボアのハイコンプピストン。軽量加工を施したレーシングクランクにスペシャルコンロッド。さらにクロスミッションはもちろん、オイルポンプギア一枚に至るまで、強烈なまでに肉抜き加工が施された、入魂のスペシャルエンジンである。

マシンオーナーの高橋さんは、この仕様でストリートユースを楽しんでいる。眩しいばかりのメタルフレークペイントに、細部まで美しい仕上がりを見せるF750スペシャルカスタムは、信号待ちの都度、大注目を浴びる存在となっているのだろう。

F750のカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

F750のカスタム画像
雰囲気重視のマシンオーナーの要望により、ヘッドライトはカウルで隠す仕様となっている。点灯時にはカバーを取り外す。エアンテイクダクトにウインカーが組み込まれる。
F750のカスタム画像
F750イモラのファクトリーマシンと同仕様のディスクローターを装着。4ホールローターで、市販車用よりも軽く仕上がっている。キャリパーはAP製2696だ。
F750のカスタム画像
【左】ストリートユースを象徴するスタック製メーター。液晶ディスプレイの中にスピード表示が出る。 【右】注目のバッテリーは小物入れになっている。これは究極的に素晴らしいアイデアだ。エンジンはフラマグ点火仕様なのでバッテリーは不要。したがって補器類を作動させるための小型バッテリーがシートカウル内に納まっている。
F750のカスタム画像
キャブレターにはマロッシレーシングの42.5Фをチョイス。このV2コンプリートエンジンは、FCR41のチョイスで後輪出力90馬力となる。排気量は904ccだ。
F750のカスタム画像
乾式クラッチもV2製。ベベルLツインの湿式クラッチは切れが悪くレースユースには不向き(特に押し掛けはNGだ)。その点、乾式クラッチは扱いやすくて良い。
F750のカスタム画像
リアの小径ローターは初期の750SSと同サイズの245Ф。キャリパーにはAP製を組み合わせる。
F750のカスタム画像
【左】リアショックはアルミボディのスペシャル。プリロードアジャスターは無段階のネジ込み式。走りを追求するオーナーのチョイスだ。デザイン的にも違和感はない。 【右】ストリートユースのためキックアームが取り付けられている。街乗りフルカウル仕様ならセルスターター付きも良い?
取材協力
電話/ 082-541-5491

こちらの記事もオススメ!

関連する記事

注目のアイテムはコチラ