VIRGIN DUCATI | スポーツクラシック GT1000 カスタムDUCATI

スポーツクラシック GT1000

  • 掲載日/2010年03月26日【カスタムDUCATI】
スポーツクラシック GT1000のカスタム画像

GT750をモチーフにした
ノスタルジックな美しさ

性能とスタイルを両立するための樹脂パーツとは言え、スポーツクラシックシリーズを楽しむなら、往時を懐かしむ「金属の質感」も大切にしたい。そのコンセプトを実現するために、1970年代前半を代表するモデル「750GT」をモチーフにしたフレームカラーと前後金属製フェンダーでベースとなる雰囲気を作り上げ、タンク色は深みのあるメタリックブルーを採用。マフラーもコンチネンタルタイプを装備することで、ノスタルジックな美しさを作り上げている。

エンジンこそ異なるものの、1971年仕様を思い起こさせるスタイルは必見だ。それでいて、HIDやETCをはじめとする使い勝手の面も忘れずにグレードアップされているところも、このカスタムのオリジナリティを高めていると言えるだろう。

カスタムの詳細をチェック!

スポーツクラシック GT1000のカスタム画像
深みのあるメタリックブルー。思い起こせば1971年式はメタリック系の塗装だった。
スポーツクラシック GT1000のカスタム画像
エンジンは金属の美しさを演出するためにバフがけ。フレームもリペイント済みだ。
スポーツクラシック GT1000のカスタム画像
マフラーも往時を思わせるコンチタイプ。メッキの輝きが雰囲気を盛り上げる。
スポーツクラシック GT1000のカスタム画像
リアサスペンションはHAGONのフルカバードタイプというマニアックなセレクトだ。
スポーツクラシック GT1000のカスタム画像
フェンダーはメッキのショートタイプへと変更。フロント回りの印象が大きく変わった。
スポーツクラシック GT1000のカスタム画像
ウィンカー一体型テールはコンパクトなものへ変更。フェンダーも金属となっている。
取材協力
電話/045-432-7736

注目のアイテムはコチラ