VIRGIN DUCATI | スポーツクラシック スポーツ1000 カスタムDUCATI

スポーツクラシック スポーツ1000

  • 掲載日/2011年06月16日【カスタムDUCATI】
  • 記事提供/『DUCATI Campione Del Mondo』 Vol.10(2007.08.08発行)
スポーツクラシック スポーツ1000のカスタム画像

スポーツ走行を楽しませる
贅肉をそぎ落としたモデル

トマトモータースが製作したスポーツ1000ベースのマシンは、オールブラックにまとめられ、スパルタンな雰囲気を醸し出し、走りへの期待を高める一台に仕上がっている。

エンジンをスタートさせると、印象的な造形のティグクラフト製アップマフラーからは弾けるようなサウンドが吐き出される。サブコンにより燃調もしっかりとリセッティングされたエンジンは、スロットルを開けた瞬間から力強いトルクを発生させる。走り出してみると、右手で分厚いトルクを感じながら、高回転域までのエンジンフィールを堪能することができるのだ。

スロットルを開けることが楽しいと、ついついワインディングを攻めるペースも上がりがちだが、それを受け止める足も前後ともオーリンズなら不足はない。STDに比べて少しアップされたハンドル、コンパクトなポジションを作り出すバックステップによって快適に、実に気分良くコーナーをクリアできる。それでいて自分の耳に響くサウンドも最高とくれば、走ることが楽しくてしょうがない。一日中ワインディングを走り回っても飽きない魅力を備えているのだ。

贅肉をそぎ落としたスタイリングと、感性にうったえかける走行フィーリングを持つ同ショップのマシンは、「スポーツクラシックに乗る」という喜びをさらなる高みへと引き上げてくれるスペシャルなマシンなのだ。

スポーツクラシック スポーツ1000のカスタム画像
スポーツクラシック スポーツ1000のカスタム画像
存在感のあるスタイルが印象的。70年代のレーシングマシンを思い起こさせるフラットブラックのサイレンサーもスパルタンな雰囲気の演出に一役買っている。

カスタムの詳細をチェック!

スポーツクラシック スポーツ1000のカスタム画像
ドゥカティパフォーマンス製のアップハンドルで STD に比べてポジションはずいぶんと改善され、疲れず飛ばせる。ブレーキはブレンボのラジポンをセット。
スポーツクラシック スポーツ1000のカスタム画像
ブラックのゲイルスピードホイールが足元を引き締める。フロントフォークに奢られたオーリンズは極めて良好な作動性を誇る。
スポーツクラシック スポーツ1000のカスタム画像
プレッシャープレート、バックステップにはドゥカティパフォーマンス製を採用。エンジンには内圧コントロールバルブをセット。クラッチカバーは851SP系の純正パーツ。
スポーツクラシック スポーツ1000のカスタム画像
クラッチピストンにはディライト製をチョイス。
スポーツクラシック スポーツ1000のカスタム画像
個性的なスタイルを象徴するティグクラフトのアップサイレンサー。
スポーツクラシック スポーツ1000のカスタム画像
リアサスにもオーリンズのフルアジャスタブルショックを奢る。
取材協力
電話/042-470-4599

注目のアイテムはコチラ