VIRGIN DUCATI | スポーツクラシック スポーツ1000S カスタムDUCATI

スポーツクラシック スポーツ1000S

スポーツクラシック スポーツ1000Sのカスタム画像

アイデア満載!! 汎用品や他車種用パーツを
多用した個性豊かな一台

オーナーは、モーターサイクルショーでスポルト1000S に一目惚れ。購入後は大いに走りを味わい、マフラー交換などのカスタムも楽しんでいたのだが、ある日スポークホイールのメンテナンスが手間に感じてきた。「スポークホイールのルックスは好きなんですが、エア抜けや錆が多いのが面倒になってしまって……。それで、キャストホイールに変えたんです」

ホイールは、マシンの雰囲気に合うように、オーセンティックな6本スポークデザインでカラーはゴールドを選択。マシンに装着してみたところ、何かに似ている。どことなく往年の名車 マイク・ヘイルウッド レプリカの面影がみえたのだ。「あ、コレはおもしろいかも? と、思いました。それからは MHR っぽさを意識して仕上げてきましたね」

マシンのセンターにアクセントがほしくて、GT1000 のサイドカバーを装着。これだけで随分と雰囲気が出たが、もともとないものだから、取付けには苦労したという。マシンの下半分はグリーンじゃなくちゃ! と、装着したアンダーカウルは 900SS 用として売られていたもので、ステーを自作して取付けた。

そう、このマシンのカスタムは、ほとんどの部分をオーナー自身で行ってきた。DIY でこの完成度とは驚きだ。

スポーツクラシック スポーツ1000Sのカスタム画像
スポーツ1000S のオーナーズクラブの仲間と走ることが多いというオーナー。サーキット専用車として 899パニガーレも追加購入。

カスタムの詳細をチェック!

スポーツクラシック スポーツ1000Sのカスタム画像
スポーツクラシック スポーツ1000Sのカスタム画像
スポーツクラシック スポーツ1000Sのカスタム画像
スポーツクラシック スポーツ1000Sのカスタム画像
スポーツクラシック スポーツ1000Sのカスタム画像
スポーツクラシック スポーツ1000Sのカスタム画像
アンダーカウルは FRP でメーカーは不明、塗装済みの中古品をネットオークションで入手。ハンドルバー はポジションがラクになるアエラ。フェンダーレスは、市販の汎用品を加工して装着。GT1000 のサイドカバーは、内側をかなり削ってタイラップで固定してある。フロントフェンダーは旧型モンスターの純正品、ステップ はベビーフェイスをチョイス。MHR 風カスタムのきっかけとなったホイールは、ゲイルスピードのタイプN。
取材協力
住所/神奈川県横浜市戸塚区戸塚町3153-53
定休/毎週水曜
営業/10:00~19:30
Tel/045-869-5239