VIRGIN DUCATI | スーパーバイク999S カスタムDUCATI

スーパーバイク999S

  • 掲載日/2011年07月14日【カスタムDUCATI】
  • 記事提供/『DUCATI Campione Del Mondo』 Vol.07(2004.02.27発行)
スーパーバイク999Sのカスタム画像

もしNCRが
999を手がけたら……

いくら公道向けのストリートモデルとはいえ、否応なくレースシーンと密接なつながりを持つドゥカティの歴代スーパーバイクシリーズ。851時代も916のときも、そして999になった今でも、市販車とWSBKがこれほど近いイメージを持ったメーカーは他にない。

それだけに、モディファイのイメージにレーサーが取り上げられるのは、ごく自然なことだ。現に、999にもWSBK200勝を記念して製作された999 / FILAが存在する。だが、すべてがドゥカティ本社管轄の、いわゆるワークスレプリカばかりなのはどうか、という視点から、ラ・ベレッツァで製作されたのが999Sベースのこのマシン。

狙いはマシンオーナー自身がファンだというNCR仕様で、製作時点ではまだ発表されていなかったNCR999のイメージを想像しながら作業を進めた。具体的には、スタンダードの999のベーシックな部分を崩すことなく、カラーリングの変更とデカールによってレーシーな印象を強調。ただしカラーを選ぶことで、レーサー風ながら意外とシックなのが特徴だ。言わば“もしもレプリカ”であるわけだが、仕上がりは本当にレーシングチームが採用するカラーリングといってもおかしくないほど。ラ・ベレッツァが手がけたマシンのトータルバランスの高さは秀逸である。

スーパーバイク999Sのカスタム画像
ブレーキ、クラッチのマスターシリンダーは専用デザインのラジアルポンプタイプ。そのマスターシリンダーのキャップに合わせて削り出されたマスターキャップ。

カスタムの詳細をチェック!

スーパーバイク999Sのカスタム画像
フロントカウルはゼッケンベース風のカラーリングで、ポジションランプ付きのスクリーンはオリジナルブランド“SPEED”製チタンコートスクリーンに交換してある。
スーパーバイク999Sのカスタム画像
スタンダードのマスターシリンダーに代えて、WSBKレーサーと同様のブレンボ製ラジアルポンプを装着。
スーパーバイク999Sのカスタム画像
前後フェンダーはドゥカティパフォーマンスのカーボン。
スーパーバイク999Sのカスタム画像
深型のクラッチカバーはラ・ベレッツァのカーボン製。その奥にはドゥカティパフォーマンスのバックトルクリミッターが覗く。
スーパーバイク999Sのカスタム画像
ステンレス製のフルエキゾーストはパイプ径φ57の大径タイプを採用し、これに合わせて専用CPUを組み込んでいる。
スーパーバイク999Sのカスタム画像
サイレンサーはWSBKレーサーと同じくテルミニョーニのチタン製。
取材協力
電話/096-351-6915

関連する記事

注目のアイテムはコチラ