VIRGIN DUCATI | スーパーバイク899パニガーレ カスタムDUCATI

スーパーバイク899パニガーレ

  • 掲載日/2017年12月25日【カスタムDUCATI】
  • 取材・写真・文/木村 圭吾
スーパーバイク899パニガーレのカスタム画像

スーパーバイクに投影された
連綿と続く美のエッセンス

『スポーツライディングの楽しさを伝える』が、カスノモーターサイクルが手掛けたパニガーレ899におけるテーマのひとつだ。それには印象強いアピアランスの構築が必要との考えから、外装にはオールペイントが施される。

ではどのようなカラーリングにするか? ベース車両はスーパースポーツ系であるからワークスレーサーを模せばインパクトは充分だし、何よりもマッチングに優れている。だが、その手法は選ばれず、他の方法を探ることになった。そして行き着いたのが『琳派(りんぱ)』だ。それはカスノモーターサイクルのある京都の地に400年以上に渡って連綿と続き、現在もさまざまな分野にデザイン的な要素が採り入れられている。それをイメージのベースとして、外装色の基調はゴールドとされ、琳派の特徴である草木を図案化したグラフィックが加えられた。それはピカピカの金ではなくマットに仕上げられており、実車を目の前にして受ける印象は『雅やか』だ。落ち着きがありながらもスペシャルな空気感を醸し出し、強い存在感がある。

スーパーバイク899パニガーレのカスタム画像

走りの質もブラッシュアップされているのは言うまでもない。その中心となっているのは、随所に投入されたアルミ削り出しのアエラパーツ群である。ルックスの面でのクオリティアップもさることながら、要求される機能性も高められているのが製品に共通するコンセプトだ。

スーパーバイク899パニガーレのカスタム画像

また、バックミラーやウインカーなどが取り除かれていることからもわかるように、主たるステージをサーキットに想定された車両だ。前後ホイールはOZの鍛造に、フロントブレーキローターは外径の大きさはノーマルと同じながらも厚みを変更するなど、よりハードなライディングにも応えられる仕様とされているのだ。

詳細写真は次のページにて
12

関連する記事

バイク買取&乗り換えガイド