VIRGIN DUCATI | ローダウンで足着きを改善 DUCATIカスタムポイント

ローダウンで足着きを改善

カスタムポイントの画像

ローダウンなどのカスタムで
ドゥカティを快適仕様にする

大半が日本人向けに設計されている国内向けモデルと異なり、輸入車であるドゥカティは基本的にワールドワイドな基準で設計されています。日本人男性の平均身長は171cmですが、生産国のイタリアでは174cm、世界最大級の2輪マーケットを擁するアメリカは176cmです(注)。そのため、日本のオーナーにはノーマルのポジションがマッチしないということがあります。特にシート高は悩みのタネになることが多く、特に女性ライダーの場合はこれが原因でドゥカティに乗りたくても乗れない…といった事例も報告されているほど。それ以外では、街乗りやツーリングで使用する場合、スポーツ性能を重視したハンドルやステップに不満を感じることが多いようです。そういった悩みを解決してくれるのが、今回紹介するローダウンを中心とした快適仕様を目指すカスタム。

まず、足着き性の向上ですが、こちらはフロントフォークの突き出し量の変更と、ローダウン用サスペンションリンクの組み合わせで対応します。車種にもよりますが、この二つの作業を行うことで、シート高をおおよそ3~5cm下げることが可能。フロントフォークについては調整作業で対応できますが、リンクは社外品が必要となります。こちらはメーカー/車種によって価格が大きく異なりますが、安いものなら1万円前後からラインナップされています。また、ハンドルポジションやステップ位置の変更による快適化ですが、こちらはカスタムパーツメーカーから発売されているアップハンドルやスペーサー、ステップキットを利用して行います。ステップキットは高額なものが多い傾向にありますが、ハンドルやスペーサーの場合比較的安価な商品がラインナップされており、手軽に調整することが可能です。

ただ、こういった快適仕様にすることによるデメリットというものも存在するのも事実。例えば、あまりにローダウンし過ぎてしまうと旋回時のバンク角が減少しますし、ハンドルをアップすることで、メーカーが意図して設定した荷重配分を変えてしまう可能性があります。ドゥカティはスポーティな性能に特化したメーカーであり、そのために快適性をあえて犠牲にしている部分もあるのです。とは言え、尖った性能を毎回使うとは限りませんし、日本の道路事情を考えると常に攻めた走りを行うことは現実的ではありません。ドゥカティを取り扱うショップでは乗り方のバランスを考えたノウハウを蓄積しているので、快適仕様へモディファイする場合は一度相談するのがベストです。スポーツ性との調和を考えながらローダウンや快適性能を追求するのも、カスタムの楽しみ方の一つと言えるでしょう。

注/文中の数値はSociety at a Glance 2009: OECD Social Indicatorsによる

カスタムポイントの画像
足着き性やポジションは、カスタムすることで意外なほど簡単に改善できます。

カスタムポイントの詳細写真

カスタムポイントの画像
リンクの変更を行うことでシート高を調整することが可能。作業の手間はかかるが、パーツ自体は意外に安価。リンクでも下げ幅が足り無い場合は、シート自体を加工する。また、ドゥカティパフォーマンスのローシートを取り付けることでも改善可能だ。
カスタムポイントの画像
フロントの高さ調整はフォークの突き出し量を変更して行う。ローダウンは前後どちらかだけでなく、両方行わなければ前後のバランスが狂ってしまうので注意が必要だ。ただ、ローダウンし過ぎてしまうとバンク角が減少するため、旋回性に問題が出ることも。
カスタムポイントの画像
ハンドルは比較的カスタムしやすいポイント。フラットなハンドルバーをアップタイプに変えるだけで、街乗りやツーリングの快適性が大きく変わってくる。もっと手軽な方法としては、スペーサーの装着やハンドルホルダーを交換すると言うやり方もある。

カスタムポイントを動画でチェック!愛車を快適仕様にモディファイ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ