VIRGIN DUCATI | 全ては快適な走りとライダーの安全の為に ダイネーゼのライディングギア 特集記事&最新情報

バイクで走るという行為を考えると、マシンはもちろんのこと身に付けるライディングギアも機能部品と見なすことができる。そのライディングギアの機能面を突き詰めて、安全性を追求し続けているメーカーがイタリアのダイネーゼだ。世界トップレベルのレースからストリートまで、あらゆるシーンで支持されるダイネーゼの魅力を、プロフェッショナルライダー高田速人が語る。

INTERVIEW

プロライダーも認める性能と安全性
ダイネーゼのライディングギアの魅力とは?

世界のトップライダーに愛され続けているライディングギアのトップブランド、ダイネーゼ。日本国内でも愛用者は多く、世界耐久選手権の活躍などで知られるレーシングライダーの高田速人さんもその一人。高田さんはレーサーとしてはもちろん、ライディングのインストラクターとしても各地のスクールやイベントで活躍。マシンの分析能力を活かして、ジャーナリストとしての活動も行なっている。その高田さんに、プロライダーの厳しい目線から、ダイネーゼの魅力について語ってもらった。

「昔から興味があったというか、憧れのブランドでしたよね。自分は年齢的にフレディー・スペンサー(1980年代の名レーサーで、ダイネーゼのレーシングスーツを愛用。1983年、当時世界最年少でWGP500チャンピオン獲得。1985年はWGP500 、WGP250のダブルタイトルに輝く)直撃世代ですし……。ヨーロッパの高級ブランドというイメージもありましたし、自分が着られることになったのは、やっぱり嬉しかったですね」

と、ダイネーゼとの出会いを語る高田さん。プロのレーシングライダーにとっても憧れの存在、それがダイネーゼというブランドのようだ。高田さんはレーサーとしての着眼点で、こう続ける。

「革の裁断の仕方が特徴的ですよね。独特の面の取り方をしていることが解ります。そのせいか、着心地はかなりタイトです。正直なところ、ダイネーゼのレーシングスーツは、着る時も脱ぐ時もかなり面倒なんです。でも、着ている時の身体の動かしやすさは素晴らしいものがあります。

わかりやすいところだと膝のプロテクターがあります。走っていて膝のプロテクターがズレることがない。小さなことかもしれませんが、意外に気になる部分です。バイクに例えるのなら、ブレーキレバーの角度とかそういった部分でしょうか? 小さな違和感が積み重なることで、乗りにくさを感じることってありますよね? ダイネーゼは、そうした違和感が皆無なんです。

高田速人 Hayato Takada

全日本選手権、鈴鹿8耐など、国内トップレベルのレースで活躍した実績を持つレーシングライダー。耐久レースの世界最高峰、世界耐久選手権ではドイツのチームから招聘を受けレギュラーライダーとして参戦。バイクのタイヤとメンテナンスの専門店8810R(TEL 047-710-0615)代表。

ブーツもお勧めですね。フィット感と操作性が抜群にいい。現代のバイク用ブーツは、プロテクションを重視し過ぎて動かしにくくなっているものもあります。ダイネーゼはプロテクション性能を十分以上に確保した上で、操作性に優れています。自分は街乗りでも、レースと同じブーツを使っています。それぐらい快適なんです。バイク用のブーツはソールの硬さが重要で、柔らか過ぎても、固すぎても、操作性が悪くなるし疲れます。その点、ダイネーゼのブーツはソールの硬さが絶妙です。

一つのメーカーがブーツとレーシングスーツを作っていることは大きいと思います。ブーツとレーシングスーツの機能を連携させることで、動きやすさや安全性を高めることが出来るのだと思います。ファッション性だけでなく、機能的な意味でもトータルコーディネイトできるのはダイネーゼの強みでしょう」

ダイネーゼのポリシーに「From Head to Toe」という言葉がある。これは、文字通り”頭からつま先まで”バイクに関わるギアを全てダイネーゼが用意するという意味。ライディングギアの総合メーカーだからこそ実現可能な、高い性能と安全性なのだ。

高田さんは、ダイネーゼを実際にレースで使用した経験から、こんなエピソードを語ってくれた。

サーキットはもちろん、シティユースでもダイネーゼ製品を愛用している高田さん。「走行中の動きやすさは安全性に繋がりますし、プロテクション性の高さは絶対的な安心感があります。デザインも良いのが嬉しいですね」とのこと。

「初めてレースで使ったのは、2015年のル・マン(24時間耐久レース)だったんです。違いに気づいたのは、レース後のことでした。24時間耐久は、やっぱり身体に厳しいんですよ。それが、ダイネーゼのレーシングスーツを着て走った2015年は、レースが終わった後の疲労度が段違いに少なかったんです。これは凄いと思いました。

幸いなことに、ダイネーゼを着るようになってから一度も転倒していないので、D-Airの効果を体感していないんです。でも安心感は絶大ですよね。D-Airのレーシングスーツと、エアバッグ無しのレーシングスーツが並んでいたら、自然とD-Airを選んでしまいます」

D-Airは、ダイネーゼ独自のバイク用エアバッグシステム。そのプロテクション性能は世界最高レベルで、MotoGPライダーのヴァレンティーノ・ロッシも、D-Air無しではレースを走れないと言うほどだ。世界のトップライダーから絶大な信頼を得ているダイネーゼのライディングギア。その性能と安全性の高さはレース用、ストリート用を問わない。あなたも世界が認める安心と安全を、身にまとうことができるのだ。

D-Airを搭載した、最新ストリート用ジャケット、MISANO 1000に興味津々の高田さん。ダイネーゼストア埼玉三郷店のスタッフによる説明を、熱心に聞いていた。1ユーザーとして、ダイネーゼ製品を信頼しているのだそうだ。

PICKUP PRODUCTS

安全装備のパイオニア
常に最先端行くダイネーゼ

ダイネーゼの創立は1972年。レーシングスーツに代表されるライディングギアの総合メーカーであり、「一人でも多くのライダーの命を守る」ことをミッションに掲げ、何よりライダーの安全性を重視した製品造りをポリシーとしている。バイク用ギアの安全装備は、ダイネーゼによって生み出されたものが多い。今では一般的な装備となっているバックプロテクターやレーシングスーツのハンプ(背中の膨らみ)、グローブの固定プロテクターやレーシングスーツのスライダーなどは、全てダイネーゼの発明品だ。その最新アイテムとして話題となっているのがD-Air。無線式のバイク用エアバッグで、そのプロテクション効果は絶大だ。ダイネーゼの製品は、性能だけでなくデザイン性にもこだわっている。ファッショナブルで安全なダイネーゼのライディングギアに注目、ここでその最新コレクションの一部を紹介しよう。

01D-AIR MISANO 1000 22万9,000円(税抜)
ストリートで使用可能な無線式電子エアバッグシステムD-Airを搭載した、初のライディングジャケット。3つの加速度センサーと3つのジャイロスコープ、GPSモジュールから得たデータを検証し、エアバッグの稼働を判断させる。カラーパターンは2タイプ。

02MISANO 1000に内蔵されているエアバッグ。さらに、背面にバックプロテクター、前面にチェストプロテクターを内蔵。バックプロテクター内に高圧縮ヘリウムガスのボンベを内蔵、転倒を感知すると約0.025秒という短い時間でエアバッグを膨らませて、ライダーを衝撃から守る。

03MISANO 1000に使用されているのは、ダイネーゼの最高級レザーである、D-Skin2.0。D-Skin2.0は、耐摩耗性と引き裂き性能に優れ、その上で柔軟というバイク用ウェアとして理想的な性能を持つレザー。

04RACING D1 LEATHER JACKET 7万9,750円(税抜)
レーシングスーツと同等のスライダーやプロテクターを搭載した、スポーツライディング対応のレザージャケット。チェストガードやバックプロテクター装着用のポケットも装備。背中にハンプを持たないオーセンティックなフォルムは、乗り手とバイクを選ばない。カラーパターンは6タイプ。

05G.HYDRA FLUX D-DRY 3万7,000円(税抜)
防水・防風インナーのD-DRYを装備。D-DRYは着脱可能で、外せばメッシュジャケットに変化。耐水性にすぐれるD-DRYインナーを使用すれば、突然の雨や気温低下時にも安心して走行できる。カラーパターンは5タイプ。

06P.DRAKE SUPER AIR TEX 3万2,000円(税抜)
脛と太腿の部分に大きくメッシュ生地を配置し、通気性は抜群。夏場の走行での快適性を重視したライディングパンツ。速乾性のメッシュインナーが、不快なベタつきも軽減。膝プロテクターとリフレクターも装備する。カラーパターンは4タイプ。

07NEXUS BOOTS 4万1,000円(税抜)
スタンダードなレーシングブーツ。横方向への足の動きを制限するD-AXIAL構造を採用し、万が一の転倒時に足首へのダメージを軽減する。カラーパターンは5タイプ。

08STREET BIKER AIR 2万3,250円(税抜)
街中でも使いたい、ファッショナブルなライディングシューズ。パンチングレザーを使用しており高い通気性を確保、暑い時期も快適に使用できる。CE規格を取得した、高い安全性もポイント。カラーパターンは3タイプ。

09DYNO D1 SHOES 3万5,500円(税抜)
ロングセラーのダイネーゼ製ライディングシューズのスタンダードモデル。レーシングブーツに匹敵するプロテクション性能と操作性の高さを誇り、街乗りやツーリングまで幅広い使用条件に対応する。カラーパターンは3タイプ。

10AIR HERO GLOVES 1万4,250円(税抜)
メッシュグローブながら、TPU(ポリウレタン)ナックルガードを装備し、高い安全性がポイント。手の甲側はナイロンメッシュを使用し、強度と耐久性が求められる手のひら側はヤギ革を使用。通気性とスムーズな操作感を両立。カラーパターンは5タイプ。

114STROKE LONG GLOVES 3万9,000円(税抜)
最高の素材を用い、最先端の技術を注ぎ込んで作られたハイスペックなレザーグローブ。強固なステンレス製ナックルガードを装備し、転倒時に手へのダメージを低減。手の甲側は強度に優れる牛革を、手のひらにはしなやかなヤギ革を使用して、操作性と安全性を両立。カラーパターンは3タイプ。

12CARBON D1 LONG GLOVES 2万7,000円(税抜)
カーボン製のプロテクターを装備する、ダイネーゼの定番グローブ。運動量の多い手首付近には、伸縮パーツのMicroelasticを使用して、操作性を向上させている。街乗りから、軽いサーキット走行までをカバーする、汎用性の高さも魅力。カラーパターンは5タイプ。

13D-MACH BACKPACK 2万8,500円(税抜)
ハードシェルの超軽量かつ防水仕様のツーリングバックパック。堅牢なハードシェルが、荷物を強い衝撃から保護。背中と接触する面には通気性の高いメッシュパッドを使用し長時間の使用も快適。アメリカの人気エクストリーム系スポーツ専門バッグブランド”OGIO”とのコラボレーションモデル。容量22.2L。

SHOP INFORMATION

所在地/埼玉県三郷市上彦名113-1
TEL/048-954-8461
営業時間/10:00~19:00
定休日/水曜、第2・第4火曜定休
サーキットからストリートまで、あらゆるシチュエーションでライダーの安全を守るライディングギアメーカー。ヘルメットメーカーのAGVはグループ企業で、ライディングギアの全てを網羅している。バイク用品をはじめ、自転車やスキー、スノーボード、乗馬などの競技用ウェアとプロテクションギアも手がける。今回、取材にご協力いただいたのは、ダイネーゼストア埼玉三郷店。首都圏最大の売り場面積を誇り、アクセスの良さもポイント。