VIRGIN DUCATI | 認定中古車『EVERRED』で始めるドゥカティ・ライフ 特集記事&最新情報

取材協力/Ducati Japanドゥカティ松戸  取材・文/村田 尚之  写真/増井 貴光  構成/VIRGIN DUCATI.com 編集部
※この記事は、DUCATI専門誌『VIRGIN DUCATI』Vol.05 P82-83の内容を再編集・掲載したものです。
掲載日/2016年1月15日
憧れのドゥカティを手に入れたいが、“最初の一歩を踏み出せない”という人も少なからずいると思う。中古車ならば手が届きそうだが、車両コンディションや維持が気になるというならば、認定中古車でドゥカティ・ライフをスタートしてみてはいかがだろうか。細部にわたるチェックとメンテナンスが施されたEVERRED、その魅力についてご紹介しよう。

徹底した点検・整備により
最高のクオリティを実現

四輪の世界ではすっかり浸透した感のある輸入車の認定中古車制度。新車は予算的に手が出ないという方はもちろん、欲しいモデルは生産を終了しているが、程度の良い1台を手に入れたいという方からも支持を集めている。人気の理由は充実した納車整備や保証制度にあるが、同様のシステムがドゥカティでも導入されていることをご存知だろうか。

「このEVERREDと呼ばれる認定中古車制度ですが、イタリアでは2003年にスタートしました。日本では3年ほど前から本格的に運用を始めています。昨年は200台以上を認定中古車として販売することができました。新車のクオリティも向上していますが、ドゥカティを中古で購入しようという方の中には、故障やメンテナンスについて不安があるという方もいらっしゃいます。そういうイメージをEVERREDで払拭したいと思っています」

そう語るのはドゥカティジャパンで認定中古車を担当する西村さん。

認定中古車『EVERRED』で始めるドゥカティ・ライフ

新車登録から間もない車両を除き、フルードやフィルター類、タイミングベルトまで交換される。パーツ代や整備費用を考えれば、個人で同等のメンテナンスを行うのは容易ではない。

では、豊富なバリエーションと長いヒストリーを有するドゥカティのうち、どのようなモデルが認定中古車に選ばれるのだろうか。幾つかの条件があるが、概略としては『ドゥカティジャパンネットワークで販売された正規輸入車で、登録後8年以内、走行距離6万km未満の車両』ということになる。これらをベースに販売店は規定に則した、細部にわたる整備を施すのだが、入念を期した内容となっていると西村さんは続ける。

「エンジンオイルやタイミングベルトといった必須交換部品を10項目、条件付交換部品を6項目、さらに納車前には68項目の点検を行う決まりとなっています。新規登録から2年以内で、特定の条件をクリアしたモデルでは一部パーツの交換が省略される場合もありますが、こちらも厳格な点検整備を経ている車両のみが対象で、68項目の納車前点検は同様に実施されます。交換部品は油脂類や消耗パーツが中心となりますので、手に入れてから、アレコレと交換する手間が掛かるようなこともありません。できる限り、新車に近いコンディションを味わっていただける内容だと思います」

認定中古車『EVERRED』で始めるドゥカティ・ライフ

各種パーツが交換されることで車両がリフレッシュされるのもメリットですが、購入後のメンテナンススケジュールが立てやすくなるというメリットもあります、と西村さんは語る。

ページ下に挙げたリストをご覧いただければおわかりだと思うが、点検整備だけでなく、ロードテストや車両の清掃なども含まれるという念の入れようだ。こうした予備知識なく販売価格だけを比較すれば、“街のバイク屋”や“個人売買”よりも高めに映るかもしれない。しかし、EVERREDと同等の点検整備やパーツ交換を行えば、その差額分を上まわる費用が必要となるだろうし、その手間や時間もまた必要となる。

これは一例だが、スポーツクラシックシリーズのように、認定中古車の年数条件をクリアできるボーダーライン上にあり、生産終了からある程度の年月を経ているモデルでは、ひと通りのメンテナンスを施し、程度をリセットするのは簡単ではない。しかし、認定中古車ならば徹底した点検・整備により、新車に近いコンディションを味わうことも可能である、という点もメリットとなる。

「さらに認定中古車では1年間走行距離無制限保証、ロードサービスを含む24時間365日のオーナーサポートも提供しています。期間は1年となりますが、内容は新車と同じです。ツーリング先でトラブルが発生しても、最寄のディーラーまで200kmの範囲内であればレッカーサービスが受けられますし、些細なことですが、電話口でのアドバイスにも力を入れています」と西村さんは語る。

ビギナーに限らず、長いバイク歴を有するライダーでも、ドゥカティを手に入れたいけど、維持に不安があるという人もいるだろう。しかし、認定中古車ならこうした不安も解消できるはず。ぜひとも、そのクオリティを自らの目で確かめてみてはいかがだろうか。

純正パーツで車両を徹底リフレッシュ

認定中古車『EVERRED』で始めるドゥカティ・ライフ

油脂やフルードもまとめて交換するとなると相当な手間を要するが、その効果は想像以上だ。また、整備時にはワイヤーやホース類の取りまわしも規定に基づいているかチェックされる。

オーナーには2枚のカードを発行

認定中古車『EVERRED』で始めるドゥカティ・ライフ

新車同様、2枚のカードが新規発行される。写真はドゥカティジャパンが発行するアシスタンス用カード。さらに、イタリア本国に所有者が登録され、オーナーカードも発行される。

ドゥカティジャパン株式会社 広報・マーケティング部 西村徹也氏

認定中古車『EVERRED』で始めるドゥカティ・ライフ

認定中古車EVERREDのセールスや運営を担当する西村さん。大手家電メーカーを経て、ドゥカティジャパンに入社。ご自身もムルティストラーダ、ディアベルを乗り継いだドゥカティスタである。

安心を提供する68項目のチェックポイント

販売店に入庫したユーズドモデルがEVERREDとしての認定を受けるために、どのような部分がチェックされるのか気になる方もいるだろう。交換部品とチェックポイント68項目を公開しよう。その入念さは注目に値する。

必須交換部品(10項目)

  • 1.ブレーキフルード
  • 2.クラッチフルード
  • 3.エンジンオイル
  • 4.オイルフィルター
  • 5.冷却水(水冷エンジンモデルのみ)※
  • 6.エアーフィルター※
  • 7.タイミングベルト※
  • 8.スパークプラグ※
  • 9.フューエルフィルター※
  • 10.フロントサスペンションオイル※

※新規登録日から2年未満の車両を「認定中古車」として販売する場合には、走行距離は5,000km未満であることを前提に「交換」を省略し、「点検ならびに清掃、作動確認」とする。ただし、当条件はドカティ標準保証規定に定める定期点検が実施されていることを前提とする。

条件付交換部品

  • 1.ブレーキディスク(磨耗限度値以下交換)
  • 2.ブレーキパッド(5分山以下交換)
  • 3.バッテリー(2年以上の使用交換、交換記録不備の場合交換)
  • 4.クラッチプレート(磨耗限度値以下交換)
  • 5.ドライブチェーン(磨耗限度値以下交換)
  • 6.タイヤ(5分山以下交換)

認定中古車保証規定に基づく68項目の納車前点検

  • ●前後ブレーキシステム ブレーキラインの取りまわし状態/ブレーキフルード/前後レバー(ペダル)/ブレーキディスク・パッド/キャリパー固定スクリュー/ホースとシールのチェック
  • ●バッテリー 充電し、必要であれば交換
  • ●クラッチ クラッチフルード/クラッチプレート/クラッチシステムの作動確認/クラッチラインの取りまわし状態
  • ●ファイナルドライブ ドライブチェーン
  • ●エンジン エンジンオイル/オイルドレーンスクリュー/オイルプレッシャーランプ(インストルメントパネル)/冷却水/エアーフィルター/スロットルボディの点検、同調およびアイドリング調整/バルブクリアランスの点検、必要であれば調整/タイミングベルト/スパークプラグ/エンジンシリンダー圧縮圧力を点検
  • ●燃料システム スターターシステム/ハンドルバースロットル/フューエルフィルター/フューエルタンク/フューエルホース/フューエルタンクブリーザー/燃料の量と種類
  • ●ホイール タイヤ/ホイールアライメントをチェック/前後輪ホイールシャフトとチェーン調整スクリューの締めつけトルク/スピードメータードライブトランスミッション
  • ●ステアリング ステアリングヘッドの作動状態/ステアリングロックの作動状態/ハンドルバークランプスクリュー/ステアリングトップブリッジ/ステアリングステムスクリュー/ステアリングステムナット
  • ●サスペンション サスペンションの作動ならびに調整箇所の作動/サスペンションリンケージ/フロントサスペンション
  • ●電装 イグニッションスイッチ/ヘッドライト/尾灯/制動灯/ウインカー/インストルメントパネル警告灯/インストルメントパネル/ホーン/スターターモーター/エンジンキルスイッチ/ヒューズ/セーフティシステム
  • ●その他 バックミラー/その他アクセサリー関連/メンテナンス・修理作業・サービスキャンペーン/改善/リコール作業
  • ●ロードテスト(最低10km走行) インストルメントパネル/冷間時のエンジン始動性/走行速度/ハンドリング、操安性/フロントブレーキ/リアブレーキ
  • ●静止状態での点検(ロードテスト後に実施) 温間時のエンジン始動性/エンジンアイドリング回転数/異音/フルード類の漏れ/電動ファンの作動・冷却水温度/車両外観
認定中古車『EVERRED』で始めるドゥカティ・ライフ

現在は全国で約100台前後の認定中古車が用意されているが、今後はさらに台数も充実させる予定。取材でご協力いただいたドゥカティ松戸の2階にはバリエーション豊富なEVERRED車両がずらりとディスプレイされていた。

認定中古車はWEBで検索可能

認定中古車を手に入れたいなら、まずチェックしてほしいのはドゥカティジャパンの認定中古車検索サイト。モデルや登録年、価格帯からの検索も可能なほか、トップページでは新着車両も紹介。今後は掲載台数の拡大も予定している。

認定中古車『EVERRED』で始めるドゥカティ・ライフ

取材協力
住所/千葉県松戸市小根本209-1
定休日/毎週月曜
営業時間/10:00~19:00(日曜・祝日 10:00~17:30)
TEL/047-330-0916
認定中古車販売店情報ページ