VIRGIN DUCATI | スポーツクラシック スポーツ1000S DUCATI購入ガイド

スポーツクラシック スポーツ1000S

  • 掲載日/2009年10月02日【DUCATI購入ガイド】
スポーツクラシック スポーツ1000Sの画像

Sportclassic Sport 1000 S

70年代カフェレーサーをイメージした
スタイリッシュなクラシカルスポーツ

近年流行している“ネオ・クラシック”の火付け役と言えば、ドゥカティが限定車として発売した「ポールスマート1000LE」だ。好評をもって迎えられた同モデルの人気を受け継ぐ形でデビューしたのが、いわゆるスポーツクラシックシリーズだ。現在のラインナップはアップライトなポジションを持つGT1000と、スポーツ路線を追求するスポルト1000Sの2車種が設定されており、いずれも空冷2バルブデスモのデュアルスパークエンジンを搭載している。今回取り上げるスポルト1000Sは、セパレートハンドルとロケットカウルという1970年代を意識したルックスを与えられており、往年のドゥカティを思わせる雰囲気のマシンだ。

基本諸元はGT1000と同じだが、リアサスペンションがフルアジャスタブルタイプに変更されているのが特徴。低く構えたセパレートハンドルはかなりレーシーなポジションとなっており、スーパーバイク1198と比べても低く感じるほどだ。

スポーツクラシック スポーツ1000Sの画像
1970年代ごろのドゥカティを思い起こさせる流麗なフォルムが大きなアピールポイント。タンクのロゴもノスタルジックなイメージだ。

また、乗り味についても現行のドゥカティとは一線を画したものとなっており、どんな乗り手もある程度許容する現代的ハンドリングでは無く、乗り手がしっかりと曲げてやらなければ旋回力が発揮できない。伝統の空冷エンジンとあいまって、旧来のドゥカティをほうふつさせるテイストも、スポルト1000Sならではの魅力と言えるだろう。

スポーツクラシック スポーツ1000Sの画像
ムルティストラーダが源流となる空冷2バルブデスモのDSエンジン。適度なパワーでレスポンスが良く扱いやすい。
スポーツクラシック スポーツ1000Sの画像
ロケットカウルの中はいたってシンプル。小径のメーターとインジゲーターのみが配されており、まるでレーサーだ。
スポーツクラシック スポーツ1000Sの画像
ライディングポジションは正直なところ街乗りに向いているとは言えないが、ワインディンではジャストフィットする。

見た目以上にスパルタン
趣味性の高さは抜群

一見クラシカルなバイクに見えるが、現行ラインナップで最もスパルタンなライディングポジションを持つスポルト1000Sは、非常に趣味性の高いモデルだ。ハンドル位置がほぼ膝の高さにある上にタンクが長いため、街中でゆっくりと走行するといった使い方には向いていない。ワインディングを楽しむという主目的に役立つ要素以外を潔く削ぎ落としており、過去のドゥカティに見られた趣味性の高い車両構成も特徴となっている。また、郷愁を誘うルックスでありながら、タイヤは当時のパターンを再現した専用ラジアルタイヤを採用しているほか、足回りやブレーキなどもしっかりと現代的なパーツが投入されており、「クラシック」と思わせないホットな走りを楽しむことができるモデル。最近のドゥカティが甘く感じてしまうコアなファンも納得させる濃厚なテイストを求めるなら、スポルト1000Sは面白い選択肢だ。

スポルト1000Sはスポーツクラシックシリーズの中では最も新しいモデルとなるため、まだ中古車の在庫については多くない。ただ、市場に多いスポルト1000などと比べても、カウルをはじめ装備が充実しており、代替にそちらをというメリットは少ない印象だ。新車価格については、空冷エンジンを搭載するモデルとしてモンスター以上ハイパーモタード未満という価格帯になっており、決してリーズナブルなモデルではない。ただ、現状他メーカーを見渡してもこのスタイルでここまでのパフォーマンを持つモデルはほぼ存在しないため、オンリーワンのスポーツモデルとして注目しておきたい1台と言えるだろう。

スポーツクラシック スポーツ1000Sの画像
クラシカルなルックスのまま中身を現代のパーツで構成。高い性能とドゥカティらしいハンドリングを融合させている。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
スペック情報は万全な保証を致しかねます。実際に購入される場合はDUCATI正規ディーラーへお問い合わせください。
全長
2,180mm
全高
1,150mm
シート高
825mm
ホイールベース
1,425mm
感想重量
181kg
キャスター角
24.0°
フレーム形式
スチールパイプトレリスフレーム
排気量
992cc
ボア×ストローク
94mmx71.5mm
圧縮比
10.0:1
エンジン形式
空冷L型2気筒 2バルブデスモドロミック
最高出力
67.7kW-92HP/8,000rpm
最大トルク
91.1Nm-9.3kgm/6,000rpm
燃料供給
マレリ製電子制御燃料噴射
トランスミッション
6速
クラッチ形式
湿式多板
燃料タンク容量
15.0リットル、内リザーブ3.5リットル
フロントサスペンション
マルゾッキ製43mm倒立フォーク
リアサスペンション
フルアジャスタブルツインショックアブソーバー、可変プリロード
フロントブレーキ
320mmセミフローティングダブルディスク、2ピストン2パッドフローティングキャリパー
リアブレーキ
245mmディスク シングルピストンキャリパー
価格
160万円

注目のアイテムはコチラ