VIRGIN DUCATI | スーパーバイク749R DUCATI購入ガイド

スーパーバイク749R

  • 掲載日/2009年09月08日【DUCATI購入ガイド】
スーパーバイク749Rの画像

Superbike 749 R

「ロードゴーイングレーサー」を体現する
エキサイティングなスペシャルマシン

スーパーバイクシリーズは、ドゥカティのラインナップにおいて最も「走り」に特化したモデルだ。日常の利便性などは割り切って省略しているが、そのお陰で実現した高いパフォーマンスは今日も世界中のライダーを虜にしている。そんな同シリーズの中でも、特に尖ったモデルが用意されているのはご存知だろうか。ドゥカティが主戦場とする世界スーパーバイク選手権や世界スーパースポーツ選手権は、公道用バイクをベースとしたマシンが戦うレース。そこに投入するために開発されたモデルは名前の末尾に「R」を与えられており、上級仕様である「S」よりもさらにハイスペックなマシンとなっている。スーパーバイク749Rは世界スーパースポーツ選手権でチャンピオンを獲得するために開発されており、ドゥカティがその当時持っていた最高の技術を投入して作られた、最もレーシングマシンに近い存在だ。

スーパーバイク749Rの画像
世界スーパースポーツ選手権でチャンピオンを獲得することを目的に開発された749Rは、当時最高の技術を惜しみなく投入されている。

搭載されている749R専用のテスタストレッタエンジンは、94mm×54mmという超ショートストロークで121馬力を叩き出し、それを受け止めるサスペンションはオーリンズ製のフルアジャスタブルタイプを採用。ブレーキは当然のようにラジアルマウントキャリパーだ。そんな中でも、特に注目したいのはやはり専用設計のエンジン。チタンバルブ、チタンコンロッド、軽量フライホイール、バックトルクリミッターなどを標準装備しており、非常にレーシーなスペックとなっている。街乗りを楽しむには持て余す高性能だが、レーストラックなどでこれほど頼りがいのあるものはない。純粋に走りを楽しみたいライダーにとって、このバイクは数値や金額以上の価値がある1台と言えるだろう。

スーパーバイク749Rの画像
搭載されるエンジンは749R専用開発となるボア94mm×ストローク54mmという超ショートストローク仕様となっている。
スーパーバイク749Rの画像
スイングアームはファクトリーレプリカとも言える軽量・高剛性なアルミ製複合プレス。ホイールは鍛造で軽量なコルサタイプ。
スーパーバイク749Rの画像
2005年式ではフロントフォークを大きく変更。トップアウトスプリングとテフロンスプリングガイドを採用し接地感を向上。

乗り手を選ぶ高性能マシン
珠玉の価値を持つ1台

スーパーバイク749Rは純粋にレースでの勝利を追求して開発されたマシン。ワインディングやサーキットではスタンダードモデル以上に倒し込みが軽く、エキサイティングな走りを楽しめる設定となっている。しかし、街中での低速走行をはじめとしたスロットルを開けないシチュエーションでは、やはり気難しさを見せてしまう。特に超ショートストロークで高回転域のパワーを狙ったエンジンは、下のトルクが薄くライダーの技量によっては乗りにくさを感じてしまうことがあるだろう。そういった「ロードゴーイングレーサー」としてのデメリットを分かった上で楽しめるライダーにこそふさわしいマシンだ。

価格がスタンダードに比べて高額なモデルだったが、ある意味ライダーを納得させる価格設定だったため人気が高く、中古車市場でもある程度の在庫が存在している。とはいえ、フラッグシップモデルである999シリーズに比べると、749シリーズは総数が少ないので注意が必要だ。

2005年のマイナーチェンジではサイドカウルがカーボンから新開発の軽量樹脂に変更されたほか、フロントフォークのスプリングが大きく進化している。2004年の方が比較的安価だが、レーシングマシン直系のモデルだけに「最新が最良」の方程式が当てはまるのも事実。こだわるなら高年式を狙っていくことをおすすめしたい。

スーパーバイク749Rの画像
勝つことを目的に作られたマシンだけに、実用性は皆無。その代り、ワインディングやサーキットでは最高に刺激的な走りを味わえる。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
スペック情報は万全な保証を致しかねます。実際に購入される場合はDUCATI正規ディーラーへお問い合わせください。
全長
2,095mm
全高
1,110mm
シート高
780mm
ホイールベース
1,420mm
車両重量
173kg
キャスター角
23.5°-24.5°
フレーム形式
スチールパイプトレリスフレーム
排気量
749cc
ボア×ストローク
94mmx54mm
圧縮比
12.7:1
エンジン形式
水冷L型2気筒 4バルブデスモドロミック
最高出力
89.1kW(121ps)/10,500rpm
最大トルク
8.6kgm/8,250rpm
燃料供給
マレリ製電子制御燃料噴射 54mmスロットルボディ
トランスミッション
6速
クラッチ形式
乾式多板
燃料タンク容量
18.3リットル、内リザーブ3リットル
フロントサスペンション
オーリンズ製 TiNコート43mmフルアジャスタブル倒立フォーク
リアサスペンション
プログレッシブリンク オーリンズ製フルアジャスタブルモノショック
フロントブレーキ
320mmセミフローティングダブルディスク 4ピストン4パッドラジアルキャリパー
リアブレーキ
240mmディスク 2ピストンキャリパー
価格
248万5000円(発売時税込価格)
※スペックは2005年本国のものです

関連する記事

注目のアイテムはコチラ