VIRGIN DUCATI | ムルティストラーダ1000S DUCATI購入ガイド

ムルティストラーダ1000S

  • 掲載日/2013年02月14日【DUCATI購入ガイド】
  • 取材協力/Ducati Japanストラーダ
    取材・文・構成/VIRGIN DUCATI.com 編集部
ムルティストラーダ1000Sの画像

Multistrada 1000 S

ドゥカティの上位モデルに
ふさわしい豪華装備が魅力

2013年モデルのムルティストラーダシリーズは、排気量1198ccの水冷エンジン+湿式クラッチを搭載していますが、シリーズ誕生となった 2003年発売の ムルティストラーダ1000 では992ccの空冷エンジンに乾式クラッチを組み合わせていました。その後、2005年に上位モデルのムルティストラーダ1000S を追加し、2007年には1078ccの空冷エンジン+湿式クラッチを備えた ムルティストラーダ11001100S に発展。そして 2010年に水冷の現行モデルへとフルチェンジを果たすのです。

そんな長い歴史のある空冷ムルティストラーダの中で、今回紹介するムルティストラーダ1000S は豪華モデルに位置付けられています。その装備内容は、オーリンズ製のチタンコートフロントフォーク&リアサスペンション、軽くて剛性の高いアルミのテーパー形状ハンドル、カーボンフロントフェンダーとカムベルトカバーといったドゥカティの上位モデルにふさわしいものでした。

ムルティストラーダ1000Sの画像
ドゥカティの上位モデルらしくオーリンズ製の前後サスペンションと各種カーボンパーツを装備した豪華バージョンでした。

モデルラインナップ期間年表

ムルティストラーダ
1000DS
ムルティストラーダ
1000S DS
ムルティストラーダ
1100
ムルティストラーダ
1100S
2003 ムルティストラーダ 発売      
2004        
2005   上位モデルのS 追加    
2006        
2007     1078ccに変更
2008        
2009        

当時の思い出話

トラブルらしいトラブルはないが
ハンドルストッパーが弱点か

2003年に発売されたムルティストラーダ1000 は、“気負わずに乗れるドゥカティ” としてデビュー直後から人気を集める一方で、デザインが斬新すぎると敬遠されたのも事実です。しかし、このムルティストラーダ1000S がデビューする 2005年にはすでに見慣れたものになっており、オーリンズを装備して市場投入されたこのゴージャスバージョンは、より多くのユーザーに受け入れられました。その結果、ドゥカティの敷居が下がり、この年代にはヨシムラなど日本車に強いアフターパーツメーカーからもカスタムパーツがリリースされました。ただし、売れたのは純正オプションやテルミニョーニといった定番ばかりでした。

ムルティストラーダ1000S にはトラブルらしいトラブルはありません。というのも、2年早く発売したスタンダードのムルティストラーダ1000 でオイルクーラーの破損、フロントブレーキのジャダー、電子メーターの故障など、細かいトラブルを出し切ったからです。強いて挙げるならば、シート下まで伸びたガソリンタンク形状のせいでうまく満タンにできず、実は半分しか給油できていなかったり、そもそも燃料計の精度が低かったりしたためにガス欠を起こしやすかったこと、立ちゴケだけでもハンドルストッパーが壊れてしまうことが欠点でしょうか。

ムルティストラーダ1000Sの画像
オーリンズやテーパーハンドルによって、気持ち良くスポーティに走ることができました。しかし、燃料計の精度が低く、またシート下まで伸びたガソリンタンクの形状のせいでうまく満タンにならず、ガス欠を起こしてしまうユーザーも。
ムルティストラーダ1000Sの画像
ムルティストラーダは全般的になかなか手放されない傾向にあり、中古車はあまり店頭に並びません。(2013年2月時点)

>> 過去にはこんな記事も連載していました

価格・スペック(2005年モデル)

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
スペック情報は万全な保証を致しかねます。実際に購入される場合はDUCATI正規ディーラーへお問い合わせください。
全長
2,130mm
全高
1,340mm
シート高
850mm
ホイールベース
1,462mm
乾燥重量
196kg
キャスター角
24°
フレーム形式
スチールパイプトレリスフレーム
燃料タンク容量
20リットル 内リザーブ6.5リットル
乗車定員
2名
フロントサスペンション
オーリンズ製TiNコートフルアジャスタブル43mm倒立フォーク
フロントホイールトラベル
165mm
フロントホイール
6本スポーク軽合金ホイール 3.50×17
フロントタイヤ
120/70ZR17
フロントブレーキ
320mmセミフローティングダブルディスク 4ピストン2パッドキャリパー
リアサスペンション
プログレッシブリンク オーリンズ製 フルアジャスタブルモノショック
リアホイールトラベル
141mm
リアホイール
5本スポーク軽合金ホイール 5.50×17
リアタイヤ
180/55ZR17
リアブレーキ
245mmディスク 2ピストンキャリパー
エンジンタイプ
L型2気筒 2バルブデスモドロミック 空冷
排気量
992cc
ボア×ストローク
94mm×71.5mm
圧縮比
10:1
最高出力
67.7kW – 92HP/8,000rpm
最大トルク
92.2Nm – 9.4kgf・m/5,000rpm
燃料供給方式
マレリ製 電子制御燃料噴射 45mmスロットルボディ
排気システム
スチールシングルマフラー プレサイレンサー 触媒コンバーター
トランスミッション
6速
クラッチ形式
乾式多板 油圧式
新車価格
162万7500円
取材協力

MVアグスタの正規ディーラーでもある 通称「上尾のドカ屋」

住所/埼玉県上尾市南89-17
定休日/毎週木曜、レース・イベント開催日
営業時間/10:00~19:00
TEL/048-775-8726