VIRGIN DUCATI | スーパーバイク748 DUCATI購入ガイド

スーパーバイク748

  • 掲載日/2012年10月25日【DUCATI購入ガイド】
  • 取材協力/Ducati Japanストラーダ  取材・文・構成/VIRGIN DUCATI.com 編集部

スーパーバイク748の画像

Superbike 748

ビポストも輸入された
ストリート志向のモデル

2012年現在、スーパースポーツ世界選手権をはじめとするミドルクラスの市販車レースが世界各地で開催されていますが、その中心を占めているのは日本メーカー製の4気筒マシンです。しかし、それらに先んじてメーカーとして力を入れ、事実上このクラスを確立したのはドゥカティでした。それが、1996年から 2002年まで販売された748シリーズで、公道向けのスーパースポーツであると同時に、レースベースとしても活躍したシリーズなのです。レースにも対応する最上位モデルの748SP・748SPS・748R、チタンコートフロントフォークなどを装備してシリーズ後半に追加設定された中間モデルの748S、スタンダードモデルである748の3バリエーションで展開されました。キャスター角の可変機構やハイグレードな前後サスペンション、マルケジーニ製の5本スポークホイールを備えたサーキット志向の上位モデルに対し、748はそれらを省略したベーシックなストリート志向のモデルでした。

スーパーバイク748の画像
1人乗りのモノポストに加えて、一部で2人乗りのビポストも販売されたストリート志向のモデルでした。

モデルラインナップ期間年表

748 748SP 748SPS 748S 748R
1996 748シリーズ販売開始        
1997          
1998          
1999          
2000       ミドルグレードのS追加  
2001         オーリンズ製のフロントフォーク装備
2002         シートカウル変更

当時の思い出話

必要にして十分な装備と乗り味は
もっと高く評価されるべき

748シリーズは、916系スーパーバイクと比べてエンジントルクが小さく、ハンドリングは実にクイックでした。中でも人気の高かった748SP・748SPS・748Rは、軽快というよりも鋭いハンドリング特性を持っています。そのため “748シリーズ=鋭い” というイメージが強く、クイックながらも公道で乗るには “ちょうどいい軽快さ” を持つ748が見落とされてしまったのでした。本来であれば、748はもっと高い評価を得て、新車の販売台数も伸びていただろうと考えられるだけに、とても残念です。

748は長く販売されて熟成も進んだため、高年式車であれば大きなトラブルもなく、安心して乗ることができます。748Rなどで採用された真上から噴き付ける繊細なインジェクションとは違い、一般的なものを使用しているので、細かなメンテナンスも必要ありません。この748は、まさに “女性や初心者にも安心してオススメできる” モデルです。

スーパーバイク748の画像
最上位モデルの748SP・748SPS・748R、中間モデルの748S、スタンダードの748で展開されました。
スーパーバイク748の画像
人気があったのは、シリーズの頂点に位置し、レースにも対応する装備のいわゆる “SP系” でした。
スーパーバイク748の画像
中古車は 40万円台からとリーズナブル。価格面でも入門用としてオススメできます。(2012年10月時点)

価格・スペック(2001年モデル)

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
スペック情報は万全な保証を致しかねます。実際に購入される場合はDUCATI正規ディーラーへお問い合わせください。
シート高
790mm
ホイールベース
1,410mm
乾燥重量
196kg
キャスター角
24°
フレーム形式
スチールパイプトレリスフレーム
燃料タンク容量
17リットル 内リザーブ4リットル
乗車定員
1名
フロントサスペンション
ショーワ製 フルアジャスタブル倒立フォーク
フロントホイールトラベル
127mm
フロントホイール
3本スポーク軽合金ホイール 3.50×17
フロントタイヤ
120/60ZR17
フロントブレーキ
320mmセミフローティングダブルディスク 4ピストンキャリパー
リアサスペンション
プログレッシブリンク フルアジャスタブルモノショック
リアホイールトラベル
130mm
リアホイール
3本スポーク軽合金ホイール 5.50×17
リアタイヤ
180/55ZR17
リアブレーキ
220mmディスク 2ピストンキャリパー
エンジンタイプ
L型2気筒 4バルブデスモドロミック 水冷
排気量
748cc
ボア×ストローク
88mm×61.5mm
圧縮比
11.5:1
最高出力
71kW – 97PS/11,000rpm
最大トルク
73Nm – 7.4kgf・m/9,000rpm
燃料供給方式
マレリ製 電子制御燃料噴射 50mmスロットルボディ
排気システム
テルミニョーニ製 アルミニウムマフラー
トランスミッション
6速
クラッチ形式
乾式多板 油圧作動
新車価格
156万4500円
取材協力

MVアグスタの正規ディーラーでもある 通称「上尾のドカ屋」

住所/埼玉県上尾市南89-17
定休日/毎週木曜、レース・イベント開催日
営業時間/10:00~19:00
TEL/048-775-8726

関連する記事