VIRGIN DUCATI | スーパーバイク748S DUCATI購入ガイド

スーパーバイク748S

  • 掲載日/2012年12月20日【DUCATI購入ガイド】
  • 取材協力/Ducati Japanストラーダ
    取材・文・構成/VIRGIN DUCATI.com 編集部
スーパーバイク748Sの画像

Superbike 748 S

スタンダードと SP系を
足して2で割ったモデル

748シリーズは、1996年に登場しました。発売当初のラインナップはスタンダードである 748 のみでしたが、1998年からは SP系と呼ばれる上位モデルの748SP、748SPS、748R が追加されています。これらの SP系モデルは、レースに出場するための限定生産車だったので、エンジンや足まわりが特別仕様で、スタンダードとは大きな差のあるモデルでした。その中間を埋めるモデルとして 2000年にデビューしたのが、今回紹介する748Sだったのです。このモデルは、キャスター角の可変機構を備えるフレームやマルケジーニ製の5本スポークホイール、シートカウルにゼッケンスペースを設けた外観を748Rから譲り受け、その一方でエンジンは748と同じものを搭載しています。748S専用の装備は、チタンコートが施されたフロントフォークやショーワ製のリアショック程度で、まさに “間をとった” と言えるモデルでした。なお、イタリア本国では2人乗り仕様のビポストも販売されましたが、日本に輸入されたのは1人乗りのモノポストのみです。

スーパーバイク748Sの画像
748シリーズの他モデルにはなかったグレーの車体色が設定されたのは、この748Sのみでした。

モデルラインナップ期間年表

748 748SP 748SPS 748S 748R
1996 748シリーズ販売開始        
1997          
1998          
1999          
2000       ミドルグレードのS追加  
2001         オーリンズ製のフロントフォーク装備
2002         シートカウル変更

当時の思い出話

オーソドックスな装備は
トラブルも少ない

748Sは、良く言えば中間モデルであり、悪く言えば “あり合わせ” のモデルでもありました。同時期にラインナップされていた748Rや 996R、998 シリーズで採用されたシャワー式のインジェクターといった新しい技術は採用されず、それ以前の 996 シリーズや748SP、748SPSで使用された装備を集めてつくられた、あまり特徴のないモデルだったのです。ただしそれは、信頼性の高さでもありました。というのも、このインジェクターを採用した748Rは、目詰まりが発生しやすく、アイドリングせずに止まってしまうというエンジン不調が 2012年現在でも続発しているのです。当然ながら、オーソドックスなインジェクターが使われている748Sでは起こりません。

新車当時の人気は圧倒的に748Rでした。そのため、748Sは売れず、中古車の台数もあまりありません。しかし、748Rのようにサーキット志向のモデルではないので、748Sの中古車は程度が良いものがほとんどです。

スーパーバイク748Sの画像
2000年に登場した748Sは、748Rと748の中間に位置するバランスの良いモデルでした。
スーパーバイク748Sの画像
新車当時の人気は最新&豪華装備の748Rに集中しましたが、信頼性の高さは748Sのほうが上でした。
スーパーバイク748Sの画像
中古車としてはあまり市場に出回りませんが、程度の良い車両がほとんどです。(2012年12月時点)

価格・スペック(2001年モデル)

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
スペック情報は万全な保証を致しかねます。実際に購入される場合はDUCATI正規ディーラーへお問い合わせください。
シート高
790mm
ホイールベース
1,410mm
乾燥重量
196kg
キャスター角
23.5 – 24.5°
フレーム形式
スチールパイプトレリスフレーム
燃料タンク容量
17リットル 内リザーブ4リットル
乗車定員
1名
フロントサスペンション
ショーワ製 TiNコートフルアジャスタブル倒立フォーク
フロントホイールトラベル
127mm
フロントホイール
マルケジーニ製 5本スポーク軽合金ホイール 3.50×17
フロントタイヤ
120/60ZR17
フロントブレーキ
320mmセミフローティングダブルディスク 4ピストンキャリパー
リアサスペンション
ショーワ製 プログレッシブリンク フルアジャスタブルモノショック
リアホイールトラベル
130mm
リアホイール
マルケジーニ製 5本スポーク軽合金ホイール 5.50×17
リアタイヤ
180/55ZR17
リアブレーキ
220mmディスク 2ピストンキャリパー
エンジンタイプ
L型2気筒 4バルブデスモドロミック 水冷
排気量
748cc
ボア×ストローク
88mm×61.5mm
圧縮比
11.5:1
最高出力
71kW – 97PS/11,000rpm
最大トルク
73Nm – 7.4kgf・m/9,000rpm
燃料供給方式
マレリ製 電子制御燃料噴射 50mmスロットルボディ
排気システム
テルミニョーニ製 アルミニウムマフラー
トランスミッション
6速
クラッチ形式
乾式多板 油圧作動
新車価格
169万0500円
取材協力

MVアグスタの正規ディーラーでもある 通称「上尾のドカ屋」

住所/埼玉県上尾市南89-17
定休日/毎週木曜、レース・イベント開催日
営業時間/10:00~19:00
TEL/048-775-8726

関連する記事