VIRGIN DUCATI | スーパーバイク749R DUCATI購入ガイド

スーパーバイク749R

スーパーバイク749Rの画像

Superbike 749 R

特別な外装とエンジンを備えた
レース直系モデル

749R は、スーパースポーツ世界選手権などの市販車レースに出場するための車両承認(ホモローゲーション)用モデルです。そのため、2004年から 2006年までの3年間、毎年規定で定められた台数しか販売されませんでした。それゆえに量産スタンダードモデルである 749 や、足まわりを中心に各部をグレードアップさせた 749S とは装備面で明確な違いがあります。前後にオーリンズ製のサスペンションを備えていたのはもちろん、749・749S が一般的なプラスチック製の外装だったのに対し、749R はカーボン(2004年)やハイテックポリマーと呼ばれる軽量なプラスチック(2005年以降)の外装を纏っていたのです。また、749・749S のものとは異なる、チタン製コンロッドやスリッパークラッチを備えたショートストロークの749ccエンジンも搭載しており、まさに “レース直系と呼べるプレミアムモデル” でした。

スーパーバイク749Rの画像
2004年モデルはカーボン外装が魅力ですが、軽さでは 2005年以降の樹脂外装に軍配が上がります。

モデルラインナップ期間年表

749 749S 749R
2003 749Sシリーズ 発売  
2004     カーボン外装で発売
2005   カウル 変更・プレスアーム 装備 プラスチック外装に変更
2006      

当時の思い出話

前期型のカーボンカウルは魅力だが
トータルで考えると後期型がオススメ

レースにも対応した最上位モデルの 749R には、特別なテスタストレッタエンジンや、ステップとガソリンタンク&シートカウルの位置調整機構など、モデルによっては採用が見送られた “当時のドゥカティの最先端技術と設計思想” が盛り込まれていました。それに加えて、レーシーなカーボン製の外装を標準装備していたため、749R は 2004年のデビューとともに大ヒットします。2005年には、整流効果が高く快適性もアップした大きめのアッパーカウルを採用しましたが、同時に材質がカーボンからプラスチックに変更されたことによってプレミアム感を失い、ユーザーからの人気を落とすという結果になりました。

しかし実際は、このプラスチック製カウルのほうがカーボン製よりも軽量で、この 2005年モデルではクランクケースに変更を受けるなどエンジンに大幅な改良が加えられているので、性能を考えるとこちらが上なのです。たしかにカーボン製の外装は魅力的ですが、同じようなものは社外品でも売られています。そのことを考慮して選ぶならば、やはりエンジンを中心にトータルでの熟成が図られた 2005年以降の中古車がオススメです。それをベースに外装をカスタムしていくほうが、より高い性能と満足が得られますからね。

スーパーバイク749Rの画像
オーリンズ製の前後サスペンションやマルケジーニ製の鍛造ホイールを装備するなど、プレミアムな1台でした。
スーパーバイク749Rの画像
749・749S とは異なるショートストロークの専用エンジンは、各所にチタンを使った特別なものでした。
スーパーバイク749Rの画像
前期型も後期型もそれぞれ魅力があり、中古車はどちらも 100万円台から販売されています。(2012年11月時点)

価格・スペック(2005年モデル)

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
スペック情報は万全な保証を致しかねます。実際に購入される場合はDUCATI正規ディーラーへお問い合わせください。
全長
2,095mm
全高
1,110mm
シート高
780mm
ホイールベース
1,420mm
乾燥重量
183.5kg
キャスター角
23.5° – 24.5°
フレーム形式
スチールパイプトレリスフレーム
燃料タンク容量
18.3リットル 内リザーブ3リットル
乗車定員
1名
フロントサスペンション
オーリンズ製 TiNコート フルアジャスタブル43mm倒立フォーク
フロントホイールトラベル
120mm
フロントホイール
Y字5本スポーク鍛造軽合金ホイール 3.50×17
フロントタイヤ
120/70ZR17
フロントブレーキ
320mmセミフローティングダブルディスク 4ピストン4パッドラジアルキャリパー
リアサスペンション
プログレッシブリンク オーリンズ製 フルアジャスタブルモノショック
リアホイールトラベル
128mm
リアホイール
Y字5本スポーク鍛造軽合金ホイール 5.50×17
リアタイヤ
180/55ZR17
リアブレーキ
240mmディスク 2ピストンキャリパー
エンジンタイプ
L型2気筒 4バルブテスタストレッタデスモドロミック 水冷
排気量
749cc
ボア×ストローク
94mm×54mm
圧縮比
12.7:1
最高出力
89.1kW – 121HP/10,500rpm
最大トルク
84.4Nm – 8.6kgf・m/8,250rpm
燃料供給方式
マレリ製 電子制御燃料噴射 54mmスロットルボディ
排気システム
触媒付き スチールシングルマフラー
トランスミッション
6速
クラッチ形式
乾式多板 油圧式 スリッパークラッチ
新車価格
248万8500円
取材協力

創業50年、横浜を中心に20店舗を展開する輸入車&国産車の老舗ディーラー

住所/神奈川県横浜市港北区篠原西町23-31
定休日/毎週水曜
営業時間/10:00~19:00
TEL/045-432-7736

関連する記事