VIRGIN DUCATI | ドゥカティ 1987 851 デイトナ プロトタイプ 歴史あるドゥカティを知る

ドゥカティ 1987 851 デイトナ プロトタイプ

  • 掲載日/2009年11月01日【歴史あるドゥカティを知る】
  • 構成/VIRGIN DUCATI.com 編集部
1987 851 デイトナ プロトタイプの画像

水冷4バルブでEFIを装備
急ピッチで製作されたプロトタイプレーサー

空冷2バルブエンジンでレースに参加することに限界を感じていたドゥカティは、86年のデイトナBOTTでの勝利後、水冷ツインカム4バルブ&フューエルインジェクションを装備したマシンの開発に取り掛かった。すでにエンジンは図面化されており、実装テストにはフレームも含めてファクトリー仕様の750F1が使われた。とはいえ、エンジンで流用されたパーツは、クランクケース等の腰下とクラッチユニットのみで、腰上には水冷ブロックが載り、オルタネーターカバーにはウォーターポンプが追加されたものが組み込まれた。

このマシンは半年足らずで製作され、86年9月のボルドール24時間耐久レースのプロトタイプクラスに出場。車名は748IEだった。結果はリタイヤだったが、確実に成果を得ることができた。そして、翌87年3月のデイトナBOTTでは、新作したクランクケースを持ち、排気量を851ccにアップした851プロトタイプが出場。このマシンは、バンク最上段を駆け抜ける素晴らしい速さをみせつけ、独走で優勝したのだった。

1987 851 デイトナ プロトタイプの画像

製作期間が物語るように、細部の仕上げが非常に粗雑だ。

ここに紹介するマシンは、そのデイトナでデビューした851プロトタイプである。車体に関しては、ボルドール24時間に出場した748がベースとなっており、ボルドールではイタリアンレッド一色だったボディカラーを、デイトナではイタリアントリコロールに変更して出場した。このマシンが今日の世界スーパーバイク選手権で大活躍しているレーシングマシンのルーツである。今から20年ほど前は、試行錯誤の毎日だったのだろう。それにしても愛らしいマシンだ。

1987 851 デイトナ プロトタイプの詳細写真

1987 851 デイトナ プロトタイプの画像
ベリア製レブカウンターに水冷エンジンの証でもある水温計を装備する。カウル内部を覗き込むとでも、このマシンの製作期間がよくわかる。
1987 851 デイトナ プロトタイプの画像
特徴的な造形を見せるガソリンタンク。例によってFRP製で、残量がひと目で確認できるようになっている。もはやこれも伝統か?
1987 851 デイトナ プロトタイプの画像
ガソリンタンク上面前方にはエアブリーザーが取り付けられている。燃料キャップにもエア抜き用バルブを取り付けられている。
1987 851 デイトナ プロトタイプの画像
マービック製マグネシウムホイールに小径ディスクローターを装備。スイングアームはベルリッキのアルミ製角断面仕様でスタビライザーが取り付けられている。
1987 851 デイトナ プロトタイプの画像
ファクトリー仕様の削り出しフロントフォーク・ボトムケースを持つマルゾッキ製M1-Rにブレンボ製4ポッドキャリパーを装備。ローター径は320φだ。
1987 851 デイトナ プロトタイプの画像
伝統のメガホンマフラーを装備した最後のマシンとなった851。このプロトタイプにはチタン製マフラーが装着されていた。デイトナのバンクを270km/hで駆け抜けているときのエキゾーストノートを聴けた観衆が羨ましい限りだ。まさに爆音だったに違いない。

1987 851 デイトナ プロトタイプのスペック

総排気量
851cc
ボア×ストローク
92×64mm
圧縮比
11.6対1
最高出力
128hp/11,500rpm
始動方式
押し掛け
点火方式
フルトランジスタ
クラッチ形式
乾式多板
変速機形式
6速リターン
キャブレター形式
ウェーバー・マレリ製EFI
乾燥重量
148kg

関連する記事

注目のアイテムはコチラ