VIRGIN DUCATI | ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+ 試乗インプレッション

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+
DUCATI Monster 797+

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+

  • 掲載日/2017年12月18日【試乗インプレッション】
  • 取材・文/佐川 健太郎  写真・動画/山家 健一  衣装協力/HYOD

初代モンスターの面影が蘇る
原点回帰的モデル

モンスター797は2016年のミラノショーで初披露され、今夏に国内でもデリバリーが開始されたモンスターシリーズの最新モデルである。92年に登場した初期型モンスターを想起させる丸型ヘッドライトやボリューム感のあるタンクを備えたベーシックなデザインが特徴で、モンスターシリーズ唯一の空冷Lツインエンジンを搭載したエントリーモデル的な位置づけとなっている。最近は水冷エンジンがメインとなり電子制御などの高性能化が進むドゥカティの中にあって、装備のシンプル化によって手頃なプライスを実現した原点回帰的モデルの走りをあらためてチェックしてみたい。

モンスター797+ の特徴

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+

90年代エッセンスに
現代の走りを融合

モンスター797は90年代のモンスターをイメージしたスタイルに伝統的な空冷L型2気筒 エンジンを搭載した新世代モンスターである。そして、今回試乗したのはメーターバイザーとシングルシートカバーが装備された上級バージョンの+(プラス)である。

エンジンは従来型モンスター796がベースの空冷Lツイン803cc のデスモデュエと呼ばれるユニットで、現行スクランブラーシリーズにも採用されている。これを797では最新のユーロ4 排ガス規制にも対応させることで、最高出力75hp (55kw) / 8,250rpm、最大トルク7.0kgm (69Nm) / 5,750rpm と従来型に比べると若干出力は抑えられている。また、エキゾーストも従来のセンターアップ2本出しから2in1タイプのコンパクトなミッドマウントタイプに刷新された。なお今回の試乗車はオプションのテルミニョーニ製に換装されている。

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+

フレームはドゥカティ伝統のトレリスフレームだが、新型に際してはシングルピース構造を採用し、これにスチール製燃料タンクと両持ち式スイングアームを組み合わせるなど、原点回帰したデザインになっている。それでいて、フル液晶メーターやLED ウィンカー&テールライト、新しいスイッチ類などディテールには現代的なコンポーネントを巧みに融合したデザインが印象的だ。

足まわりはフロントにKYB製倒立フォークとリアにザックス製カンチレバー式シングルショックを、ブレンボ製ラジアルマウントキャリパー装備のダブルディスクをフロントに装備するなど、近年の空冷モンスターシリーズに共通するベーシックな装備。これにボッシュ製ABSユニットやAPTC 湿式多板クラッチによるスリッパー機能を装備するなどアクティブセーフティへの備えも盤石だ。

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+

繊細なデザインが光るホイールは新設計の軽量10 本スポークタイプを採用し、これにスポーツ性能とライフを両立したピレリ製ディアブロ・ロッソIIを標準装備するなど、走りのパフォーマンスと美しさへのこだわりは最新の空冷モンスターでも貫かれている。

動画 『やさしいバイク解説:ドゥカティ モンスター797+』はコチラ

123

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

バイク買取&乗り換えガイド

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。