VIRGIN DUCATI | ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+ 試乗インプレッション

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+
DUCATI Monster 797+

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+

  • 掲載日/2017年12月18日【試乗インプレッション】
  • 取材・文/佐川 健太郎  写真・動画/山家 健一  衣装協力/HYOD

初代モンスターの面影が蘇る
原点回帰的モデル

モンスター797は2016年のミラノショーで初披露され、今夏に国内でもデリバリーが開始されたモンスターシリーズの最新モデルである。92年に登場した初期型モンスターを想起させる丸型ヘッドライトやボリューム感のあるタンクを備えたベーシックなデザインが特徴で、モンスターシリーズ唯一の空冷Lツインエンジンを搭載したエントリーモデル的な位置づけとなっている。最近は水冷エンジンがメインとなり電子制御などの高性能化が進むドゥカティの中にあって、装備のシンプル化によって手頃なプライスを実現した原点回帰的モデルの走りをあらためてチェックしてみたい。

モンスター797+ の特徴

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+

90年代エッセンスに
現代の走りを融合

モンスター797は90年代のモンスターをイメージしたスタイルに伝統的な空冷L型2気筒 エンジンを搭載した新世代モンスターである。そして、今回試乗したのはメーターバイザーとシングルシートカバーが装備された上級バージョンの+(プラス)である。

エンジンは従来型モンスター796がベースの空冷Lツイン803cc のデスモデュエと呼ばれるユニットで、現行スクランブラーシリーズにも採用されている。これを797では最新のユーロ4 排ガス規制にも対応させることで、最高出力75hp (55kw) / 8,250rpm、最大トルク7.0kgm (69Nm) / 5,750rpm と従来型に比べると若干出力は抑えられている。また、エキゾーストも従来のセンターアップ2本出しから2in1タイプのコンパクトなミッドマウントタイプに刷新された。なお今回の試乗車はオプションのテルミニョーニ製に換装されている。

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+

フレームはドゥカティ伝統のトレリスフレームだが、新型に際してはシングルピース構造を採用し、これにスチール製燃料タンクと両持ち式スイングアームを組み合わせるなど、原点回帰したデザインになっている。それでいて、フル液晶メーターやLED ウィンカー&テールライト、新しいスイッチ類などディテールには現代的なコンポーネントを巧みに融合したデザインが印象的だ。

足まわりはフロントにKYB製倒立フォークとリアにザックス製カンチレバー式シングルショックを、ブレンボ製ラジアルマウントキャリパー装備のダブルディスクをフロントに装備するなど、近年の空冷モンスターシリーズに共通するベーシックな装備。これにボッシュ製ABSユニットやAPTC 湿式多板クラッチによるスリッパー機能を装備するなどアクティブセーフティへの備えも盤石だ。

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+

繊細なデザインが光るホイールは新設計の軽量10 本スポークタイプを採用し、これにスポーツ性能とライフを両立したピレリ製ディアブロ・ロッソIIを標準装備するなど、走りのパフォーマンスと美しさへのこだわりは最新の空冷モンスターでも貫かれている。

動画 『やさしいバイク解説:ドゥカティ モンスター797+』はコチラ

モンスター797+ の試乗インプレッション

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+

空冷Lツインの味わいと
ナチュラルな走りが楽しい

92年登場の初期型を思わせるムダを削ぎ落したベーシックなデザインが印象的。タンクにボリュームがありテールが絞り込まれたマッシブなシルエットは、まさにモンスターの原点を表現しているようだ。

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+

従来型の796は2本出しのセンターアップマフラーや片持ち式スインアーム、2ピース式のフレームを採用していたが、新型の797になって車体構成はよりオーソドックスに、両持ち式のスイングアームなどはむしろ696に近くなった感じもする。ひと口に言うなら、今流行りのミニマライズ化と言ってもいいだろう。値ごろ感のあるプライスにもそれは反映されている。

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+

ライディングポジションもかつてのモンスターのように極端なファイタースタイルではなく、ハンドルも比較的高く前傾も緩めでリラックスできる。シート高805mmも国産ネイキッド並みで、Lツイン特有のスリムな車体と相まって足着きも良好だ。

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+

モンスター796がベースの空冷Lツインはパワー的には72psと従来型より15psダウンしているが、これはユーロ4対応ということで仕方ないところか。重量も8kgほど増えているためか、従来型のような弾ける加速感はやや影を潜めた感じもある。

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+

ただ、工業製品というものは常に進化しているし、とりわけ電気系についてはそれが顕著に現れるものだ。「最新のドゥカティが最良のドゥカティ」と語った、かつてドゥカティで数々の名車を生み出した天才デザイナー、マッシモ・タンブリーニ氏の言葉を借りるまでもなく、新型モンスター797も出力特性はよりマイルドに扱いやすくなっている。

空冷Lツインはもはや少数派だが、まったりとした円やかな回転フィールと、一発一発のパルスを肌で感じられるメカニカルな味わい深さがある。回転数は4,000~7,000rpm辺りが美味しいところで、力強いトルクの厚みとスムーズな吹け上がりがバランスしているレンジ。さらに低い2,000~3,000rpmで流していてもドコドコと楽しいのが空冷Lツインの美点だ。

ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+

前後サスペンションは適度に減衰力が効いていて前後のバランスがいい。コーナーではピッチングを生かせるのでフロントに安心感があるし、ホイールベースも従来型より15mm短くなってよく曲がる。ハンドリングはとてもナチュラルで、基本に忠実なコーナリングがどこでも楽しめる感じ。ブレンボ製ブレーキも良く効いて扱いやすいしABS作動時もキックバックが少なめなので、きっちり握り込める。

加えて、サーボアシスト付きスリッパークラッチは操作も軽く、冬の下り坂でも躊躇なくシフトダウンをこなせる安心感がある。従来型より燃料タンク容量も増量されているし、特にメーターバイザータイプのミニカウルが装備された+(プラス)は高速道路でも距離を稼げるだろう。欲を言えば、ハンドル切れ角にもう少し余裕があるとUターンなどがやりやすいと思う。

装備はシンプルで見た目もオーソドックスになるなど原点回帰的なモデルではあるが、それだけに分かりやすく気軽に乗り回して楽しめるモデルだ。

モンスター797+ の詳細写真

初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+
空冷LツインDOHC2バルブ803ccのエンジンにφ50mm径のシングルスロットルボディを採用。スロットルバタフライ下に2つのインジェクターを搭載することで、最高出力75psの力強く滑らかなパワーデリバリーを実現。6速ミッションにワイヤー制御式のAPTC湿式多板クラッチを搭載する。
ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+
車体右サイドにコンパクトにレイアウトされたエキゾーストシステム。エキパイの取り回しからもスクランブラ―系と同じエンジンであることが分かる。今回の試乗車には鼓動感豊かな純正オプションのテルミニョーニ製2本出しサイレンサーが装備されていた。
ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+
ボッシュ製9.1 MP ABSシステムを組み合わせたブレンボ製ブレーキシステムは、M4.32タイプの4ピストンモノブロックキャリパー&φ320mmダブルディスクとリザーバータンク一体型としたラジアルブレーキポンプを装着するなど本格的。フロントフォークは130mm のストローク長を持つKYB 製φ43mm 倒立タイプを採用する。
ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+
車体左側にオフセット装着されたリアサスはザックス製で、リンケージを介さずにフレームとスイングアームに固定されるタイプ。ストローク長は150mmで伸び側減衰力とプリロード調整が可能。スイングアームは696をイメージさせる両持ちタイプだ。
ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+
丸型のヘッドライトは初代モンスターから受け継がれているアイコン的なデザインを採用。 センター部分にはLEDタイプのポジションランプを装備し新しさを主張する。メーターバイザー型のミニカウルは+(プラス)仕様の装備。
ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+
燃料タンクはモンスターらしさにこだわり、ボリューム感を強調しつつニーグリップ部をシェイプした独特のデザインが印象的。容量も1.5リットル増量して16.5リットルを確保。
ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+
1992 年に登場したオリジナル・モンスターを想起させるアタッチメント・クリップが復活。簡単にタンクをはぐることができるなどメンテナンス性にも優れる。
ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+
スポーツライディングに適したホールド性に優れるシート。シングルシートカバーは+(プラス)仕様の装備で、シート裏の固定ボルトを緩めれば簡単にタンデム仕様にすることが可能。
ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+
鋼管トラス構造のメインフレームと一体でしっかりと作られたシートレール。右後方にはUSB電源ソケットを装備するなどITデバイスにも対応している。
ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+
LEDテールランプを採用したコンパクトなリアビュー。クリアレンズ仕様のウインカーもLEDタイプだ。専用スイッチで作動するハザードランプ機能も追加されている。
ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+
スムーズなシフトワークを実現するステップとペダルが同軸タイプを採用。ペダル類はスチール製でコストダウンも見え隠れするが、転倒時にはアルミ製より折れにくいなどのメリットもある。
ドゥカティ初代モンスターにインスパイアされた空冷モンスター797+
大型の液晶メーターパネルが装備され、ライディングに必要な各種情報を見やすく表示。タコメーターは今風のバーグラフ式だ。速度、エンジン回転数、オドメーター、トリップメーター1&2に加え、エンジン油温、時計、平均速度、走行時間なども表示される。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ