VIRGIN DUCATI | ドゥカティの新型パニガーレV4Sを最速インプレッション 試乗インプレッション

パニガーレ V4S の画像
DUCATI Panigale V4S

ドゥカティの新型パニガーレV4Sを最速インプレッション

  • 掲載日/2018年02月02日【試乗インプレッション】
  • 取材協力/Ducati Japan  取材・文/伊丹 孝裕  写真・動画/Ducati Japan

モトGPマシンに近づいた
新世代のスーパーバイクが登場

2017年11月、イタリアのミラノで開催された「ドゥカティ・ワールド・プレミア」の場で公開されたのがパニガーレV4/S/Specialeだ。これまでのパニガーレと決定的に異なるのはエンジンで、ドゥカティの代名詞とも言えるL型2気筒ではなく、モトGPマシンと同形式のV型4気筒に刷新されたことが大きな話題になった。もちろん、それに合わせてフレームも完全新設計となり、足周りや電子制御も大幅に進化。現在市販されているすべてのスーパースポーツを凌駕するスペックが、一体どんな走りをみせてくれるのか?

パニガーレ V4Sの特徴

パニガーレ V4Sの画像

Vバンク角、ボア、点火タイミング……
そのすべてがモトGP用エンジンと同一

パニガーレV4Sは、その車名が示す通りV型4気筒エンジンを搭載していることが最大のトピックだ。これはドゥカティの量産モデルとしては初採用であり、2輪レースの最高峰「Moto GP」に送り込まれているファクトリーマシンと共通である。

パニガーレ V4Sの画像

しかも単に形式が同じということに留まらない。というのも、90度のシリンダー挟み角や81mmのボア径、0度-90度-290度-380度の間隔で各気筒が爆発していく点火タイミング、フロントホイールのリフトアップを抑制する逆回転クランクシャフトまでもがそっくりそのままフィードバックされているからだ。

明確に異なるのは排気量で、モトGPマシンが1,000ccなのに対し、パニガーレV4Sは1,103ccを誇る。ストロークを増やすことによって低中速トルクを稼ぎ、ストリートでの扱いやすさに配慮されているというわけだ。だからと言って、パワーが制限されているわけではない。実際、最高出力は214ps/13,000rpmをマークし、名だたるスーパースポーツと比較しても抜きん出て高いスペックである。

パニガーレ V4Sの画像

エンジンの刷新に伴い、もちろん車体もゼロから設計し直されている。モノコックフレームにしては存在感があり、ツインスパーフレームにしては短い独特の形状を持つそれは「フロントフレーム」と呼ばれ、剛性バランスの最適化と軽量化、コンパクト化が図れる独創的な構造になっている。

パニガーレ V4Sの画像

従来2気筒だったエンジンが4気筒になったことで車重の増加が気になるところだが、装備重量は1299パニガーレと比較してわずか5kg増の195kgに抑えられ、パワーウェイトレシオに至っては0.91という驚異的な数値に到達した。運動性の高さを感じさせるこうしたスペックをサポートするのが、数々の電子デバイスだ。処理能力が格段に増したボッシュ製の6軸慣性測定ユニットが搭載され、コーナリングABS/トラクションコントロール/スライドコントロール/ウィリーコントロール/エレクトリックサスペンション……といった各機能を制御。あらかじめ設定された3パターンのライディングモード(ストリート/スポーツ/レース)とも連動し、常に最適なエンジン特性や車体姿勢、制御の介入度を選択することが可能になっている。

グレードの違いだが、前後サスペンション(前:SHOWA/後:ザックス)が機械調整式のスタンダードモデルに対し、ここで紹介する上級バージョンのV4Sにはオーリンズ製電子制御サスペンション&ステアリングダンパー、鍛造アルミホイール、リチウムイオンバッテリーを装備していることが特徴だ。

パニガーレ V4Sの画像

パニガーレ V4Sの試乗インプレッション

パニガーレ V4Sの画像

高回転域でも留まることを知らない怒涛の加速
本気で乗りこなすなら体力の強化が必要だ

パニガーレV4Sのライディングポジションはスーパースポーツの中ではごく平均的なものだ。エンジン幅が2気筒よりも少し広がったぶん、むしろ下半身はホールドしやすく、極端な前傾姿勢は強いられない。走り出すと2気筒のようなパンチのある爆発力が伝わってこないためむしろ扱いやすく、街乗りでも持て余すことはないだろう。

パニガーレ V4Sの画像

とはいえ、このマシンの真髄はもちろんそこではない。13,000rpmで最高出力を発揮する、その回転数自体はライバル勢と同等か、もしくは低いくらいだが、そこに至る時のタコメーターの上昇スピードは明らかに速く、レブリミッターが作動する14,500rpmまで瞬時に回り切る。その間の加速力は暴力的と言ってもよく、ストレートでもまったく体が休まることはない。気を抜いているとシフトアップの度に体が後方へ持っていかれそうになるため、走行中は終始筋肉が緊張している状態が続くのだ。

パニガーレ V4Sの画像

体に負荷が掛かるのはコーナリングも同様だ。ブレーキ、サスペンション、タイヤといったパーツ個々のポテンシャルの高さに電子制御の効果が加わり、車体のスタビリティは驚異的に向上している。つまり、より深いポイントまでブレーキを残し、より深く車体をバンクさせ、より早いタイミングでスロットルを開けられるようになったため、それを本当に引き出そうとすればライダーもまた減速Gに耐え、バンク角を稼ぐために体を大きくオフセットし、それでも足りないぶんは頭を引き込むようにして走る、今時のモトGPライダー的なライディングスタイルが求められるからだ。

パニガーレ V4Sの画像

のんびりと走ることを許容しながらも、そのポテンシャルを発揮させるにはライダーのスキルもフィジカルも進化させなければいけない。パニガーレV4Sとはそういうマシンである。

パニガーレ V4Sの詳細写真

パニガーレ V4Sの画像
これまでドゥカティは、シリンダー挟み角が90度のエンジンのことを「L」と称していた。パニガーレV4Sも同じ90度ではあるが、エンジンの搭載角度が後方に大きく傾けられ、真横から見ると「V」に見えるため呼称が変わったのだ。
パニガーレ V4Sの画像
「フロントフレーム」と呼ばれる新設計のアルミ鋳造フレーム。前後のシリンダーに1ヶ所ずつ支持マウントが設けられ、エンジン自体も剛性メンバーにしながらねじれ剛性と横剛性を最適化。フレームの単体重量は4kgに抑えられている。
パニガーレ V4Sの画像
フロントカウルには大型エアインテークが備えられ、その中にLEDヘッドライトを装備。本国仕様はエアインテーク上部を縁どるデイタイム・ランニングライトとメインヘッドライトが別々に機能するが、日本仕様は変更される予定だ。
パニガーレ V4Sの画像
5インチのTFT高解像度フルカラーディスプレイを標準装備。画面右側には視認性の高いバーチャル・タコメーターが映し出され、シフトライトの点灯や色の変化の効果も手伝って、走行中の回転数確認を容易にしてくれている。
パニガーレ V4Sの画像
ライディングモード(STREET/SPORT/RACE)の切り換えやトラクションコントロールなどの調整はハンドル左側のスイッチボックスに備えられたボタンで即座に変更が可能だ。メーター内のグラフィックと連動し、直感的な操作が行える。
パニガーレ V4Sの画像
サイドカウルはエアアウトレットとして機能するインナーカウルとそれをカバーするメインカウルの2枚で構成される「デュアル・レイヤー・フェアリング」を採用。張り出しが最小限に抑えられ、4気筒であることを感じさせない。
パニガーレ V4Sの画像
シャープな形状のシートカウルはエアロダイナミクスと軽量化を両立させるため、空洞になるようにデザインされている。また、その内部はウイング型のLEDライトユニットが内蔵され、カウルを取り外した時のたたずまいも考慮されている。
パニガーレ V4Sの画像
V4Sのサスペンションは前後とものオーリンズ製の電子制御式。ライディングモードや加減速Gに応じて減衰力が任意に変化する他、好みに合わせて固定することも可能。リアサスペンション上部は後部シリンダーにマウントされる。
パニガーレ V4Sの画像
標準装着タイヤはピレリ製スーパーディアブロコルサSP。リアには同社のスリックタイヤと同等の200/60-17というサイズが専用に開発され、ハンドリングに貢献。接地面積が拡大し、フルバンク時のグリップ力が向上している。
パニガーレ V4Sの画像
キャリパーもまた、このマシンのために開発されたブレンボ製のStylema(スティルマ)。従来のM50をベースに改良されたモノブロックキャリパーで、剛性を犠牲にすることなくコンパクト化と軽量化(片側でマイナス70g)に成功している。
パニガーレ V4Sの画像
新デザインの3本スポークホイールはマルケジーニ製の鍛造アルミニウム合金。リアブレーキのABSは選択したライディングモード(RACE)や任意のレベル設定(レベル1)によって介入を解除することが可能だ。
パニガーレ V4Sの画像
デスモセディチ・ストラダーレと呼ばれるV型4気筒エンジン。単体重量は64.9kgで、2気筒のスーパー・クアドロエンジンに対する重量増はわずか2.2kgだ。工場には専用のラインが設けられ、ほとんどが手作業で組まれている。
試乗ライダープロフィール
伊丹 孝裕

2輪専門誌の編集長を経て、モータージャーナリストとして独立。レーシングライダーとしても活動し、これまでマン島TTや鈴鹿8耐、パイクスピークといった国内外のレースに参戦してきた。

SPECIFICATIONS – DUCATI Panigale V4S

パニガーレ V4Sの画像

価格(消費税込み) = レッド/328万円
※表示価格は2018年2月現在

2017年11月、イタリアのミラノで開催された「ドゥカティ・ワールド・プレミア」の場で公開されたのがパニガーレV4/S/Specialeだ。これまでのパニガーレと決定的に異なるのはエンジンで、ドゥカティの代名詞とも言えるL型2気筒ではなく、モトGPマシンと同形式のV型4気筒に刷新されたことが大きな話題になった。

■エンジン型式 = デスモセディチ・ストラダーレ 4ストローク水冷90度V型4気筒

■総排気量 = 1,103cc

■ボア×ストローク = 81 x 53.5mm

■最高出力 = 157.5kW (214ps) / 13,000 rpm

■最大トルク = 124.0Nm(91.5lb-ft) / 10,000 rpm

■車両重量 = 174kg

■シート高 = 830mm

■ホイールベース = 1,469mm

■Fタイヤサイズ = 120/70-ZR17

■Rタイヤサイズ = 200/60-ZR17

関連する記事

注目のアイテムはコチラ