VIRGIN DUCATI | ドゥカティ 新型スクランブラー・アイコンの海外試乗インプレッション 試乗インプレッション

ドゥカティ 新型スクランブラー・アイコンの海外試乗インプレッション

  • 掲載日/2018年12月04日【試乗インプレッション】
  • 写真:DUCATI 取材協力:DUCATI JAPAN 取材・文/鈴木 大五郎
ドゥカティ 新型スクランブラー・アイコンの海外試乗インプレッションの画像
DUCATI Scramblar icon

自由で気楽なスクランブラーのキャラクターがより強調
見た目からは予測不能な素晴しいバージョンアップ具合

ドゥカティ・スクランブラーが登場したのが2015年。それまでのドゥカティのマシンとは一線を画したデザインやキャラクターに戸惑いもあったものの、そのマシンは瞬く間に市民権を得て、今や同社の販売が最も多いシリーズの1台となっている。

スクランブラー・アイコンの画像

とはいえ、このマシン。もともとドゥカティが販売していたマシンにインスピレーションを得て、現在に蘇ったと言う経緯がある。まだ、生粋のオフロードマシンが存在していないような時代に、オンロードマシンをベースに余分なパーツを取り外し、ブロックタイヤを履かせたオンオフ両用マシン。「スクランブラー」というジャンルがアメリカで盛り上がりをみせていた。

スクランブラー・アイコンの画像

そんな背景があるなか、アメリカでドゥカティの輸入代理店を営んでいたベルリナー兄弟の要請をもとに、1962年に発売されたのがオリジナルのスクランブラーである。そしてここにきて、このスクランブラーというジャンルのマシンが人気となっているタイミングで現代版スクランブラーは発売されたのだ。

スクランブラー・アイコンの画像

スポーツマインドを全身から放つマシンが多い同社のなかにあって、スクランブラーはとにかく気楽で自由なマシンとなっている。コンパクトな車体にリラックス出来る乗車姿勢。程よくパワフルなエンジンと、今までドゥカティに接点のなかったライダーを取り込むことにも成功。さらにバリエーションモデルも次々にリリースされ、2018年には1100も発売。スクランブラーファミリーがより広がりを見せたのだった。

スクランブラー・アイコンの画像

そんななかで最もスタンダードとなるマシン、アイコンがブラッシュアップ。イタリア・シエナにて発表試乗会が開かれた。見た目の印象は従来モデルと大きく変わらない。しかし細かく見てみるとヘッドライトのデザインやテールライトのLED化の他、ハンドルやシートも変更され、ライディングポジションも異なっている。

スクランブラー・アイコンの画像

また、ホイールのスポーク部が切削加工されていたり、エンジンがブラックアウトされたりと細かいアップデートが随所にみられる。エンジンをかけるとLツインらしいドコドコとした鼓動感は健在だ。しかし、走り出してマシンのフィーリングが大きく変わっていることに驚く。とくに極低速域での躾具合が大幅に向上しているのだ。従来のスクランブラーでは、とくに発進時。アクセルとクラッチを丁寧に操作しているにもかかわらず、ライダーの予想に反して、パワーがドンッと出てしまうことがあった。

スクランブラー・アイコンの画像

また、それを防ぐようにアクセル開度を少なくし過ぎてしまうと今度はエンストしてしまうことも。慣れの問題と個人的にはさほど気にしていなかったのであるが、あまりバイクに興味のなかった人までその世界に取り込んだ責任もふくめ、改善が望まれていた。

しかし新型はそんな注意を払うことをせずとも、何の問題もなかったようにスルスルとマシンを前にすすめる。これは油圧式となり、操作する力が軽減されたクラッチの恩恵もあるかもしれないが、やはり大きいのはエンジンマネージメントの熟成によるものだろう。Lツインらしい鼓動感はしっかり残っているものの、低速域でのスムーズさが格段に向上していたのだ。

スクランブラー・アイコンの画像

そして、それはそのまま高回転域まで続く、スムーズな回転上昇につながっていく。同じエンジンを使用しているのに、こんなにフィーリングが変わるのかと驚かされる。このスムーズな印象を後押しするのがサスペンションの仕様変更である。まず、初期荷重の沈み込みが適切で当たりの優しさ、安心感が格段に向上している。それによりタイヤの接地感が高まり、マシンの状況をより把握しやすいようになっているのだ。それでいて、ハードに走り始めればその手応えはしっかり高まってくる。取っ付きは良いのに、懐は深い。ドゥカティらしいスポーツ性は存分に味わえるマシンとなっているのだ。

スクランブラー・アイコンの画像

シートの変更により、長時間のライディングでの快適性が高まったことも嬉しい。また、コーナーリングABSの装備等、安全性も高まっていることも特筆すべき点。スタイリングに大きな変更のなかったアイコンであるが、乗ればその違いは明らか。格段のポテンシャルアップとともに、スクランブラーらしい自由なキャラクターもより高まっていたのだった。

1260エンデューロの詳細写真

スクランブラー・アイコンの画像
新型となったヘッドライトは外周のLEDライトがデイタイム・ランニング・ライト(日本仕様には法規の関係で装着されない)となっており、1100を思わせるX型のブラックメタルとのコントラストが非常に特徴的。レンズはガラス製となり、高級感を演出。
スクランブラー・アイコンの画像
モンスター796のエンジンをベースとした空冷L型2気筒デスモドロミック2バルブエンジン。ユーロ4に対応し、新たにブラック塗装も施されるほか、クラッチカバー等も変更。エンジン本体は基本的に従来モデルから変わらないが、エンジンマネージメントの変更によってスムーズさが増し、コントロール性も大きく向上した。

スクランブラー・アイコンの画像

シンプルなデザインに大きな変更はないが、シフトポジション・インジゲーターと燃料計を追加。また、ドゥカティ・マルチメディア・システムに対応し、スマートフォンを用いることで様々な機能を使用することが可能となる拡張性を備える。

スクランブラー・アイコンの画像

アルミニウム製10本スポークホイールのデザインは従来型と同様であるが、スポーク部を切削加工することでより高級感ある仕上がりとなった。装着されるタイヤはオフロードイメージのピレリ製MT60RS。見た目からは想像出来ないほどの高いグリップ力を誇る。
スクランブラー・アイコンの画像
13.5リットルの容量を誇るスチール製燃料タンクは、交換可能となるアルミ製サイドパネルを装備したユニークなもの。小振りでライディング時のフィット感も高い。62イエローとアトミック・タンジェリンの2色を用意。
スクランブラー・アイコンの画像
テールランプはフルLEDに。拡散光を発するモーターサイクルに搭載されることのなかったユニットが新採用された。また、ウィンカーもLED製に。ウィンカースイッチを3秒間押し続けることでハザード機能が作動する。

スクランブラー・アイコンの画像

スクランブラー専用設計となる2in1エギゾーストはユーロ4に対応し、アルミニウム製サイレンサーを備える。サイレンサーカバー、アルミニウム製ヒートガードのデザインを変更。

スクランブラー・アイコンの画像

330㎜径ディスクとラジアルマウントされたブレンボ製モノブロックキャリパーにより、制動力に不安はない。新たに慣性プラットフォームを装着することにより、コーナーリングABSの装備が可能となり、安全性がさらに高まった。
スクランブラー・アイコンの画像
シートは厚みが増し、デザインも変更。それによりシート高は790→798㎜とアップしたが、長時間乗るとお尻が痛くなりがちだった従来型に対し、快適性が大幅に向上。また、座る場所が固定されがちだったものが、自由度の高い動きやすさを得た。

スクランブラー・アイコンの画像

KYB製41㎜径の倒立サスペンションは150㎜のストロークを確保。外見上は判別出来ないが、プログレッシブスプリングの採用等内部がアップグレードされ、しなやかな乗り心地とともに高い運動性を備える。

スクランブラー・アイコンの画像

リアサスペンションもKYB製でこちらもストローク量は150㎜。オンロードだけでなく、オフロードにおける走破性も考慮されての設定だ。こちらもスプリング、内部設定が変更となり、路面追従性とともに乗り心地も向上している。

スクランブラー・アイコンの画像

スクランブラー・アイコンの画像
ハンドルバーは形状変更。スロットルケーブルの取り回しを変更し、スイッチ回りも刷新。また、クラッチが油圧式となったことでワイヤー等の取り回しをスッキリすることが可能となったほか、レバー調整機構も新たに追加された。

スクランブラー・アイコンの画像

スクランブラー・アイコンの画像
シート高が上がったことにより、従来モデルに対して足つき性は多少劣るが、軽量・コンパクトな車体は不安感が少ない。シート形状もフラットとなり、快適性が高まっただけでなく前後への移動もしやすくなった。幅広でアップライトなハンドル位置と相まって、コントローラブルなライディングポジションとなっている。身長165センチ 体重62キロ

注目のアイテムはコチラ

バイク買取&乗り換えガイド