VIRGIN DUCATI | ドゥカテイ スクランブラーにカフェレーサースタイルを融合したネオクラシック カフェレーサー 試乗インプレッション

スクランブラー カフェレーサー の画像
DUCATI Scrambler Café Racer

ドゥカテイ スクランブラーにカフェレーサースタイルを融合したネオクラシック カフェレーサー

  • 掲載日/2017年12月25日【試乗インプレッション】
  • 取材・文/佐川 健太郎  写真・動画/山家 健一  衣装協力/HYOD

スクランブラーとカフェが
融合した新たなスタイル

「スクランブラー カフェレーサー」という、かつてオフロードとオンロードでそれぞれ一世を風靡したヘリテージレーサーの呼び名をミックスしたような、一風変わったネーミングを持つこのモデルは、1960年代に英国で生まれたサブカルチャーをドゥカティ流に解釈し直したモデルである。スクランブラーシリーズが標榜する自由な精神や当時のちょいワルなバイク乗りたちが好んだロッカーズスタイル、そしてカフェをイメージさせる「ブラック・コーヒー」カラーなど、レトロな雰囲気に現代的なセンスを織り込んだ斬新なスタイルが印象的だ。ジュークボックスで一曲かける間に隣のカフェまで行って帰ってくる速さを競った、当時の公道レーサー気分が楽しめる粋でホットなモデルである。

動画 『やさしいバイク解説:ドゥカティ スクランブラー カフェレーサー』はコチラ

スクランブラー カフェレーサーの特徴

スクランブラー カフェレーサー の画像

60年代スタイルにこだわった
お洒落なスポーティ仕様

「スクランブラー カフェレーサー」は1960年代のカフェレーサー文化とスクランブラーの精神の融合から生まれた最新モデルだ。エンジンはスクランブラー アイコンから移植された空冷 L型2気筒DOHC2バルブ803ccで、ユーロ4対応とするとともに吸気系の改良により低回転域でのスムーズなパワーデリバリーを実現。6 速ミッションとの組み合わせにより、全回転域で滑らかな加速が得られるよう設計されている。ちなみにエンジン自体は新型モンスター797と共通で、日本仕様のスペックの最高出力54kW (72ps) / 8,250 rpm、最大トルク67.0Nm(6.8kgf-m) / 5,750 rpmと同一になっている。

スクランブラー カフェレーサー の画像

シャーシは他のスクランブラー同様の鋼管トレリスタイプでKYB製の倒立フォークとカンチレバー式リアショックを採用。ブレンボ製ラジアルモノブロックキャリパー装備のシングルディスクとボッシュ製ABSユニットなども共通となっている。

異なるのがホイールサイズで、他のスクランブラーがフロント18、リア17インチであるのに対し、カフェレーサーは前後17インチ。ディメンションもキャスター角(24°→21.8°)が立てられ、ホイールベース(1,445mm→1,436mm)も若干短くなるなど、よりスポーティな設定になっている。

スクランブラー カフェレーサー の画像

注目すべきは60年代スタイルへのこだわりだ。交換可能なアルミ製サイドパネルを備えたティアドロップ型タンクや、かつてドゥカティで活躍したワークスライダーが使った「#54」を配したラテラル・プレートホルダーを装備する。その他にも専用カバーが付いたシングル風シートやアルミ製セパレートハンドルの端にマウントされたミラー、ノーズフェアリングと短いフェンダー、2本出しテルミニョーニ製エグゾーストなど、60年代のカフェレーサーをオマージュしたデザインと機能パーツが散りばめられているのが魅力となっている。また、カフェレーサー専用アイテムとして、豊富なアクセサリー類が用意されているのもオーナーにとっては嬉しいところだろう。

スクランブラー カフェレーサー の画像

スクランブラー カフェレーサーの 試乗インプレッション

スクランブラー カフェレーサー の画像

カフェ文化を感じつつ
その個性を楽しみたい

60年代のロンドンを中心に発祥した「カフェレーサー」は、市販バイクを当時のプロダクションレーサー風に改造したのが始まりで、より速く走るためが目的であったにせよ、夜な夜なカフェに集まり仲間同士でその作品としての出来栄えを自慢し合うという文化的な側面もあった。

彼らが当時流行った不良アイコンとしての革ジャンを着込んだ「ロッカーズ」スタイルを好んだこともあり、その後ファッションや音楽などと結びついたムーブメントとして世界中に広がっていくのである。つまり、カフェレーサーとは既成概念を打ち破る新たな精神文化であり、それをカタチとしてバイクで表現したものだったと言える。その意味で、ドゥカティがスクランブラーで掲げる「Land of Joy」の自由な精神とも矛盾することなく結びついているのだ。

スクランブラー カフェレーサー の画像

まずは外観がユニークだ。繰り返しになるが、60年代カフェをスクランブラー流に料理した懐かしくも新しいデザインに目を奪われる。角度によってはダートトラッカーのようにも見える、なんとも表現しづらいスタイルだ。

ライディングポジションはハンドルが低めで開いていて、見た目によらずけっこう前傾するちょっと変わったスタイル。それでいて、タンクとシート面がフラットなので知らず知らず前乗りになりやすいなど、ライディングポジション的にもカスタム車らしい。シートは低めで車体もスリムなので、他のスクランブラー同様、足着きは良い。

スクランブラー カフェレーサー の画像

エンジンは低速から粘りがあって扱いやすく、空冷Lツインらしい柔らかなパルス感が気持ちいい。スロットルレスポンスにややダルさはあるが、基本的にパワーデリバリーはスムーズ。4,000rpm辺りからトルクが盛り上がって7,000rpm辺りまでが実用域だ。エンジンは回し過ぎず、そのレンジ内で小気味よくシフトアップしていくと楽しく乗れる。同じエンジンを搭載するモンスター797にも同時に試乗したが、エンジンの味付けとしてはカフェレーサーのほうがより穏やかだ。

スクランブラー カフェレーサー の画像

クラッチも軽く、ブレーキもモノブロックではあるがディスクが一枚ということで程よく効いてコントローラブル。ABSは他のドゥカティ同様、リアは適度に介入するがフロントはかなり突っ込むまで作動しないスポーティな設定だ。前後サスペンションはソフトな設定で初期の沈み込みが大きく乗り心地も良い。

スクランブラー カフェレーサー の画像

ハンドリングはちょっと独特だ。フロント17インチホイールを採用しているため、他のスクランブラーに比べるとフロントが低くキャスター角も立ち気味なので、ステアリングの応答性は鋭い。前下がりの車体姿勢ということもあり、フロント荷重がかかりやすく旋回性も高いのだが、一方でやや神経質さも感じることも。スポーティな乗り味であることは確かだが、ゆったり乗りたいならフロント18インチの他のスクランブラーのほうがおすすめかもしれない。

スクランブラー カフェレーサー の画像

スクランブラーのテイストとカフェレーサーの雰囲気を味わいつつ、ストリートをほどほど元気よく走りたい人にうってつけ。異端のデザインを含めてその個性を楽しみたい人におすすめのモデルだ。

スクランブラー カフェレーサーの 詳細写真

スクランブラー カフェレーサー の画像
スクランブラーシリーズ共通の空冷LツインDOHC2バルブ803ccのエンジンを採用し、最高出力72psの力強く滑らかなパワーデリバリーを実現。黒くペイントされたエンジン外観と光沢仕上げの冷却フィンとのコントラストも特徴だ。
スクランブラー カフェレーサー の画像
車体右サイドにコンパクトに収められたエキゾーストシステム。ブラックアルマイト加工アルミ製カバー付きのテルミニョーニ製デュアルテールパイプエグゾーストが標準装備される。
スクランブラー カフェレーサー の画像
ボッシュ製9.1 MP ABSシステムを組み合わせたブレンボ製ブレーキシステムは、M4.32タイプの4ピストンモノブロックキャリパー&φ330mmシングルディスクとリザーバータンク別体式ラジアルブレーキマスターを装着。フロントフォークは150mm のストローク長を持つKYB 製φ41mm 倒立タイプを採用する。
スクランブラー カフェレーサー の画像
車体左側にオフセット装着されたリアサスはKYB製で、フレームとスイングアームに直接マウントされるカンチレバータイプを採用。ストローク長は150mmでプリロード調整が可能。ガルウィング型スイングアームとローポジション・ナンバープレートホルダーもベースになった「アイコン」と共通だ。
スクランブラー カフェレーサー の画像
LEDリングライトを装備した丸型ヘッドライトにはガラス製レンズを使用するというこだわりも。カフェレーサーを象徴するショートフェアリングを標準装備。
スクランブラー カフェレーサー の画像
交換可能なサイドパネルを備えたスチール製ティアドロップ型燃料タンクはシリーズ共通だが、「ブラック・コーヒー」カラーとチェッカー柄をモチーフにしたエンブレムは専用装備。デザイン優先のためか、タンク容量は13.5リットルとやや少なめ。
スクランブラー カフェレーサー の画像
特徴的なラテラル・プレートホルダーには、かつてドゥカティのファクトリーライダーとして活躍したブルーノ・スパジャーリが使った「#54」が掲げられている。68年に当時著名なロードレースだった「モトテンポラーダ・ロマニョーラ」に、スクランブラーの単気筒350ccユニットを搭載したドゥカティを駆って出場した歴史がある。
スクランブラー カフェレーサー の画像
クラシカルなデザインと色使いがマニア心をくすぐるカフェレーサーシートは、パッセンジャー部分がカバーされた専用デザインとなっている。シート高は805mmと足着き性は良好だ。
スクランブラー カフェレーサー の画像
アルミ製セパレートハンドルに装備された、丸型のバーエンドミラーはまさに60年代カフェ風。ステーはアルミ製で剛性感も十分あって後方視界も悪くない。
スクランブラー カフェレーサー の画像
面発光LEDを使用したテールランプを採用したコンパクトなリアビュー。
スクランブラー カフェレーサー の画像
ステップとペダルはダイレクトな操作感の同軸タイプを採用。ペダル類は転倒時に折れにくいスチール製で、先端のギザギザ形状がオフロードも走れるスクランブラー由来であることを伺わせる。
スクランブラー カフェレーサー の画像
一見クラシカルな丸型メーターだが、ディスプレイはフルデジタルで中央に大きく速度、周囲に回転計をレイアウト。その外側を取り巻くように各種インジケーターが並ぶ。古典と最先端の美しき融合はドゥカティならではだ。

SPECIFICATIONS – DUCATI SCRAMBLER CAFÉ RACER

ドゥカティ スクランブラー カフェレーサー写真

価格(消費税込み) = 137万5,000円
※表示価格は2017年5月現在

空冷Lツインを搭載したスクランブラーシリーズの中でカフェレーサーをモチーフにしたモデル。シリーズ中唯一の前後17インチホイールを装備したスポーティな走りが特徴。

■エンジン型式 = 4ストローク 空冷L型2気筒DOHC2バルブ

■総排気量 = 803cc

■ボア×ストローク = 88 x 66mm

■最高出力 = 54kW (72ps) / 8,250 rpm

■最大トルク = 67.0Nm(6.8kgf-m) / 5,750 rpm

■トランスミッション = 6速リターン

■サイズ = 全長2,107mm× 全幅810 ×全高1,066mm

■車両重量 = 188kg

■シート高 = 805mm

■ホイールベース = 1,436mm

■タンク容量 = 13.5リットル

■Fタイヤサイズ = 120/70-17

■Rタイヤサイズ = 180/55-17

注目のアイテムはコチラ