VIRGIN DUCATI | ドゥカティ スーパースポーツ S 試乗インプレッション

スーパースポーツ Sの画像
DUCATI SuperSport S

ドゥカティ スーパースポーツ S

  • 掲載日/2017年06月26日【試乗インプレッション】
  • 取材協力/Ducati Japan  取材・文/佐川 健太郎  写真・動画/山家 健一  衣装協力/HYOD

SSの名を冠して10年ぶりに復活
「最も美しいバイク」に選ばれる

2016年10月にドイツ・ケルンで開催された世界最大級のモーターサイクルショーにおいて、ドゥカティとして10年ぶりに「スーパースポーツ」の名を冠して華々しく登場したのが「SuperSport」だった。続く2016ミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)では、「もっとも美しいバイク」に選出されるなど、発売前から大きな期待をかけられたファン待望のブランニューモデルがいよいよ日本に上陸した。コンセプトは「日常的なシーンでの快適性と扱いやすさに重点を置いたスポーツバイク」。果たしてその実像とは。

動画 『やさしいバイク解説:ドゥカティ スーパースポーツS 』はコチラ

スーパースポーツ Sの特徴

スーパースポーツ Sの画像

高トルクなハイパー系水冷Lツインを
伝統のトレリスフレームに搭載

スーパースポーツは「日常のあらゆるシーンでスポーティなライディングを楽しむ」ために開発されたモーターサイクルである。ドゥカティにはパニガーレ・シリーズに代表されるスーパーバイクファミリーが存在するが、そのスポーツ性能に加え、多用途性を融合しているのが特徴だ。つまり、街中での俊敏な走り、高速移動での快適性、ワインディングでのスポーティな走りを含め、多目的に使えることを目標にしている。

スーパースポーツ Sの画像

エンジンは新型ハイパーモタード系がベースの水冷L型2気筒テスタストレッタ11° 937ccで、最高出力は109hp/9,000rpmを発揮。フラットカーブが特徴のトルクは最大で6,500rpmで93.0Nmを発生。3種類のライディング・モード(スポーツ、ツーリング、アーバン)が設定され、ライダーの好みやスキルに応じて走行中でも素早く切り換えることが可能だ。

スーパースポーツ Sの画像

フレームはエンジンを強度メンバーとして利用する伝統のトレリス構造の最新版で、軽量コンパクトかつ高剛性を生かした俊敏なフットワークと直感的なマシンコントロールを実現している。約210kgの装備重量と最適化されたジオメトリー、1,478mmのホイールベース、180/55のリヤタイヤによって、市街地やタイトコーナーでの扱いやすいハンドリングと高速コーナーでの安定性を両立。リラックスできるライディングポジションと高さ調整可能なウィンドシールドによる防風効果、16リットルの燃料タンクによる航続性能により、快適な中距離ツーリングが可能だ。ドゥカティ・セーフティ・パック(ボッシュ製ABS+ドゥカティ・トラクション・コントロール)が標準装備され、安全性が向上していることもポイントだ。

また、上級バージョンとして設定された「S」には、オーリンズ製前後フルアジャスタブル・サスペンション、ドゥカティ・クイック・シフト(シフトアップ/シフトダウン)、リアシートカバーが装備され、一層スタイリッシュな外観とハイグレードな走りを実現している。純正アクセサリーも豊富にラインナップされ、ユーザーニーズに合わせてカスタマイズできる点も魅力だ。

123

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

バイク買取&乗り換えガイド