VIRGIN DUCATI | ドゥカティ モンスターS4RSトリコローレ(2007年) DUCATI限定モデルカタログ

ドゥカティ モンスターS4RSトリコローレ(2007年)

モンスターS4RSトリコローレ(2007年)の画像

もうひとつのドゥカティ・カラー
「トリコローレ」を身にまとう

ドゥカティの車体色と言えば「単色の赤」というのが一般的だが、1980年代前半までは必ずしもそうではなかった、ということはご存知だろうか。いわゆる「パンタ系」と言われるエンジンを搭載したモデルが発売されていたころ、スポーツモデルに採用されていたのは「トリコローレ」。イタリア国旗をイメージさせ白・緑・赤からなるボディカラーは、レーシングシーンで活躍するドゥカティを象徴する配色だった。現在のソリッドな雰囲気のドゥカティに見慣れていると、とても新鮮に映るかもしれない。

その特別な配色はここ最近何度か限定的に復活しており、人気モデルであるモンスターにも採用されている。2007年に発売された「モンスターS4Rsトリコローレ」もその中の1台だ。130馬力を発生するテスタストレッタエンジンを搭載したS4Rsをベースに、外装色を変更。それにあわせて、フレームとホイールもマグネシウムカラーとなっている。諸元は変わらないカラーバリエーションモデルだが、国内にはもともと30台限定でしか入荷しておらず、その後若干の追加はあったものの希少な車両に分類される。今の単色には無い個性が気になるなら、探してみる価値はあるだろう。

モンスターS4RSトリコローレ(2007年)の詳細写真

モンスターS4RSトリコローレ(2007年)の画像
鮮烈な印象を受けるトリコローレ。よく見ると昔のタンクの雰囲気を演出しているなど、細部まで作りこまれたデザインとなっている。
モンスターS4RSトリコローレ(2007年)の画像
フレームカラーはホイールと同色を採用。マグネシウムカラーを採用したフレームは少なく、トリコローレの大きな特徴の一つと言える。
モンスターS4RSトリコローレ(2007年)の画像
ホイールカラーもマグネシウム。前後にオーリンズ製サスペンションを持つ上位モデルならではの豪華な足回りにマッチした配色だ。

モンスターS4RSトリコローレ(2007年)のスペック

全長
2,121mm
全高
1,222mm
シート高
1,440mm
ホイールベース
800mm
乾燥重量
177kg
キャスター角
-
ステアリングアングル
-
前サスペンション
オーリンズ製43mm TiNコート フルアジャスタブル倒立フォーク
後サスペンション
プログレッシブリンク、オーリンズ製ピギーバックタイプフルアジャスタブルモノショック、アルミニウム製片持ち式スイングアーム
前ブレーキ
320mmダブルディスク 4ピストン4パッドラジアルマウントキャリパー
後ブレーキ
245mmディスク 2ピストンキャリパー
燃料タンク容量
14L
エンジンタイプ
L型2気筒 4バルブ デスモドロミック 水冷
排気量
998cc
ボアxストローク
100mm×63.5mm
圧縮比
11.4:1
最高出力
95.7 kW ( 130 ps) / 9000 rpm
最大トルク
103.9 N・m ( 10.6 kg・m) / 7500 rpm
燃料供給
マレリ製電子制御燃料噴射 50mm スロットルボディ
トランスミッション
常時噛合式6段
クラッチ形式
乾式多板、油圧式
前輪サイズ / タイヤ
3.50×17/120/70ZR17
後輪サイズ / タイヤ
5.50×17/180/55ZR17
発売時定価
210万円
取材協力
住所/埼玉県鳩ケ谷市桜町1-6-11
電話/048-288-8108
営業/10:00~19:00
休日/月曜日および第2・4火曜日

注目のアイテムはコチラ