VIRGIN DUCATI | ドゥカティ MH900e(2000年) DUCATI限定モデルカタログ

ドゥカティ MH900e(2000年)

  • 掲載日/2010年03月12日【DUCATI限定モデルカタログ】
  • 取材協力/ドゥカティ横浜
MH900e(2000年)の画像

世界中を沸騰させた
唯一無二のスペシャルバイク

ドゥカティの限定モデルにおいて、一際スペシャルなモデルと言えば、やはり「MH900e」ではないだろうか。1998年にミュンヘンで開催されたインターモトでプロトタイプが発表されると同時に大きな話題となり、公道モデルに対する問合せが殺到。その時点では市販化については一切アナウンスされず、翌年のミラノショーでも発表が無かったため、世界中のドゥカティスティが落胆した。しかし、その年の12月にドゥカティの本拠地で行われたボローニャショーにて「2000年1月1日予約開始、限定2000台」とのアナウンスが行われ、発表当日はドゥカティの本国サイトがあまりのアクセスにパンクしてしまうほどの衝撃を世界中にふりまいた。ドゥカティによれば、初期ロット500台の予約が埋まるまでわずか31分だったという。

往年のレーシングマシンの面影を残しながら、斬新なスタイルに仕上げられたMH900eは、デザインコンシャスなドゥカティにおいても特別な存在。現在では新車を手に入れることは出来ないが、中古車としては希少ながら出回っている。唯一無二ともいえるスペシャルバイクだけに、見つけたら早めに確保しておきたい。

MH900e(2000年)の詳細写真

MH900e(2000年)の画像
マン島TTで優勝した“ドゥカティNCR900TT1”をイメージさせるスタイリング。個性的な造形が魅力的だ。リアからの眺めも他には無い個性的な雰囲気だ。
MH900e(2000年)の画像
メーターはシンプルな1眼タイプで、デジタル液晶パネルと組み合わせている。コクピットにはカウルを保持するフレームが無く、完成した美しさを演出。
MH900e(2000年)の画像
すべてのMH900eにはシリアルナンバーが刻みこまれている。このモデルは1207/2000ということで、比較的後期に製造された車両であることが分かる。

MH900e(2000年)のスペック

全長
全高
シート高
825mm
ホイールベース
1415mm
乾燥重量
186kg
キャスター角
ステアリングアングル
前サスペンション
43mm倒立フォーク
後サスペンション
パイオリ製モノショック、鋼管スペーススイングアーム
前ブレーキ
320mm径セミフローティングディスク、異径対向4ピストンキャリパー
後ブレーキ
220mm径ディスク、対向2ピストンキャリパー
燃料タンク容量
8.5リットル
エンジンタイプ
L型2気筒 2バルブ デスモドロミック 空冷
排気量
904cc
ボアxストローク
92mm×68mm
圧縮比
9.2:1
最高出力
55kW (75PS)/8000rpm
最大トルク
76N・m (7.8 kg・m)/6500 rpm
燃料供給
ウェーバーマレリ製電子制御燃料噴射
トランスミッション
リターン6速
クラッチ形式
乾式多板
前輪サイズ / タイヤ
3.50×17 / 120/70ZR-17
後輪サイズ / タイヤ
5.50 x 17 / 170/60ZR-17
発売時定価
1万5000ユーロ(約160万円)
取材協力
住所/神奈川県横浜市戸塚区戸塚町3153-53
電話/045-869-5239
営業/10:00~19:30
休日/水曜定休(祝日は営業)

関連する記事

注目のアイテムはコチラ