VIRGIN DUCATI | DUCATI 2017年式モデルカタログ

DUCATI2017年式モデルカタログ
DUCATI MODELS LINEUP 2017

DUCATI 2017年式モデルカタログ

新しいファミリーも追加されて全方位となった
躍進続く2017年のドゥカティラインナップ

2017年にドゥカティが発売するニューモデルの数と質は、世界のどのバイクメーカーも追従できないだろう。昨年のミラノショーで発表された7モデルがすべて日本市場にも投入され、アグレッシブなスポーツライディングを堪能できるドゥカティの魅力が全方位に広がったのだ。

まず注目したいのは、新しいファミリーとして登場した「スーパースポーツ」だ。昔からのドゥカティファンにとっては新登場というよりは復活となるファミリーで、ストリートにおけるパフォーマンスを優先したロードスポーツモデルは、ドゥカティらしい生粋のスポーツ性能を持ちながらも親しみやすさを兼ね備えている。

「モンスター797」も、やはり復活となるエポックメイキングなドゥカティだ。すべてが水冷化されハイパフォーマンスモデルとなっていたモンスターファミリーにおいて、扱いやすくも刺激的な空冷エンジンを搭載することで、ビギナーにも扱いやすいエントリーモデルとしての一角を担う。また、モンスターファミリーでは「モンスター1200」もマイナーチェンジされ、各部の進化と熟成が図られたことによってさらなるパフォーマンスを得ている。

そして、ムルティストラーダファミリーには、937cc水冷Lツインを搭載し、軽量な車体と低いシート高を実現しつつ、19インチ径フロントホイールで安定感のあるハンドリングと走破性を持つミドルサイズのアドベンチャーツアラー「ムルティストラーダ950」が加わった。

2017年ドゥカティの躍進は、まだまだ終わらない。

ドゥカティ・スクランブラーには、2モデルが新たに登場する。「スクランブラー・カフェレーサー」は、1960年代のブリティッシュカルチャーに端を発するカフェスタイルを、ドゥカティらしいイタリアンな文脈で再現したスタイリッシュなモデル。「スクランブラー・デザートスレッド」は、スクランブラーのコンセプトをより忠実に推し進めたもので、フレームとサスペンションをよりオフロード向けにセッティングし、悪路での走破性とスポーツ性を高めるとともに最先端ヘリテイジモデルらしいスタイリングも実現している。

そしてもうひとつ。ドゥカティのアイデンティティといえるスーパーバイクには、ドゥカティ・スポーツライディングの最高峰を目指して最新技術と高性能パーツを惜しみなく投入した「1299スーパーレッジェーラ」もある。しかし残念ながら世界限定500台となるスーパーレッジェーラはすでに完売となっている。

スーパースポーツとモンスター797、そしてムルティストラーダ950によって、近年のモデルチェンジによって空白となっていた部分を埋めた。それが今年のドゥカティが掲げるコンセプトだ。これによりドゥカティのラインナップは死角のない全方位となり、世界中のあらゆるライダーを魅了するのだ。

Supersport(スーパースポーツ)

Diavel(ディアベル)

XDiavel(Xディアベル)

Hypermotard(ハイパーモタード)