VIRGIN DUCATI | 2009 MotoGPレポート 第13戦 サンマリノ DUCATIサーキット情報局

2009 MotoGPレポート 第13戦 サンマリノ

  • 掲載日/2009年09月09日【DUCATIサーキット情報局】
  • 写真・協力/Moto GP.com
    ※このコンテンツはドルナ・スポーツ社およびMotoGPオフィシャルサイトからの素材提供により制作されました。
20109 MotoGPレポートの画像

2009 MotoGP #13 SAN MARINO(2009.09.06)

悪夢のクラッシュでヘイデンがリタイア
カリオは代役最終戦を7位でフィニッシュ

熱戦が続くMotoGPもついに13戦目のサンマリノGP。ライダースランキングはヤマハのロッシが一歩リードしており、ロレンソが小差でその後に続いている。ドゥカティのトップライダーであるストーナーは3位に位置しているものの、体調悪化により今回含め3回連続で欠場しており、ポイントレースの大勢はすでに決定してしまった。そんな中、ストーナーの代役としてワークスチームに抜擢された若きカリオと、前半戦の不調を乗り超えたヘイデンがミザノサーキットをどう攻略するのかが見所だ。

また、今回のレース直前にヘイデンがドゥカティと2010年の延長契約を結び、来期もワークスチームに在籍することが決定。体制的は今年と同じくストーナーとヘイデンの2名がデスモセディチにて走ることとなる。余談ではあるが、ドゥカティだけでなくホンダ、ヤマハのワークスはいずれも現所属ライダーと再契約している。来シーズンのトップ集団には、今年と同じヘルメットが並ぶことになりそうだ。

さて、今回のレースだが、残念な結果に終わってしまった。レース開始直後の2コーナーでアンジェリスがブレーキングミスにて転倒。多重クラッシュを引き起こしてしまい、それにヘイデンも巻き込まれてしまった。あまりにも最悪なアクシデントに、ヘイデンがアンジェリスを激しく責めるシーンも見られたほど。好調をキープしてきただけに、無念過ぎる結末となった。なお、チームメイトのカリオはクラッシュを免れて順調に周回を重ね、こちらは7位にてチェッカーを受けている。表彰台に立つことは叶わなかったものの、代役としての勤めを果たしたと言えるだろう。次回のレースはエストリルサーキットで開催されるポルトガルGP。3戦に渡って欠場していたストーナーが復活する日でもある。ドゥカティにとって苦しい戦いが続いているが、次こそストーナーとヘイデンが並び立つ好成績を期待したい。

20109 MotoGPレポートの画像
アンジェリスの転倒に巻き込まれるヘイデンとエドワーズ。無理なプッシュから来るアクシデントにヘイデンは大激怒!
20109 MotoGPレポートの画像
今回のサンマリノGPが代役として最終戦となるカリオ。次戦からは再びストーナーが復活するため、プラマックレーシングに戻る予定。

RIDER’S VOICE

N・ヘイデン(Ducati Marlboro Team)

「言うことは簡単だけど、今日はグッドなレースをするために準備ができていた。がっかりだ。もしかしたら、勝つことはできなかったけど、ある時間までは、上位で走れることができただろう。それに経験を積み、バイクのデータを収集し、僕自身も少し楽しみたかった」

「率直に、デ・アンジェリスがここで何かドラマをするだろうと予感があった。 地元で自分の仕事と格闘していた。横目で見た時、彼から離れようと思った。残念ながら、リアタイヤに接触。それが分かっている最後のこと。誰もがレースでミスを犯す。僕もキャリアでたくさんのミスを犯したけど、あれはレースではなかったから、アレックスにハッピーではない。タイヤが冷えているのに、トライするのは愚かなことだ。」

2009 MotoGP写真ギャラリー

20109 MotoGPレポートの画像
20109 MotoGPレポートの画像
20109 MotoGPレポートの画像
20109 MotoGPレポートの画像

注目のアイテムはコチラ