VIRGIN DUCATI | 2010 MotoGPレポート 第13戦 アラゴン DUCATIサーキット情報局

2010 MotoGPレポート 第13戦 アラゴン

  • 掲載日/2010年09月22日【DUCATIサーキット情報局】
  • 写真・協力/Moto GP.com
    ※このコンテンツはドルナ・スポーツ社およびMotoGPオフィシャルサイトからの素材提供により制作されました。
2010 MotoGPレポートの画像

2010 MotoGP #13 ARAGON(2010.09.19)

ストーナーが完全復活し
ドゥカティがダブル表彰台を獲得

9月19日、モーターランド・アラゴン(スペイン)で第13戦アラゴンGPの決勝レースが開催された。MotoGP初開催となるアラゴンで他のライバルに先んじていち早くコースに順応したのがドゥカティのケーシー・ストーナーだった。事前に行われたフリー走行では1回目に誰よりも早く1分52秒台を突破。続くセッションでも一番時計を記録し、開幕戦以来のポールポジションを獲得するなど勢いに乗っているストーナー。2番手はポイントリーダーのロレンソ。3番手は3戦連続優勝を狙うペドロサ。そして4番手には今期不運もあって浮き沈みの激しい戦いを続けているドゥカティのニッキー・ヘイデン。ロッシは振るわず7番手。

気温23度、路面温度39度のドライコンディションの中、決勝レースがスタート。ホールショットを奪ったストーナーに1周目から猛チャージをかけるロレンソが一瞬トップに立つが、次のコーナーでストーナーが抜き返すなど、序盤から激しいトップ争いでレースは幕を開けた。2周目にはスタートで出遅れたペドロサが早くもヘイデンをパス、続く3周目にはロレンソも抜き去り2位に浮上。加速しながら見事なパッシングラインにマシンを導くペドロサもさることながら、RC212Vの速さも本物。パワーのホンダが蘇ってきたという印象だ。

中盤は先頭からストーナー、ペドロサ、ロレンソのオーダーが固定したやや退屈なレース運びだったが、この日一番の見せ場を作ってくれたのがヘイデンだ。ラストラップのシケインで前をいくロレンソをパス。下りながら右から左へ切り返す難しいコーナーだったが、僅かな間隙を突いてインにマシンをねじ込むと、立ち上がりではアウトから被せようとするロレンソの動きを予測したかのようにマシンを縁石に寄せてラインをブロック。暴れるマシンを強引に押さえ込みながら、最後はスリップストリームに付こうとするロレンソを僅差で振り切った。

結果はポール・トゥ・フィニッシュでストーナーが圧勝。2位はペドロサ、3位にニッキー・ヘイデンが滑り込み、ドゥカティチームとしては今期初のダブル表彰台を獲得した。

次回14戦は10月3日、いよいよ日本GP開催である。世界屈指のブレーキングコースと言われる「ツインリンクもてぎ」でのドゥカティ・ワークスチームの戦いに注目したい。

2010 MotoGPレポートの画像
昨年のマレーシアGP以来、14戦ぶりに優勝。最高峰クラス通算21勝目を上げたストーナー。王者の復活なるか!
2010 MotoGPレポートの画像
最終ラップでは巧みな戦術を駆使して、今季ポイントリーダーのロレンソとのバトルを制し3位を獲得したヘイデン。

トップニュース

ドゥカティの強さが戻ってきた

ストーナーがウォームアップ走行で転倒するなど一時は暗雲が立ち込めたが、レースが終ってみればストーナーが開幕戦以来のポールポジションからの完全優勝を勝ちとり、ニッキーも今期初となる表彰台を獲得するなど最高の形を残すことができた今回のドゥカティチーム。エースライダー2人のセッティング能力の高さも発揮されて、マシンも順調な仕上がりを見せたようだ。

「正直、今回優勝できてほっとしているよ。初戦カタールでのアクシデントの後、勝てるチャンスを自分のミスで逃し続けてきた。今シーズンはダニやホルへと競うにはコンマ2~3秒のビハインドがあったが、今週末にマシンのポジション調整など大変更をしたのが効いた。チームとファクトリー、サポーターの皆さんに感謝したい。優勝が遅くなってゴメンナサイ!」と安堵の表情を見せるストーナー。「表彰台は気持ちいいね。僕たちやチーム、スポンサーやサポーターにとって最高の週末になった。シーズンオフまでにもう一度表彰台に登れるようトライしたい!」とニッキーも晴れやかに抱負を語ってくれた。強さが戻ってきたドゥカティの後半戦の追い上げに期待したい。

2010 MotoGPレポートの画像
ヘイデンはドゥカティで2度目の表彰台。チームにとっては2007年オーストラリアGP以来となる50戦ぶりのダブル表彰台となった。

2010 MotoGP写真ギャラリー

2010 MotoGPレポートの画像
2010 MotoGPレポートの画像
2010 MotoGPレポートの画像
2010 MotoGPレポートの画像

注目のアイテムはコチラ