VIRGIN DUCATI | 2014 MotoGPレポート 第1戦 カタール DUCATIサーキット情報局

2014 MotoGPレポート 第1戦 カタール

  • 掲載日/2014年03月27日【DUCATIサーキット情報局】
  • 特別協力/Ducati Japan  プレスリリース/2014年03月24日
    MotoGPで活躍するドゥカティ・チーム。メーカー発信のレポートをフォトギャラリーでご紹介します。
2014 MotoGPレポートの画像

2014 MotoGP #01 Qatar(2014.03.23)

ドヴィツィオーゾとクラッチロー
2014年開幕戦を5位、6位で完走

2014 MotoGP 世界選手権の第1戦となるカタール GP が、カタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで開催された。ドゥカティチームのアンドレア・ドヴィツィオーゾとカル・クラッチローは、それぞれ開幕戦を5位と6位で完走した。

前日の予選で4位につけ、2列目からスタートしたドヴィツィオーゾ。序盤は小競り合いのために順位を落とす場面があったものの、2名の上位ライダーがクラッシュする一方で、ドヴィツィオーゾはコンスタントに走行し、最終的に5位でフィニッシュラインを通過した。

チームメイトのクラッチローは、デスモセディッチ GP14 でドゥカティ移籍後の初レースに臨んだ。英国出身のクラッチローは、予選8番手で3列目からのスタート。だが、序盤にトランスポンダーにトラブルが発生し、レースに影響が出た。さらに終盤にトラブルが悪化、ラスト数周は非常に困難な状況で走行したもの、最後まで粘り抜いて6位でチェッカーを受けた。

RIDER’S VOICE

ドゥカティライダーの画像

アンドレア・ドヴィツィオーゾ/5位

「今回のリザルトのうち、特にポジティブな部分に目を向けるべきだろう。チャンピオンシップを考えると、5位というリザルトには大きな意味がある。同時に、我々にはウィナーとの差を削り取るという目標がある。昨年と比べて、ほぼ半分に差を詰めることができた。これも重要な事実だ。アンダーステアが解消されず、レース・パフォーマンスに影響が出ていることも事実だが、これまでの進捗状況には満足している。ただし、今後もハードワークを続けてマシンをレベルアップさせなければならない」

ドゥカティライダーの画像

カル・クラッチロー/6位

「ほろ苦さが残るレースだった。6位完走は良い結果だ。ウォームアップ中にクラッシュしてしまい、メカニックにいらぬ苦労をさせてしまった。彼らのハードワークに感謝したい。レースに関しては、5周目以降は電装系にトラブルを抱えていた。トランスポンダーが機能せず、ダッシュボードがオフになってしまい、マシンの挙動もおかしくなった。ただし、中盤まではアレイクス(エスパルガロ/フォワード・ヤマハ)やドーヴィ(ドヴィツィオーゾ)と互角に渡り合えた。その後はトラブルが悪化して苦戦を強いられた。とはいうものの、しっかりと完走できたことが大きな収穫だ。悪くない開幕戦だと思う」

ルイジ・ダッリーニャ/ドゥカティコルセ・ゼネラルマネージャー

「ウィンターテスト中に確認できていた進化が今回のレースで改めて確認できた。これは大きい。上位陣とのギャップも、昨年からかなり縮まった。しかし、本来の場所に戻るにはまだまだやるべき仕事は多い。このプロジェクトを継続させることが重要だ」

2014 MotoGP写真ギャラリー

2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像