VIRGIN DUCATI | 2014 MotoGPレポート 第16戦 オーストラリア DUCATIサーキット情報局

2014 MotoGPレポート 第16戦 オーストラリア

  • 掲載日/2014年10月23日【DUCATIサーキット情報局】
  • 特別協力/Ducati Japan  プレスリリース/2014年10月20日
    MotoGPで活躍するドゥカティ・チーム。メーカー発信のレポートをフォトギャラリーでご紹介します。
2014 MotoGPレポートの画像

2014 MotoGP #16 Australia(2014.10.19)

アンドレア・ドヴィツィオーゾが4位フィニッシュ
カル・クラッチローは、2位を走行するも最終ラップで惜しくもクラッシュ

フィリップアイランド・サーキットで開催された 2014 MotoGP 世界選手権の第 16 戦となるオーストラリア GP で、アンドレア・ドヴィツィオーゾが4位でフィニッシュした。ドヴィツィオーゾは、エスパルガロ兄弟(ポル:ヤマハ、アレイシ:フォワード・ヤマハ)、ブラッドリー・スミス(ヤマハ)、ステファン・ブラドル(ホンダ)らと5位争いを展開、他のライダーのリタイアにも助けられ、最終的に4位でチェッカーを受けた。

カル・クラッチローは、今年最高のレースを見せたものの、チェッカーフラッグを受けることができなかった。クラッチローは、ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)に続く2位をキープしていたが、最終ラップのターン4でデスモセディチ GP14 のフロント・グリップを失い、惜しくもリタイアとなった。

クラッチローは、スタートに失敗してオープニングラップを9番手で通過したが、その後は挽回して6周目には4番手に浮上。マルク・マルケス(ホンダ)のクラッシュによりひとつポジションを上げ、さらに 23 周目にはホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)を攻略。しかし、最終ラップにクラッシュして、ほぼ確定していた表彰台を逃す結果となった。

RIDER'S VOICE

ドゥカティライダーの画像

アンドレア・ドヴィツィオーゾ/4位

「今回は、いつもレースとはまったく違っていた。マシンのセットアップが決まらず、良い週末だったとはとても言い難い。しかし、この経験は来年に生かせるはずだ。今回のレースで、どこでどのようにマシンの戦闘力を高めることができるのかを理解できた。レース前までのペースを考えると、4位でフィニッシュして、ポイントを稼げたことは良かったと思う。残り2戦のバレンシアとセパンは好きなコースなので、最善を尽くしたい」

ドゥカティライダーの画像

カル・クラッチロー/リタイア

「今日の結果には本当にがっかりしたし、とても受け入れ難い。レース全体を通じて初めてペースダウンしたのが最終ラップで、フロントタイヤが冷えてしまった。コーナーのライン取りを変えたことによって、クラッシュのリスクが高まってしまった。悔やまれるのは、最後の最後に少しスローダウンしてしまったことだ。チェッカーを受けるまでプッシュし続けるべきだった。2位がほぼ確定していたので、チームも失望したと思う。本当に申し訳ない」

ルイジ・ダッリーニャ/ドゥカティコルセ・ゼネラルマネージャー

「今日のレースは非常に残念な結果となった。カルは、苦労してきた GP14 のセットアップがやっと決まり、昨日の予選に続き、本当に素晴らしいレース展開を見せ、ほとんど2位が確定していた。残念ながら、これがレースとしか言いようがない。しかし、今日のレースではデスモセディチの競争力の高さを再び示し、ドヴィツィオーゾが4位に入ってポイントを獲得できたのが唯一の救いだった」

2014 MotoGP写真ギャラリー

2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像
2014 MotoGPの画像