VIRGIN DUCATI | スーパーバイク1198SコルサSE ディティールチェック トピックス

スーパーバイク1198SコルサSE ディティールチェック

  • 掲載日/2010年05月25日【トピックス】
  • 取材協力/Ducati Japan  写真・文/VIRGIN DUCATI.com 編集部
スーパーバイク1198SコルサSEの画像

全国デリバリーが開始された「スーパーバイク1198Sコルサスペシャルエディション」

軽量な18リッターアルミタンクを装備
特別色を身にまとったスペシャルエディション

2010年のスーパーバイクラインナップに追加されたニューモデルと言えば「スーパーバイク1198Sコルサスペシャルエディション」(以下コルサSE)。レーシングマシンとしての要素を詰め込んだレースベースモデルの「R」もラインナップされていますが、基本的にスタイルは同一で、容量18リットル(リザーブ無し)のワークスアルミタンクを装備し、イタリアントリコロールをほうふつさせるコルサ特別色を身にまとったスペシャルモデルです。今回のフォトトピックスではそんなコルサSEのカラーリングやアルミタンク形状など、気になるディティール部分をチェック。カタログだけでは伝わらない特別仕様車の魅力をお届けします!

フォトTOPICS(写真点数/11枚)

スーパーバイク1198SコルサSEの画像
01スペック的にはベースとなったスーパーバイク1198Sとほぼ同一だ。
スーパーバイク1198SコルサSEの画像
02大きな違いとしては特別なカラーリング、そしてワークスアルミタンクの装着が挙げられる。
スーパーバイク1198SコルサSEの画像
03車両本体価格は2,990,000円となる。
スーパーバイク1198SコルサSEの画像
04もともと軽量なベースモデルより、さらに1kgの減量を実現した。
スーパーバイク1198SコルサSEの画像
05写真はタンデムシート仕様になっているが、シングルシートカバーが別途付属している。
スーパーバイク1198SコルサSEの画像
06カウルはイタリアントリコロールを意識した配色だ。
スーパーバイク1198SコルサSEの画像
07カーボンフロントフェンダー先端に新しくなったドゥカティコルセのエンブレム。
スーパーバイク1198SコルサSEの画像
08こちらがワークスアルミタンク。表面にはクリア塗装が施されている。
スーパーバイク1198SコルサSEの画像
09メーカー純正ということもあって、増量してもポジションや機能に大きな変更は無い。
スーパーバイク1198SコルサSEの画像
10この角度から見ると、ノーマルタンクとの形状の違いがはっきりとわかる。
スーパーバイク1198SコルサSEの画像
11テールカウルには車名がレタリングされている。

注目のアイテムはコチラ