VIRGIN DUCATI | 第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート トピックス

第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート

第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポートの画像

シンプルなブース構成で、車両をじっくりと吟味することができるドゥカティブース。

話題のニューモデルが注目を集めたドゥカティブース

大盛況のうちに幕を閉じた第44回東京モーターサイクルショー2017。今年は2017年3月24日(金)~26日(日)までの3日間、恒例の東京ビッグサイトで開催されたのだが、なんと前年比110%となる総来場者数14万6,459人を記録。最終日の26日(日)はあいにくの雨であったが、来場者の足が途絶えることはなかった。そこでバージンドゥカティではドゥカティブースをご紹介。最注目は発売が待ち遠しいスクランブラーカフェレーサー&スクランブラーデザートスレッドだ。残念ながらディスプレイの関係上、実際に跨がってポジションを確認することはできなかったが、車両の回りには多くの来場者が集まっていた。さらに復活した空冷モンスター797にスーパースポーツ、ムルチストラーダ950などが高い人気を誇っていた。

フォトTOPICS(写真点数/18枚)

第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
01フレームとサスペンションに大幅に手が加えられたスクランブラーデザートスレッド。
第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
02型式認証済みの新しいヘッドライト・メッシュガードが注目のフロントエンド。
第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
03ホワイトのカラーリングが往年のスクランブラーモデルを彷彿させる。
第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
04新設計のスイングアームに17インチのピレリ製スコーピオン・ラリー STRを装着。フロントは19インチとなっている。
第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
05スクランブラーを大胆にもカフェスタイルにカスタムしたスクランブラーカフェレーサー。
第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
06絞り込まれたレーサーハンドルバーがカフェレーサーらしいポジションを形成する。
第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
07排気量803ccのL型2気筒 2バルブ デスモドロミック 空冷エンジンを搭載している。
第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
08カフェレーサーには欠かせないシートカウル。スピードを感じさせるディテールである。
第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
09モンスターの本質を追究したスポーティーでコンパクトなモンスター797。
第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
10803cc空冷Lツインエンジン「デスモデュエ」を新設計されたトレリスフレームに搭載。
第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
11KYB製43 mm倒立フォークにブレンボ製ラジアルマウントキャリパーを装着。
第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
12容量16.5Lのフューエルタンク。モンスターらしいボリュームのあるフォルムだ。
第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
13マイナーチェンジによってさらに研ぎ澄まされたモンスター1200S。
第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
14ドゥカティ2017年モデルで最注目のスーパースポーツ。コチラは上位グレードのスーパースポーツS。
第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
15スーパースポーツSの特徴的なフロントマスク。ドゥカティらしさに溢れている。
第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
16テスタストレッタ 11° L型2気筒4バルブ デスモドロミック水冷エンジンを搭載。
第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
17新登場したマルチスポーツツアラーのムルティストラーダ950。
第44回東京モーターサイクショー2017 ドゥカティブースレポート
18たくさんの来場者が詰めかけたドゥカティブース。

注目のアイテムはコチラ