VIRGIN DUCATI | ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポート トピックス

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポート

  • 掲載日/2018年08月07日【トピックス】
  • 取材協力/Wheels and Waves  取材・写真・文/河野 正士

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

今年は開催直前の嵐によって屋外会場が壊滅的な被害を受けたため、急遽屋内イベントスペースにメイン会場を移転して開催。そこにセットされたスクランブラー・ブース。ガレージ風のセットに、カスタムコンセプトバイクが展示された。

今年もWheels and Wavesに
スクランブラー・ブースを出展

6月に南フランス・ビアリッツで開催された「Wheels and Waves/ホイールス・アンド・ウェーブス(以下WW)」に、ドゥカティは今年もスクランブラー・ブースを出展。そこにカスタムコンセプトモデルや、欧州のカスタムビルダーと組んだカスタムバイクを展示。またフラットトラックレース会場では「Sixty-Two」を使ったライディングスクールも開催された。

ドゥカティ・スクランブラーは、2015年のブランド・スタート時から「Wheels and Waves」にブース/Land of Joyを出展。そこでニューモデルやビルダーたちと組んだカスタムバイクを発表してきた。またスクランブラー・ブースから、開発陣がゲストとのトークと音楽でスクランブラーの世界観を伝える“Scrambler Radio/スクランブラー・ラジオ”をライブ配信するなど、WWはスクランブラー・ブランドにとって重要なイベントとなっている。

WWは今年、開催7回目を迎える欧州最大級のイベント。カスタムバイクとサーフカルチャーを中心としながら、近年は音楽やスケート、フードカルチャーをミックスした一大ライフスタイルイベントとなっている。プレ開催や、本開催までの準備期間を含めると約10年の歴史を持つWWは、回を重ねる毎にその規模を広げ、その影響力を強めてきた。スクランブラーが目指す世界観とも親和性が高く、WW内でもスクランブラーは重要なブランドとなっている。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ガレージ風のブースには、バイクのほか、スクランブラーのアパレルやアクセサリーも展示された。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

カリフォルニア在住のデザイナー/アレックス・アールとスクランブラー・チームが作り出した、800ccスクランブラーをベースにしたカスタムコンセプトバイク。エンジンとメインフレームは継承されているものの、外装類や足周りは大きく変更されている。テーマは1960~70年代のデザートバイク。それに近代的なエレクトロニクスをセットした。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

近代オフロードモデルに採用されるアップフェンダーは、その形状を進化させている。またスクランブラーのアイコンでもあるインナークロスバー入りLEDヘッドライトを装着している。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

後方シリンダーに繋がるエキゾーストパイプは、シリンダーを一周するようにエンジン前方を取り回してレイアウトされる。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

車体右側で連結したエキゾーストパイプはスイングアーム前方のキャタライザーボックスから起ち上がり、シートカウル両脇のサイレンサーへと繋がる。リアサスペンションはリンク付きの2本タイプを新たに設計。スイングアームも新調されている。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

シートカウルと一体化したような、モダンなアップタイプ2本出しサイレンサースタイルを採用。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

タンクはオリジナルでデザイン。やや大柄になっている。スクランブラーのアイコンでもあるサイドパネル・イメージのデザインを踏襲。そのなかに、燃料残量を目視できるメモリ窓を近代的な解釈でデザインしている。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

リンク式のサスペンションを2本採用するリア周り。サスペンションはスプリングを持たないエアサスタイプ。リンクの形状も美しい。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

オイルクーラーのマウントは、フレームのイメージを踏襲するトレリス形状を採用。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ブレーキング製のフローティング・ウェーブディスクにラジアルマウントのブレンボ製4ポットキャリパーをセット。タイヤはピレリ・スコーピオン。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

この車両は毎年6月にイタリア・コモ湖畔で開催される、欧州でもっとも歴史ある自動車とバイクの祭典/コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステ2018のコンセプトバイク部門で3位を獲得している。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

デビューしたばかりの「スクランブラー1100」もライトカスタムが施され、展示されていた。カスタムを手掛けたのはフランスのカスタムファクトリー/BAD WINNERS。ホイールは前後18インチに変更されている。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

主な変更点はアルミプレートからワンオフ製作されたシートカウル&シート。またサイレンサーはコンパクトな一本出しタイプへと変更になり、躍動感溢れる角度にアレンジされている。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

こちらもフランスのカスタムファクトリー/BAD WINNERSによりカスタムマシン。ベースは800ccスクランブラー。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

アルミキャスティングの純正シートレールは取り払われ、代わりにタンクカバー&シートカウルを一体成形。軽量&コンパクトなボディを実現している。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

じつはこの車両、競馬場のショートトラックを使ったフラットトラックレース「El Rollo/エル・ロロ」に出場するために製作されたマシンなのだ。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ライダーはフランス人のゾエ・デービッド。自身が組み上げたビンテージバイクや最新のモトクロッサーベースのフラットトラックレーサーで、フラットトラックレースを楽しむエンスージアストだ。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

「El Rollo」でのゾエとスクランブラー・レーサー。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ゾエ&スクランブラー・レーサーが参戦したのは、市販車のエンジンとフレームを使った市販車改造クラス/フーリガン。ライバルは1,000ccオーバーのマシンがほとんどだ。そんななか800ccのスクランブラーと小柄なゾエが健闘。中盤でチェッカーを受ける。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ビンテージクラスに参戦していたシングル250のドゥカティ、フラットトラックレーサー。フレームは1970年代にフラットトラック用に製作された希少なものだ。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

「El Rollo」の会場にもスクランブラーテントを出展。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

レースの後には「Days of Joy」のプログラムであるフラットトラック・スクールも開催。講師を務めたのは、800ccスクランブラー・カスタムでフーリガンクラスを走ったゾエ・デービッド。参加者のほとんどが、フラットトラック初心者だ。

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

ドゥカティ・スクランブラーと親和性が高いWheels and Waves2018 (ホイールス・アンド・ウェーブス2018) レポートの画像

もう一人の講師は、ゾエのパートナーであり、英国旧車でフラットトラックレースやロードレースに参戦するフランク・シャトキン。彼はパリで英国旧車のレストアやチューニングを行うファクトリーを運営しながらさまざまなレースに参戦している。

注目のアイテムはコチラ

バイク買取&乗り換えガイド

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。