VIRGIN DUCATI | ツーリング向きのドゥカティとは? はじめてのドゥカティ

ツーリング向きのドゥカティとは?

定番はムルティストラーダ
クラシカルなGTもおすすめ

はじめてのドゥカティの画像

ドゥカティの中でも特にツーリングに適したモデルは何か。実は意外なモデルのツーリング適性が高いことはご存知でしょうか?

ドゥカティはスポーツ走行のイメージが強いですが、ツーリングバイクとしても楽しめるのでしょうか。

「皆さん“レース”や“サーキット”のイメージが強いのかも知れませんが、どのモデルでもツーリングは楽しめますよ(笑)。1198や1098と言うとスポーツ走行専用に思えるかもしれませんが、最近の国産スポーツでツーリングを楽しまれる方なら違和感なく楽しめるはず。ポジションも前傾ですが、ここ最近はあまりタイトすぎない設計になっていますね。中速域のトルクが太いので、むしろ国産よりドゥカティの方が乗りやすいことも ありますよ。そういう事情もあって、最近はスーパーバイクでツーリングに来られるユーザーさんがかなり増えています。一昔前の“街中ではあまりに厳しい”といったイメージはありません。ドゥカティはここ数年で随分変わったと思いますよ」

では、そんな中でも特にツーリング向きの車種を教えて下さい。

「やはりムルティストラーダが一番ツーリング向きですね。あと、すでに絶版になってしまいましたが、STシリーズもおすすめです。どちらも荷物を積載するためのオプションが揃っていますし、タンデムがしやすいのも特徴です。特にムルティストラーダは1100DSになってから、中低速がより扱いやすくなりました。荷物満載+タンデムでもしっかりと安定して走ってくれますね。あと、個人的にはGTのツーリング適性はなかなかだと思っています(笑)。オプションでクラシカルなツアラーにもなりますし、何より“飛ばさなくては! ”などと、気負わずに楽しめますよ。ドゥカティはツーリング向きでないという先入観があるようでしたら、まずは一度試乗して確かめてみて欲しいですね」

はじめてのドゥカティの画像
店長おすすめのツーリング向きドゥカティ、GT1000。アップライトなポジションと比較的穏やかなエンジン特性で長旅でも快適です。
はじめてのドゥカティの画像
最近は純正で各種バッグが設定されており、スーパーバイクでもある程度の積載が可能。特にシートバッグが使いやすいとのことです。
はじめてのドゥカティの画像
スポーツ走行向けだからツーリングに行けない、ということはありません。デスモセディチもツーリングを楽しめる余裕を持っています。
ドゥカティ高崎 秋山 亮さん
ドゥカティ高崎ストアマネージャー。愛車はサーキット仕様のスーパーバイクで、休日は走行会などでスポーツライディングを楽しんでいるドゥカティスティ。

注目のアイテムはコチラ