VIRGIN DUCATI | モンスター1100のユーザーインプレ・評価 ユーザーインプレ

モンスター1100のユーザーインプレ・評価

  • ※ 輸入バイク専門コミュニティ「Virgin-Community」のバイクインプレも掲載しています

【02】2009年式 モンスター1100

【02】2009年式 モンスター1100の画像
J さん
  • バイク歴/5年
  • 乗り継いだバイク数/-台
  • 燃費/22km/L(高速 24km/L)

● 愛車の気に入っているところ

ブラック×シルバーのシンプルなカラーリングに惚れてスタンダードのモンスター1100にしました。カーボンパーツは魅力的でしたが、徐々に換えていこうかと。サスペンションもノーマルのイニシャルを変え、最適なポジションを見つければ、十分以上だと思います。1年で4,000kmを走りましたが、パーツを換えると操作感と乗り味が体感できるほど変わります。ちょっとずつ自分好みに近づいてくるのが楽しいですね。APTCクラッチと内圧コントロールバルブを装着すると、市街地(渋滞)から高速道路までストレスなしです。エンジンブレーキも適度に抑えられ、クラッチも軽くなりました。宿泊をともなう時のみリアBOXを付けてツーリング仕様にしていますが、35L程度までであれば見た目のバランスも悪くないと思います。一度使うと便利すぎてやめられません。

● 愛車の不満なところ

基本的に不満はありません。95PS(軸出力87PSでした)は、気負わずに乗れる範囲なので、とても乗りやすく感じますね。2,000回転でもけっこういけるとのインプレを見ましたが、ノーマルではちょっとギクシャク気味です。AELLAの内圧コントロールバルブを装着し、4気筒エンジンのバイク並みに低回転域がスムースになりました。これで渋滞も怖くありません。その他の気になるところも社外パーツでほぼ解消できます。

● これからドゥカティを購入する人へのメッセージ

普通のライダーであれば、予算が許す限り、排気量は大きいほうがマルチに楽しめると思います。18年ぶりにリターンしたへなちょこライダーでもなんとかいけています。年齢を重ねるとツーリング的な使い方が増えるので、大排気量だととても楽です。モンスター696とモンスター796にも試乗しましたが、爆発感(鼓動感)以外はそんなに違いを感じませんでした。余力感は圧倒的にモンスター1100でした。乾式クラッチのダストは、時々カバーを外して軽く掃除してあげる必要がありますね。国産モデルのようにほぼメンテフリーというわけにはいきませんが、乗った後に軽くボディを拭き、ちょっと錆が浮き出てきたら磨いたり、オイルを差したりする程度で十分です。雨については、ツーリング時の雨天走行程度ですが、その後の走行に支障が出ることはありません。ツーリングは、概ね1泊で総走行距離1,000km程度を走りますが、そんなに疲れません。

【01】2009年式 モンスター1100

【01】2009年式 モンスター1100の画像
toshi さん
  • バイク歴/20年
  • 乗り継いだバイク数/-台
  • 燃費/21km/L(高速 28km/L)

● 愛車の気に入っているところ

それまでのモンスターに比べてフレーム剛性が上がり、伊豆スカイラインなどの高速コーナーでよれを感じません。エンジンは低回転からトルクがあり、2速2,500回転でもギクシャクせずに走れるので、燃費は慣らし中でも高速で28km/Lと高燃費です。

● 愛車の不満なところ

足つき性がかなり悪いです。スタンドをかけた状態ではかなり寝てしまい、跨ってバイクを起こす際にヨッコイショという感じになるのが不満点です。

● これからドゥカティを購入する人へのメッセージ

燃費も乗り心地も良く、ツーリングには最適なバイクだと思います。攻めて走ればそれなりに速いので、これ1台で遊べます。

注目のアイテムはコチラ