VIRGIN DUCATI | モンスター696のユーザーインプレ・評価 ユーザーインプレ

モンスター696のユーザーインプレ・評価

  • ※ 輸入バイク専門コミュニティ「Virgin-Community」のバイクインプレも掲載しています

【04】2008年式 モンスター696

【04】2008年式 モンスター696の画像
sana さん
  • バイク歴/6年
  • 乗り継いだバイク数/-台
  • 燃費/-km/L(高速 -km/L)

● 愛車の気に入っているところ

音がやはり良いです。

● 愛車の不満なところ

クラッチが繋ぐのが難しいです。

● これからドゥカティを購入する人へのメッセージ

操れるようになると楽しいだろうなと思います。

【03】2009年式 モンスター696

【03】2009年式 モンスター696の画像
koba’s さん
  • バイク歴/18年
  • 乗り継いだバイク数/-台
  • 燃費/25km/L(高速 20km/L)

● 愛車の気に入っているところ

排気量が小さくても、価格が安くてもドゥカティを感じられるところ。上位モデルには低速域での扱いにくさがありますが、モンスター696は日本の制限速度内で扱いやすさ万全です。つまり、サーキットなどでの超高速走行ではもうワンランク上のサスペンションやブレーキがほしくなるだろうなということ。湿式&スリッパークラッチ機能は静かで追加費用なしなのがお得。モンスター1100と比べられることも多いと思います。一番の違いは、中速域からの加速です。モンスター696も6,000回転も回せば尋常ではない世界に入りますが、モンスター1100のほうが少し余裕があります。しかし、私は湿式クラッチでリズミカルに減速できるモンスター696を選びました。

● 愛車の不満なところ

モンスターが悪いわけではありませんが、ツアラー系のバイクと比較すると高速道路では走行風が強いです。また、高速道路の巡航ではあまり燃費が伸びません。ネイキッドモデルなので、ETCやナビの設置場所に悩みます。燃料タンクが樹脂で、過去の遺産であるマグネット式タンクバックはNGです。

● これからドゥカティを購入する人へのメッセージ

国産バイクしか知らない方にはぜひ乗ってみることをおすすめします。後悔はさせません。安全基準なのか、何かは知りませんが、国産バイクとの違いがはっきりわかります。ドゥカティは楽しい。日本のバイクに対する文化の低さには本当に残念に思います。そのくらいイタリアの文化(製品作り)は格上に思えます。

【02】2009年式 モンスター696

【02】2009年式 モンスター696の画像
ara さん
  • バイク歴/23年
  • 乗り継いだバイク数/-台
  • 燃費/21km/L(高速 -km/L)

● 愛車の気に入っているところ

軽量&コンパクト。スタイリング。湿式クラッチ。トータルバランスの良さ。

● 愛車の不満なところ

クラッチ操作のダイレクト感が薄い。シート下のスペースが小さい。ワイヤー式ヘルメットホルダーは使う気にならない。左コーナーはサイドスタンドが接地する。

● これからドゥカティを購入する人へのメッセージ

肩肘張らずにドゥカティの所有感を満たしてくれるフレンドリーなモデルです。性能や数値ではなく、乗って楽しいと純粋に思えますよ。街乗りもふつうにできるので、カジュアルに使えるところも魅力です。日帰りスポーツツーリングや、仲間とワインディングで朝練なんて使い方がベストです。

【01】2009年式 モンスター696

【01】2009年式 モンスター696の画像
toshi さん
  • バイク歴/20年
  • 乗り継いだバイク数/-台
  • 燃費/-km/L(高速 23km/L)

● 愛車の気に入っているところ

車重が軽く、足つき性はドゥカティの中で一番です。両足がべったり着くので、立ちゴケなんて皆無だと思います。また、クラッチがとても軽く、渋滞でも握力がなくなるようなこともありません。

● 愛車の不満なところ

カウルがないので、高速走行はかなり疲れます。他の大型バイクとツーリングに行くと、周りより排気量が小さいこともあってエンジンを回さないとならず、燃費が悪化します。自分だけかもしれませんが、APTCの油圧クラッチは乾式に比べて繋がる位置がわかりづらく、ダイレクト感に欠けて乗りにくいのが一番不満です。

● これからドゥカティを購入する人へのメッセージ

サーキットに行かないなら、これ1台で峠道もツーリングもOKだと思います。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ