VIRGIN DUCATI | モンスター1000S カスタムDUCATI

モンスター1000S

  • 掲載日/2011年08月23日【カスタムDUCATI】
  • 記事提供/『DUCATI Campione Del Mondo』 Vol.06(2003.07.31発行)
モンスター1000Sのカスタム画像

“プロポスタ”の進化系マシン
カスタムシーンに一石を投じる

ドゥカティLツインのカスタムシーンで、数多くの話題を提供してきた大阪・寝屋川のライディングハウス。ドゥカティよりも早くに「水冷モンスター888」を製作したことでも知られる同ショップは、モンスターカスタムに並々ならない関心を寄せている。

そんなライディングハウスが昨年発表したコンプリートマシン、モンスターの進化系モデル“プロポスタ”は、モンスターカスタムの世界に一石を投じたとして記憶に新しい。そのプロポスタのコンセプトを最新空冷1000ccエンジンにオーバーラップさせたのが、ここに紹介するカスタムマシンである。シャンパンゴールドに彩られたこのマシンには、カスタムフリークにとって気になるスペシャルパーツが数多く装着されている。

特に注目したいのは、強烈な制動力を誇るフロントブレーキ周りとニューデザインのスリップオンマフラーだ。

ブレーキユニットは英国のAP社製を採用し、対向6Pキャリパーと薄型アウターローターのブレーキディスクを組み合わせている。もはや比類なきストッピングパワーを確保したと言えるだろう。「ドゥカティにはブレンボ」といった定説があるが、以前はAPロッキード社製コンポーネンツをドゥカティが純正指定していた時代もあったのだ。例えば、70年代のワークスマシンのほぼすべてに、AP製キャリパーやマスターシリンダーが標準装着されていたのである。それを考えれば、現行モデルとAP製パーツの組み合わせには、エンスージアズムを感じることができる。

マフラーに関しては、これまでにさまざまな機種およびタイプをデリバリーしてきた同ショップの最新作である。ありきたりなデザインから脱皮し「新たなる世界」を追及した意欲作だ。その特徴は、80年代をほうふつするショート管サイレンサーのイメージである。ただし、装着されているパーツは試作品のため、市販化にあたっては「改良する可能性もある」とショップスタッフは語っていた。

各種アルミ製削り出しパーツに積極的に取り組んでいるのも同ショップの特徴である。人気のステップ、ハイライドキットやリザーブタンクキャップはもはた定番パーツであり、最近では、アルミブロックから削り出されるクラッチカバーがヒット商品となっている。

カスタムシーンに一石を投じ続けてきたライディングハウスは、今後も精力的に展開しそうだ。空冷Lツインエンジンは、いじり手にとっても最高の素材なのだ。

モンスター1000Sのカスタム画像
オリジナルの外装パーツによってデザインチェンジを図ったライディングハウスのプロポスタ。モンスターの雰囲気が一新されている。ガソリンタンクは純正タンクの上からカバーをかぶせるタイプで、着せ替え人形的感覚でカスタマイズを楽しめる。シングルシートも美しい仕上がりだ。

カスタムの詳細をチェック!

モンスター1000Sのカスタム画像
エアダクトが新鮮なマスコットカウル。そのクオリティは高い。ノーマルカウルと比べ攻撃的な面構えになる。
モンスター1000Sのカスタム画像
定評のエッチング仕上げによるオイルクーラーコアガード。前輪からのハネ石からオイルクーラー本体を守ってくれる。
モンスター1000Sのカスタム画像
オーリンズ製倒立フォークにAP社製対向6Pキャリパーと薄型ローターを装備。もはやレーシングスペックのストッピングパワーだ。ホイールは純正パーツをブラックアウト。
モンスター1000Sのカスタム画像
アルミ製ハンドルを採用。マスターシリンダーの削り出しリザーブタンクキャップも人気の商品だ。
モンスター1000Sのカスタム画像
フォーミュラーカーや戦闘機を想像させるバックミラーを装備。ブレーキマスターはAP製ラジアルポンプ。
モンスター1000Sのカスタム画像
大型アンダーカウルによりエアロダイナミクスを向上。クラッチカバーはワークスマシンと同じマグネシウムパーツだ。
モンスター1000Sのカスタム画像
新開発のチタン製スリップオンマフラー。そのサウンドをご想像いただきたい。ストリートユース時はバッフル要。
モンスター1000Sのカスタム画像
クラッチカバーは最新デザインのライディングハウス製アルミ削り出し。アルミブロックから削り出す贅沢品。
モンスター1000Sのカスタム画像
スプロケットカバーもオリジナルのアルミ削り出し部品。ハイライドステップはペダル支持部がステップと同軸上にあり、操作性を重要視している。ノーマルの大型ステップホルダーを廃止することで、モンスターのサイドビューは軽快になる。
取材協力
住所/大阪府寝屋川市高宮1-10-23
電話/072-821-1101

関連する記事

注目のアイテムはコチラ