VIRGIN DUCATI | ムルティストラーダ1000/1000S DUCATI購入ガイド

ムルティストラーダ1000/1000S

  • 掲載日/2009年12月15日【DUCATI購入ガイド】
ムルティストラーダ1000の画像

Multistrada 1000 / 1000 S

ドゥカティの異端児は
“乗り易い”優等生

スポーツバイクがメインとなるドゥカティのラインナップにおいて一際異彩を放つモデル、それが「ムルティストラーダ1000DS/1000s DS」。現在はエンジンのバージョンアップを受けて「ムルティストラーダ1100DS/1100s DS」となり、すっかり馴染みの1台となった感すらあるが、2001年のミラノショーで発表された時には、これまでのドゥカティにない奇抜なスタイルで話題となった。現ラインナップにおいても、見慣れたとは言え異質な1台と言えるかもしれない。

そんな“異端児”的な扱いを受けることが多いムルティストラーダだが、中身は想像以上に「使える」マシンだ。デザイン的なインパクトが話題に上ることが多いが、ロードスポーツ寄りのデュアルパーパスとして設定された車両特性は、非常に扱い易いものに仕上げられている。このモデルのために新開発されたデュアルスパークエンジンは、低いギアでの不要なスロットルワークにだけ気をつければ至って従順。ツインらしいパルス感のあるパワーにより、車体を意のままに加速させてくれる。ストロークの長いサスペンションが生み出す乗り心地は快適で、あまり硬さを感じさせない設定。ハンドリングにも気難しさが無く、高速道路やワインディングから交通量の多い街中まで、余裕のある走りを楽しめる。「全ての道で毎日使える」という開発コンセプトを忠実に体現した、ドゥカティの中でもとびきりの優等生なモデルだ。

ムルティストラーダ1000の画像
一風変わったスタイルのムルティストラーダだが、実際に乗ってみると実に扱い易くバランスの良いバイクであることがわかる。
ムルティストラーダ1000の画像
フロントカウルはフレームマウントで、スクリーンにあたる部分がハンドルにあわせて可動する。この個性的なスタイルは賛否両論を巻き起こした。
ムルティストラーダ1000の画像
ツーリングマシンでもあるムルティストラーダは、オプションで各種ハードケースを装着可能。写真はツーリングトリムをフル装備した状態だ。
ムルティストラーダ1000の画像
ガソリンタンクはシートと一体になっており、容量は20リットルを確保している。ただ、形状が複雑なためガソリンメーターの信頼度は低かった。

装備で選べばやはり1000s
予算にあわせて選べるのが魅力

ムルティストラーダ1000DS/1000s DSは、万人に扱える優等生的な実力を持ちながら、奇抜なスタイルにより好き嫌いがはっきりと別れてしまうため、中古車市場での人気は他車種に比べてあまり高くない。しかし、それゆえに相場が控えめになっているため、比較的手の届きやすい在庫が多いのも事実。中でも、前後にオーリンズ製サスペンションを奢られ、カーボンパーツを装備したムルティストラーダ1000s DSは狙い目だ。好評連載中の「それでもムルティを買いました!」でも語られているように、高品質な中古車を手に入れることが出来てしまう。

また、予算で探すならスタンダードも視野に入れておくべきだろう。走行距離が少ない車両でも60万円前後からラインナップされているのは見逃せない。サスペンション以外に外装、ハンドルまわりの差はあるものの、この価格は大きな魅力だ。他のドゥカティがスポーツ走行向けであるのに対して、シチュエーションを選ばずに楽しめるムルティストラーダ1000DS/1000s DSは隠れた名車とも言える存在。ユーティリティ装備や航続距離などを考えれば、ツーリングにも最適な1台だ。愛車に幅広い用途を求めたいドゥカティスティにとって、おすすめできるモデルと言えるだろう。

ムルティストラーダ1000の画像
ツーリングも快適にこなせ、ワインディングもエキサイティングに楽しめる。ムルティストラーダの実力を甘く見てはいけない。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
スペック情報は万全な保証を致しかねます。実際に購入される場合はDUCATI正規ディーラーへお問い合わせください。
全長
2,057mm
全高
1,280mm
シート高
780mm
ホイールベース
1,462mm
車両重量
196kg
キャスター角
24.0°
フレーム形式
スチールパイプトレリスフレーム
排気量
992cc
ボア×ストローク
94mmx71.5mm
圧縮比
10.0:1
エンジン形式
空冷L型2気筒 2バルブデスモドロミック
最高出力
67.7kW(92ps)/8,000rpm
最大トルク
9.4kgm/5,000rpm
燃料供給
マレリ製電子制御燃料噴射 45mmスロットルボディ
トランスミッション
6速
クラッチ形式
乾式多板
燃料タンク容量
20.0リットル、内リザーブ6.5リットル
フロントサスペンション
ショーワ製 43mmフルアジャスタブル倒立フォーク(オーリンズ製 TiNコート43mmフルアジャスタブル倒立フォーク )
リアサスペンション
プログレッシブリンク ショーワ製フルアジャスタブルモノショック(プログレッシブリンク オーリンズ製フルアジャスタブルモノショック)
フロントブレーキ
320mmセミフローティングダブルディスク 4ピストン2パッドキャリパー
リアブレーキ
245mmディスク 2ピストンキャリパー
価格
136万5000円(162万7500円)
※()内は1000s DS

注目のアイテムはコチラ