VIRGIN DUCATI | スポーツクラシック スポーツ1000 DUCATI購入ガイド

スポーツクラシック スポーツ1000

スポーツクラシック スポーツ1000の画像

Sportclassic Sport 1000

過激な性能を有する
スポーツクラシックの先駆け

スポーツクラシックシリーズの第1弾として 2006年に誕生したスポーツ1000。シリーズのスタンダードモデルとして通常ラインナップに並び、限定モデルであるポールスマート1000LE が同時に発売されました。翌 2007年にカウル付きのスポーツ1000S が登場、2007年に姿を消したスポーツ1000 に対し、このスポーツ1000S は 2009年まで販売されます。この2モデルは992ccの空冷デュアルスパークエンジンや高性能な足まわり、低く構えたセパレートハンドルなど、そのクラシカルな外観とは裏腹に過激な性能を共通に有していました。しかしながらスポーツ1000 は乾式クラッチ+片側のみのモノサス、スポーツ1000S は湿式クラッチ+2本サスと、販売年次の違いによる確かな熟成もありました。

スポーツクラシック スポーツ1000の画像
スポーツ1000 が 2006 ~2007年、スポーツ1000S は 2007 ~2009年に販売されました。

当時の思い出話

人気沸騰中の希少車ゆえに
中古車価格も高価

2006年はドゥカティが MotoGP を席巻していた時期で、当然ながら人気はスーパーバイクを中心とするロードスポーツモデルに集中しており、スポーツ1000の人気は思うように高まらず、新車の販売台数も多くありませんでした。“生産終了になってから人気が出る” というのはよくある話ですが、このスポーツ1000も例に漏れずラインナップから姿を消した近年になってその性能とスタイルがあらためて評価され出しています。中古車価格が高価になっているのはもちろん、もともとの台数が少ないためにディーラーが車両を仕入れようと動いても中古車自体がなかなかみつかりません。もし店頭で見かけたらそれは間違いなくご縁でしょう。

スポーツクラシック スポーツ1000の画像
専用のカタログが用意されていました。スポーツクラシックに対するドゥカティの情熱が伝わります。
スポーツクラシック スポーツ1000の画像
過去のモデルを懐かしむだけでなく、最新の性能とクオリティが注ぎ込まれていたことがわかります。
スポーツクラシック スポーツ1000の画像
人気の高い中古市場に対し、台数そのものが少ないため、中古車価格も120万円台からと高価。(2012年4月時点)

価格・スペック(2006年モデル)

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
スペック情報は万全な保証を致しかねます。実際に購入される場合はDUCATI正規ディーラーへお問い合わせください。
全長
2,180mm
全高
1,037mm
シート高
825mm
ホイールベース
1,425mm
乾燥重量
179kg
キャスター角
24°
フレーム形式
スチールパイプトレリスフレーム
燃料タンク容量
15リットル 内リザーブ3.5リットル
乗車定員
1名
フロントサスペンション
マルゾッキ製43mm倒立フォーク
フロントホイールトラベル
120mm
フロントホイール
スポークホイール アルミ製リム 3.50×17
フロントタイヤ
120/70ZR17
フロントブレーキ
320mmセミフローティングダブルディスク
2ピストン2パッドフローティングキャリパー
リアサスペンション
ザックス製フルアジャスタブルモノショックアブソーバー
リアホイールトラベル
130mm
リアホイール
スポークホイール アルミ製リム 5.50×17
リアタイヤ
180/55ZR17
リアブレーキ
245mmディスク シングルピストンフローティングキャリパー
エンジンタイプ
L型2気筒 2バルブ デスモドロミック 空冷
排気量
992cc
ボア×ストローク
94mm×71.5mm
圧縮比
10:1
最高出力
67.7kW – 92HP/8,000rpm
最大トルク
91.9Nm – 9.3kgf・m/6,000rpm
燃料供給方式
マレリ製電子制御燃料噴射 45mmスロットルボディ
トランスミッション
6速
クラッチ形式
乾式多板 油圧式
新車価格
149万8000円
取材協力

創業50年、横浜を中心に20店舗を展開する輸入車&国産車の老舗ディーラー

住所/神奈川県横浜市港北区篠原西町23-31
定休日/毎週水曜
営業時間/10:00~19:00
TEL/045-432-7736

注目のアイテムはコチラ