VIRGIN DUCATI | 試乗インプレ【予告編】ハイパーモタード796 トピックス

試乗インプレ【予告編】ハイパーモタード796

  • 掲載日/2010年03月12日【トピックス】
  • 取材協力/Ducati Japan  文/VIRGIN DUCATI編集部
ハイパーモタード 796の画像

先日発売されたばかりのハイパーモタード796。写真のカラーはアーバンな雰囲気のマットホワイトだ。

新型デスモユニットを搭載した
ハイパーモタードのニューフェイス

いよいよ登場した、2010年ラインナップの注目モデル「ハイパーモタード796」。新開発の803cc空冷Lツインユニットは696の排気量拡大版ではなく、全く新しいエンジンだ。これに組み合わされる足回りは、マルゾッキ製倒立フォークとザックス製リアサスペンション、そしてフロントにラジアルマウントのブレンボ製キャリパーと、ドゥカティらしくハイパフォーマンスなパーツが投入されている。今年よりシリーズを一新したハイパーモタードシリーズの中ではエントリーモデルとなる1台だが、その実力は兄弟モデルと変わらぬエキサイティングなもの。気になる試乗インプレッションの前に、まずはハイパーモタード796のディティールカットをお届けする。

フォトTOPICS(写真点数/11枚)

ハイパーモタード 796の画像
01新開発の803cc空冷2バルブL型2気筒エンジンは848タイプの軽量フライホイールを採用。モンスター696とボア径は同じだが、ストロークが長く豊かなトルクと軽やかな吹け上がりを実現している。
ハイパーモタード 796の画像
02フロントにはマルゾッキ製43mm倒立フォーク、ブレンボ製ラジアルマウントキャリパーを装備。タイヤはピレリ製のディアブロ・ロッソだ。
ハイパーモタード 796の画像
03リアはザックス製アジャスタブルモノショックに、アルミ製片持ちスイングアームの組み合せ。
ハイパーモタード 796の画像
04ホイールは前後ともアグレッシブなデザインを採用するアルミ製の5本スポークホイール。
ハイパーモタード 796の画像
05ハイパーモタードシリーズの共通スタイルとなる、マフラー上のハイマウントストップランプ。
ハイパーモタード 796の画像
06アイデンディとも言える“ハイパースタイル”を象徴する、折りたたみ式のミラー。
ハイパーモタード 796の画像
07シート高は825mmとモンスターより高いが、シートがスリムなため足着き性はそれほど悪くない。
ハイパーモタード 796の画像
08メーターはここ最近のドゥカティで共通となっている多機能デジタルメーターを採用。
ハイパーモタード 796の画像
09メーターの操作は左ハンドルスイッチで行う。ライトの切り替えとパッシングはスイッチが共通化された。
ハイパーモタード 796の画像
10スロットルケーブルが1本仕様となっているため、スロットル操作が軽いのも特徴だ。
ハイパーモタード 796の画像
11ウインカーはハンドルガードに埋め込まれている。また、ミラーを畳むとよりスタイリッシュな外観に。

注目のアイテムはコチラ