VIRGIN DUCATI | ストリートファイター848 カスタムDUCATI

ストリートファイター848

ストリートファイター848のカスタム画像

アクシデントを逆手に取って
マシンの質感を大幅にグレードアップさせる

カスタムを始めるきっかけは人それぞれ。趣味の世界のことだから、たいがいは自ら進んで行うものだが、中にはやむを得ぬ理由からカスタムに取りかかる例もある。このストリートファイターのオーナーもそんな一人。

「ノーマルのカタチが好きなので、いじるつもりはなかったんです。けれど、もらい事故にあってしまって……。しかも、納車して二日目のことでした。相当、ヘコみましたよ」

その事故でバイクはかなりのダメージを負ってしまったのだが、オーナーは復活させることを決意。修理のついでにカスタムした格好だ。このように、望んで始めたカスタムではないのだが、やる以上はパーツチョイスにはこだわった。カラーリングがモノトーンなため、色数が増えるのを避けて加える色味はアカ系のみに限定。パーツも、なるべく同じブランドで揃えることで、仕上がりに統一感を持たせている。

そうして厳選したパーツだけを装着しているのだが、中でも一押しパーツがあるのだという。それがヴォーグの フレームスライダー だ。

「事故で転んだ時も、フレームやエンジンは、ほとんど無傷でした。ヴォーグのスライダーは本当にお薦めですね。装着して損のないパーツだと思います」

ストリートファイター848のカスタム画像
ストリートファイター848 で、見事にドゥカティの魅力にハマったオーナー。1199パニガーレも追加で手に入れてしまったのだそうだ。

カスタムの詳細をチェック!

ストリートファイター848のカスタム画像
ストリートファイター848のカスタム画像
ストリートファイター848のカスタム画像
ストリートファイター848のカスタム画像
ストリートファイター848のカスタム画像
ストリートファイター848のカスタム画像
ハンドルバー とクランプ、グリップバーエンドミラータンクキャップ など、色のついたパーツはリゾマで統一。パーツラインナップが幅広いことがリゾマを選んだ理由。マフラーはドゥカティパフォーマンスのテルミニョーニ。ノーマルマフラーの形を非常に気に入っていたそうだが、事故で壊れてしまったので、泣く泣く交換。装着した当初は、排気音のボリュームが気になったが、バッフルを装着したところ、ノーマル並みかそれ以下の静かさになったそうだ。
取材協力
住所/神奈川県横浜市戸塚区戸塚町3153-53
定休/毎週水曜
営業/10:00~19:30
Tel/045-869-5239