VIRGIN DUCATI | 2011 MotoGPレポート 第2戦 スペイン DUCATIサーキット情報局

2011 MotoGPレポート 第2戦 スペイン

  • 掲載日/2011年04月04日【DUCATIサーキット情報局】
  • 特別協力/Ducati Japan  プレスリリース/2011年 4月4日
    MotoGPで活躍するドゥカティ・チーム。メーカー発信のレポートをフォトギャラリーでご紹介します。
2011 MotoGPレポートの画像

2011 MotoGP #02 SPAIN(2011.04.03)

ヘイデンはヘレスで初の表彰台をゲット
ロッシはレース中に転倒するも5位フィニッシュ

MotoGP 第2戦のスペインでニッキー・ヘイデンは3位でフィニッシュして表彰台に立った。レースはウエットコンディションとなり転倒者が続出、完走わずか12台のサバイバルレースとなった。4列目スタートのヘイデンは、スタートから好調で瞬く間に順位を上げていった。彼は、チェッカーを受けるまでレースのほとんどの周回で3位~5位争いの壮絶なデットヒートを繰り広げた。

一方、5列目スタートとなったバレンティーノ・ロッシもすばらしいスタートを切った。圧倒的な速さを見せつけたロッシは、スタートからわずか7周で、予選12位から2位まで浮上。しかし、8周目の第1コーナーでミスを犯して転倒、直後を走行していたケーシー・ストーナーを巻き込んでしまう。

それでも最後尾から2番目でレースに復帰したロッシは、前のライダーとの差が大きく開いていたにもかかわらず、決してレースをあきらめずに猛チャージを開始、大きく順位を上げて5位でフィニッシュした。

RIDER’S VOICE

2011 MotoGPレポートの画像

ニッキー・ヘイデン(ドゥカティ・モトGPチーム)3位

「最後の周回ではタイヤが完全に磨耗していたので非常に遅いペースで走らなければならなかった。とても素晴らしいレースだったとは言えないけれど、3位に入って表彰台に上がれたことは本当に嬉しいよ。

レースの序盤は、トラクションがよくかかっていてマシンはベストな状態だった。その後しばらくは、狙ったとおりのラインを走ることができて、ミスを犯す余地はまったくなかった。サーキットの一部で雨が降っていたので、ウエットのコーナーとドライのコーナーが混在する非常に難しいコンディションだった。そのため、タイヤの状態とライン取りは目まぐるしく変化していった。

すばらしいシーズンの始まりとは行かなかったけれど、今後に向けて全力を尽くすよ。チームには本当に感謝している。次のレースでもポイントを追加できればよいが、今日の3位はチームにとって今後のカンフル剤になったと思う。ドゥカティの実力はこんなものではないからね。今回のレースでマシンはさらに改善されてきた。結果以上に良いマシンに仕上がっている。多少のミスはあったかもしれないけれど、必ずこれから巻き返して素晴らしいシーズンにするよ。」

2011 MotoGPレポートの画像

バレンティーノ・ロッシ(ドゥカティ・モトGPチーム)5位

「今日のウエットコンディションは、僕達にとってはドゥカティ最初の表彰台だけでなく、初優勝さえ狙える絶好のチャンスだった。マシンと肩の調子も良かった。

まだ完全な強さを発揮できない中で、ウエットのレースでは、ドライで強いられるブレーキングよりも思い通りに減速することができたからね。ウエットの状態でもマシンはとても速かった。スタートから順調にポジションを上げたが、ミスを犯してせっかくのチャンスを台無しにしてしまった。第一コーナーでブレーキをわずかに引きずり過ぎて、内側をキープしようとしたけれどフロントのトラクションを失って立て直すことができなかった。ストーナーを巻き込んでしまったことに関しては本当に申し訳ないと思っている。僕のミスでこんなことになってしまったので、彼には謝罪したい。

今回のレースではかなり良い感触を得られていたので本当に残念だよ。しかし、これでシーズンが終わったわけではないからね。まだドライではそれほど速くはないけれど、僕達は懸命に作業を続けている。いずれにしても、今回の5位は、今後のチャンピオンシップ争いにとって貴重な11ポイントをもたらしてくれた。」

ヴィットリアーノ・グアレスキ(ドゥカティ・モト GP チーム・マネージャー)

「ニッキーが今シーズン初の表彰台に上がり、バレンティーノもすばらしい走りを見せてくれて嬉しいよ。優勝を争えるポジションだったので、バレンティーノの転倒は本当に残念だ。そして何より、ケーシーを巻き込んでしまったことは申し訳ないと思っている。

バレンティーノはレースに復帰することができて、すばらしい巻き返しを見せてくれた。彼は決してあきらめずに、見事に5位に入賞した。ニッキーは、最後の10周でタイヤが終わって、いつ転倒してもおかしくない難しいコンディションの中、見事にマシンを扱って見せた。

チームも非常によく頑張ったと思う。ウォーミングアップでウエットのセットアップが見事に決まって、すばらしい結果を出すことができた。」

2011 MotoGP写真ギャラリー

2011 MotoGPレポートの画像
2011 MotoGPレポートの画像
2011 MotoGPレポートの画像
2011 MotoGPレポートの画像
2011 MotoGPレポートの画像
2011 MotoGPレポートの画像
2011 MotoGPレポートの画像
2011 MotoGPレポートの画像
2011 MotoGPレポートの画像

注目のアイテムはコチラ