VIRGIN DUCATI | スーパーバイク1098S カスタムDUCATI

スーパーバイク1098S

スーパーバイク1098Sのカスタム画像

軽量化とファインチューンで
サーキット走行を楽しむ

一昨年にドゥカティの新世代スーパーバイク、1199 パニガーレが発売されたことで、一線をしりぞいた感のある 1098/1198。ところが、現在考えられるさまざまな電子制御システムを搭載したパニガーレに比べ、プリミティブな魅力にあふれているというファンも多い。だが、そのプリミティブさゆえに、ライディングの難しさもある。しかし、この 1098 S のオーナーは、それがかえって面白さに繋がっているのだと言う。

ご覧の通り、ナンバー付き。だが、遊びのフィールドはほとんどがサーキット。そんなこともあって、1098 S は軽量化とエンジンのファインチューンをメインにカスタムされた。軽量化にあたり、カウルはすべてディライトの ドライカーボン とし、燃料タンクはビーターのアルミに交換、さらにテルミニョーニのフルエキゾーストキットなどを組み込んだ。詳細な数値は未公表のため具体的な言及はできないが、オーナーによれば、軽量化とフルエキゾーストキットの装着で、低速から愛車のイメージが変わったと言う。そのほかにもスリッパークラッチ、リンケージのピボット位置を変更するリアサスリンクなど、走りに影響のあるパーツを中心にカスタムが施されている。

スーパーバイク1098Sのカスタム画像
ひと月に1~2回のペースでサーキット走行を楽しんでいるオーナー。次はドゥカティコルセのリアスイングアームを狙っている。

カスタムの詳細をチェック!

スーパーバイク1098Sのカスタム画像
スーパーバイク1098Sのカスタム画像
スーパーバイク1098Sのカスタム画像
スーパーバイク1098Sのカスタム画像
スーパーバイク1098Sのカスタム画像
スーパーバイク1098Sのカスタム画像
モトクレイジーの フェンダーレスキット にモトコルセのウインカーレンズを組み合わせる。アルミタンクはビーター。容量は 20L。マットなボディにしたことでアルミの地肌感が消えた。ディライトの リアサスリンクキット でリアの動きを改善。マフラーはテルミニョーニのフルエキゾーストキットをチョイス。ドゥカティコルセのバックステップと、ドゥカティパフォーマンスのチェンジレバーを組み合わせて使用。ブレーキローターはブレンボ 320mm。キャリパーのカラーを外して対応させている。
取材協力
住所/三重県鈴鹿市住吉3-30-20
定休/毎週月曜、第2・4火曜
営業/10:00~20:00
電話/059-370-5528

関連する記事