VIRGIN DUCATI | スーパーバイク1199パニガーレS カスタムDUCATI

スーパーバイク1199パニガーレS

スーパーバイク1199パニガーレSのカスタム画像

ハイスペックなパニガーレSに手を加え
さらなるポテンシャルアップを実現

900SS に始まり、999、999S、749R、1098、そして現在の愛車である 1199パニガーレSと、歴代のドゥカティスーパーバイクを乗り継いできたオーナー。そんなスーパーバイクへの造詣が深いオーナーも、パニガーレのポテンシャルの高さには脱帽の様子で、評価は非常に高い。「速さは言うことありません。車体も親しみやすく、誰でも楽しくコーナリングできるバイク。電子制御の安心感は絶大で、コーナーで滑る気がしません」と、手放しの褒めよう。愛車に選んだのがハイグレードなSということで、最初からクオリティの高いパーツが装着されており、『弄るところがない』と言いながらも、カスタマイズが進んでいる。

お薦めのパーツは、ヴォーグの リアショックリンク とのこと。「明らかに路面追従性が向上して、タイヤの接地感が高まります。街乗りでも差がわかるくらい効果が高い。ノーマルのシートは滑りやすいので、レザーを張り替えるとホールド性が上がります。攻める時に有効なカスタムだと思います」

このマシンのシートは、ドゥカティ東京ウエストで製作されたもの。小さなポイントだが、ライディングへの影響が大きい部分。そうした積み重ねが走りの質感を引き上げていくのだ。

カスタムの詳細をチェック!

スーパーバイク1199パニガーレSのカスタム画像
スーパーバイク1199パニガーレSのカスタム画像
スーパーバイク1199パニガーレSのカスタム画像
スーパーバイク1199パニガーレSのカスタム画像
スーパーバイク1199パニガーレSのカスタム画像
スーパーバイク1199パニガーレSのカスタム画像
「速い乗り物が大好き」というオーナー。以前はスズキのハヤブサも所有。四輪車は日産のスーパーマシン GT-R を所有していると言う。エキゾーストパイプのカバーインナーリアフェンダー は、ライディングハウスのカーボン。シートはドゥカティ東京ウエストのオリジナル加工品。イチオシパーツであるヴォーグの リンクアーム は、ロッドの支持部分にエキセントリックシャフトを装備し、無段階でレバー比の調整が可能となっている。リンクロッド もヴォーグのアジャスタブルタイプを使用。ステップ は、カッチリとした操作感が好みで選んだというアエラ。スクリーンはドゥカティコルセで、フェンダーレスキット はモトクレイジーをチョイス。
取材協力
住所/東京都東久留米市柳窪3-2-35
定休/毎週水曜、第2・4火曜
営業/10:00~19:00
Tel/042-472-7633

関連する記事