VIRGIN DUCATI | 空冷2バルブ・シングルスパーク DUCATIエンジンガイド

空冷2バルブ・シングルスパーク

  • 掲載日/2008年10月13日【DUCATIエンジンガイド】
  • 構成/VIRGIN DUCATI.com 編集部
DUCATIエンジンの画像

モンスターにベストマッチの
シングルスパーク空冷Lツイン

排気量を992ccにまで拡大し、いわゆる“DSエンジン”としてツインスパーク化されたパワーユニットが登場するまで、ドゥカティの本流としてさまざまなモデルに搭載されていたのが、今回ご紹介するシングルスパークの空冷2バルブLツインエンジンだ。一口にシングルスパークの空冷2バルブLツインといっても長い歴史があり、さまざまなバリエーションが存在するが、今回は2007年のシングルスパーク末期までラインナップされていたモンスターS2R 800に搭載されたユニットをご紹介しよう。

ピストンやコンロッドを新設計し、吸排気のバルブタイミングを見直すなど、S2R 800用ユニットは先代モデルにあたるM800用ユニットに改良を加えたものだ。ボア・ストロークは88mmX66mmで排気量は803cc。デスモドロミックを採用し、最大出力77ps/8,250rpm、最大トルク72.6Nm/6,500rpmを発揮した。これらの数値は、S2R 800がデビューした2004年当時としてもずば抜けたものではなかったが、ドゥカティのレース活動を通じて熟成されたフューエルインジェクションを組み合わせることで、パワーとトルクのバランスは秀逸。2000回転ほど回していればスルスルと発進可能な実用域の広さを持ち、“DS”ほどのトルク感はないものの、制御しやすいパワーを伴いながらシャープに回り切るスポーツ性を発揮した。さらに、信頼性や低燃費も兼ね備えていた実績あるエンジンとして、今なおその評価は高い。

さらに、エントリーモデル的な役割も期待されていたS2R 800用のユニットには湿式クラッチが採用されていたが、シフトダウン時のバックトルクを緩和してハードなライディングでも最大限の安定性を確保するスリッパークラッチ「APTC」も搭載。ビギナーからベテランまで、S2R 800が多くのライダーから支持されているのは、スタイルだけではなく、このエンジンによるところが大きいと言われている。

DUCATIエンジンの画像
DUCATIエンジンの画像
DUCATIエンジンの画像
エンジン搭載モデル
  • ● モンスターS2R(800cc)

関連する記事

注目のアイテムはコチラ