VIRGIN DUCATI | ドゥカティ スクランブラー デザートスレッド 試乗インプレッション

スクランブラー デザートスレッド の画像
DUCATI Scrambler Desert Sled

ドゥカティ スクランブラー デザートスレッド

  • 掲載日/2017年08月10日【試乗インプレッション】
  • 取材協力/Ducati Japan  写真・文/田中 宏亮

オフロードスタイルを極めた
ワンランク上のスクランブラー

2015年にデビューして以来、着々とバリエーションモデルを増やしてきたドゥカティ スクランブラー。この2017年、スクランブラー カフェレーサーとともに目玉モデルとして登場したデザートスレッドは、シティライドがメインのカフェレーサーとは真反対のリアルオフロードモデルとして仕上げられた一台だ。「スクランブラー」というスタイルの原点はアメリカのダート仕様バイクであるわけだから、現代版モデルとして一層スクランブラーテイストが強くなったとも言えよう。この世界観に新たな可能性を広げようとするデザートスレッドのキャラクターとライドフィールに迫ってみた。

スクランブラー デザートスレッド の特徴

スクランブラー デザートスレッド の画像

ひと回りして原点回帰した
ドゥカティの新たな定義

今やドゥカティの中でもすっかり人気モデルとなったスクランブラーが登場したのは2015年。モンスター796から受け継いだ空冷L型2気筒2バルブエンジン(排気量 803cc)を心臓に、新設計のフレームとボディデザインで1960年代アメリカに投入された「ドゥカティ スクランブラー250」を現代風にアレンジしたニューカマーだった。ただ、どちらかと言えばダートを主戦場とするオフロード仕様を表す「スクランブラー」というネームブランドに対し、現代版スクランブラーはそのエッセンスは受け継ぐものの、どちらかと言えばアスファルトシーンを駆け抜けるストリートバイクとして仕上げられていた。

スクランブラー デザートスレッド の画像

デビュー年にはベーシックな「アイコン」のほか、ビンテージ感を意識した「クラシック」、よりレーシーなテイストを含んだ「フル・スロットル」、そしてオフロード仕様を想定した「アーバン・エンデューロ」という4つのタイプが揃えられ、アイコンを軸としたバリエーション豊かなライフスタイルの提案が印象的だった。

スクランブラー デザートスレッド(以下 デザートスレッド)を紐解いていくにあたり、改めて「スクランブラー」というスタイルの定義を明確にしておきたい。このスタイルが生まれたのは1960年代のアメリカで、前後18インチホイールにツインショック仕様のフレーム構造を軸とする英トライアンフの人気バイクをオフロード仕様にカスタムし、野山へ走りに行こうというブームがキッカケ。故スティーブ・マックイーン主演の映画『栄光のライダー』(On Any Sunday / 1971年)の世界がまさにそれだ。今もそうだが、どこまでも荒野が広がるアメリカでは、その荒野や未舗装の道路が主な遊び場だった。

スクランブラー デザートスレッド の画像

オーソドックスなネイキッドバイクでガタガタのガレ場を走れば、当然バイクにもダメージが発生する。そうした実体験から「前後サスペンションは長くしよう」「グリップではなく砂利や石を乗り越えられるブロックタイヤにしよう」「衝撃に耐えられるようハンドルバーを強化しよう」「地面に打ち付けないようマフラー位置を高くしよう」「エンジンを守るためのアンダーガードを作ろう」というアイディアが生まれた。それらが組み合わされたカスタムスタイルが「どこへでもよじ登れる」という意味の「スクランブル」を用いた「スクランブラー」と呼ばれるようになったのだ。現代のオフロードバイクは、このスクランブラーを原点に進化したもの。

ベースモデルのスクランブラーと見比べると、その特徴を羅列するだけでキャラクターの違いが如実に表れてくる。明らかに長くなった倒立フロントフォークとともに、チューブフレームには補強が加えられ、これによって後ろ側の高さも確保された。ホイールはリアこそ17インチのままだが、フロントは18インチから19インチへとサイズアップ。F 19 / R 17 というホイールサイズを聞いてピンと来た人は、かなりのバイク通だろう。そう、ムルティストラーダ1200エンデューロといった近年のアドベンチャーモデルと同じ仕様なのだ。

スクランブラー デザートスレッド の画像

さらにオフロードバイクにふさわしいクロスバー付きのアルミニウム製ハンドルバー、完全ブロック型タイヤ ピレリ製スコーピオン・ラリーSTR、「フル・スロットル」にも採用されたステンレス製マフラー、ハイフロントフェンダー、「アーバン・エンデューロ」から受け継いだアンダーガードなどが備わり、完全オフロード仕様のスクランブラーがここに誕生した。ストリートバイクとして復活を遂げた現代版スクランブラーから派生したこのデザートスレッドは、改めてその原点に還ったモデルというわけだ。

エントリーというよりもワンランク上のグレードを目指した感があるデザートスレッド。その性能がいかほどのものか、実際に試乗してみた。

スクランブラー デザートスレッド の試乗インプレッション

スクランブラー デザートスレッド の画像

アドベンチャーモデルと呼んで差し支えない
あらゆる状況に対応する万能型バイク

まず気になるのはシート高だろう。スペック表には860mmと記載されている。ベーシックなスクランブラーが790mmだから、一気に7センチもアップしていることになる。ちなみにハイパーモタード939が850mmとなっている。

身長174cmの筆者がまたがると、カカトが余裕で浮いての足の裏前部1/3でのスタンディングに。おそらく身長170cmほどのライダーでバレリーナ状態、それ以下だと片足でしか立てないのではないだろうか。ただ、スクランブラーモデル共通のシート幅がかなり幅広なので、ここをトラッカー風に細長くアレンジできれば、もう少し足つきは良くなるだろう。

スクランブラー デザートスレッド の画像

ハンドルポジションについて、幅広なのは想定内だったが、思っていたよりもやや遠めだったのが意外だった。誤差の範疇かもしれないが、あともう1~2cm手前に来ていればベストだった、と思わされた部分だ。このハンドル周りについては、このあとのインプレッションで気になる部分が出てくるので、読み進んでいただきたい。

走り出してのファーストインプレッションは、「軽くて速い」。確かにまたがった際のポジションはオフ車らしく少々タイトだが、いざ走り出してしまえば体がしっくりと収まる構造になっていて、とにかく操りやすい。デザイン的にはもう少し細身の方が良かったフューエルタンクも、ニーグリップするのにちょうどいい厚みとなっている。それゆえ、しっかりとステップとニーグリップで車体を固定してやれば、すでにその性能が立証されている排気量803ccのLツインエンジンのスポーティな挙動と207kgという車重が絶妙なバランスで絡み合い、高めの視界ながらスポーツライドを楽しませてくれる。さながら、軽量型アドベンチャーバイクといったところだろうか。

近しいスタイル、近しい排気量という点から BMW Motorrad F 800 GS を引き合いに出してみるも、その車重は224kgとデザートスレッドが20kg近く軽い。重量があるモデルはその分路面を踏みしめてくれるというメリットがあり、翻って軽量系モデルはコントローラブルな点が魅力だ。さらにデザートスレッドの場合、かつての「スクランブラー250」をインスパイアしたクラシカルなボディデザインであることも大きなポイントとなる。

スクランブラー デザートスレッド の画像

スクランブラーよりも前後サスペンションが長い設計になっているので、そのストローク量の恩恵もあってストリートはもちろんワインディングでもフットワークの安心感とともにあらゆるコーナーを駆け抜けてくれる。もちろんスクランブラーファミリーのどのモデルでも過不足ないパフォーマンスを発揮してくれることに違いはなく、むしろデザートスレッドにストリートやワインディングはオーバースペックな感があった。

湖畔の砂地でもテストを試みた。日本で馴染み深い250ccオフロードバイクと比べると、かなりオーバーパワーなところは否めない。アドベンチャーモデルのような重量級ではないので、803ccという排気量が生み出すパワーを理解しつつ、そのうえで国産オフロードバイクのように振り回して楽しむ乗り方を身につければ、これほど遊び甲斐のあるバイクはないと思えるだろう。おそらくガレ場に突っ込んでも難なく走破してくれるはずだ。

そんなテストを繰り返しながらロングライドをして気になったのが、エンジンの熱さとレバーの遠さだ。熱さについては、「フル・スロットル」にも採用されているステンレスマフラーとの相性なのか、信号待ちの際にはちょっと車体から離れたくなるほど。もしかしたらセッティング次第で多少は変えられるのかもしれない。オーナー希望者はこの点にご留意いただきたい。

スクランブラー デザートスレッド の画像

ストップ&ゴーを繰り返していると、グリップと少々離れた設計になってしまっているからか、クラッチレバーを握る手がやや疲れてきてしまう。やはり欧米人にとってのオフロード仕様は、日本人にとってはワンサイズ大きいアドベンチャー仕様になってしまうのか、と思わされたポイントだ。ただ、これについては調整次第で握りやすくできるので、こちらの方が解消しやすいだろう。

限りなく現代オフロードバイクとして仕上げられているデザートスレッドは、日本人にとっては一歩アドベンチャーモデルに入り込んだ仕様だと言えよう。ネイキッドのままならストリートからワインディング、ダートまでありとあらゆるロードを走破できるし、積載装備を整えればアドベンチャーバイクとして日本全国津々浦々まで走ってゆけるだろう。何より、そのクラシカルなボディデザインが都会から田園風景まで幅広く似合うことは間違いない。

まさにこれ一台あれば何でもできる、万能型バイクだ。

スクランブラー デザートスレッド の詳細写真

スクランブラー デザートスレッド の画像
現ドゥカティではモンスター797とスクランブラーだけに許された空冷L型2気筒2バルブエンジン「デスモドロミック」(排気量803cc)。
スクランブラー デザートスレッド の画像
さりげなくもデザインされたメッシュ型ヘッドライトグリルがオフロードバイクとしての雰囲気を高める。ヘッドライトはもちろんLED仕様だ。
スクランブラー デザートスレッド の画像
スクランブラー「アーバン・エンデューロ」から継承するハイフロントフェンダーを標準装備。こちらもオフロードバイクならでは。
スクランブラー デザートスレッド の画像
強化用のクロスバーが備わる専用設計のハンドルバー。やや幅広なので乗り手の体格を求めてくる部分はあるが、操舵性は抜群に高い。
スクランブラー デザートスレッド の画像
車体のやや右寄りに設置されたラウンドデジタルメーター。タコメーター、オドメーター、外気温、時計類を液晶表示させるスクランブラー共通のパーツ。夜間走行時は白く光る。
スクランブラー デザートスレッド の画像
46mm倒立フロントフォークはフルアジャスタブル仕様。六角レンチで好みのセッティングに変更可能だ。
スクランブラー デザートスレッド の画像
スクランブラー共通のフューエルタンク(タンク容量:13.5リットル)のグラフィックは「アーバン・エンデューロ」のカラーバリエーションチェンジ版。ホワイトとレッドの2色が用意される。
スクランブラー デザートスレッド の画像
こちらもスクランブラー共通のダブルシートながら、若干のデザインチェンジが施されている。程よい硬さをもたらす厚みが特徴的だ。シート下にはUSBポートが装備される。
スクランブラー デザートスレッド の画像
LED仕様のテールライトとウインカーから成るリアエンドもスクランブラーの特徴。ウインカースイッチを3秒以上押すとハザード点滅が起こる。
スクランブラー デザートスレッド の画像
ゴールドの配色が心憎い19インチ・スポークホイールがデザートスレッドの特徴。タイヤはピレリ製スコーピオン・ラリーSTRというオフロード仕様に。
スクランブラー デザートスレッド の画像
フロントのブレーキキャリパーはブレンボ製4ピストンラジアルマウント。ここに330mm径ディスクローターが加わる。ボッシュ製のABSユニットも装備される。
スクランブラー デザートスレッド の画像
「フル・スロットル」にも採用されているステンレス製エキゾーストのブラックアウトバージョン。
スクランブラー デザートスレッド の画像
オフロードバイクらしいギザギザのステップレバーを備えつつも、DUCATIの刻印が入ったステップでモダンな高級感をもたらしている。
スクランブラー デザートスレッド の画像
「アーバン・エンデューロ」に採用されていたエンジンガードを備える。ダートライドの際に地面や石との接触からエンジンを守る必需品だ。
スクランブラー デザートスレッド の画像
デザートスレッド用の設計となっているアルミニウム性スイングアーム。17インチスポークホイール & ピレリ製スコーピオン・ラリーSTRの組み合わせがピッタリ収まる絶妙な仕様に。
スクランブラー デザートスレッド の画像
車体左側にマウントされるリアショックはカヤバ製プリロード・リバウンド アジャスタブルショック。
スクランブラー デザートスレッド の画像
ブレンボ製 1ピストンフローティングキャリパーと245mm径ディスクいう組み合わせのリアブレーキングシステム。もちろんABSが装備されている。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ