VIRGIN DUCATI | 【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブース トピックス

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブース

  • 掲載日/2018年11月16日【トピックス】
  • 取材協力/ドゥカティジャパン  写真/Ryo Tsuchiyama 文/VIRGIN DUCATI.com 編集部
【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

会場でも最大級の規模を誇る
ドゥカティブースは目玉車両が目白押し

2018年11月8日(木)~11日(日)までイタリア・ミラノで行われたEICMA2019(ミラノ国際モーターサイクルショー)に先駆けて、11月4日(日)に「ドゥカティ・ワールド・プレミア2019」を開催したドゥカティ。そのイベントにてパニガーレV4 R、ディアベル1260、ハイパーモタード950といったニューモデルを世界初公開したドゥカティであるが、ここではEICMA2019のドゥカティブースの模様をお届けしよう。

地元イタリアでの開催とあり、ドゥカティブースは熱狂的なファンが詰めかけ終始大盛況。ブースの大きさは会場内でも最大級で、赤と白で塗り分けられたメインのドゥカティエリアと、通路を挟んで黄色を基調したスクランブラーエリアという構成で展開された。

中でも最大の注目はドゥカティ史上、最もパワフルなファクトリーモーターサイクルという触れ込みのパニガーレV4 Rだ。従来の「R」バージョンと比べてもMotoGPからフィードバックされた数々の技術が惜しげもなく投入されており、パフォーマンスアップが図られている。その他、第二世代となるディアベル1260に、レーシーかつエキサイティングなハイパーモタード950など注目のニューモデルが目白押し。今後もドゥカティの動向から目が離せない!

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

会場内でも最大級の規模を誇るドゥカティブース。地元イタリアでの開催ということもあり、ドゥカティファンの期待も大きく、メーカーサイドも相当な力の入れようだ。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

ドゥカティブースの主役は間違いなくこのパニガーレV4 Rと言える。新型のフェアリングには、MotoGPマシンからフィードバックされたカーボン製のウイングレットを装備。パニガーレV4 Rは公道走行可能なスーパーバイク世界選手権(SBK)カテゴリーのレーシングマシンのベースモデルで、2019年シーズンから導入されることが決定している。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

SBKのレギュレーションに合わせた排気量998ccのデスモセディチ・ストラダーレRエンジンを搭載。サーキット走行をメインにしたパワーデリバリーが特徴で装備重量は193kg、鋭い吹け上がりを実現し、レッドゾーンも高回転側に設定されている。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

新型のフェアリングに装備されるカーボン製のウイングレット。これにより走行安定性を高めることで、電子制御システムの介入頻度が減らされている。エンジンの最高出力は221ps(162kW)/15,250rpmで、アクラポビッチ製ドゥカティ・パフォーマンス・フルレーシング・エグゾーストを装着することで最高出力は234ps(172kW)/15,500rpmを発揮する。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

新型ディアベル1260S。テスタストレッタDVT 1262エンジンが搭載され、ボッシュ製コーナリングABSも新たに装備。上級モデルのこちらのSバージジョンには前後オーリンズ製フルアジャスタブルサスペンションに、クラッチ操作を必要としないドゥカティ・クイック・シフト・アップ/ダウンEVO(DQS)も標準装備。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

モタードの代表的モデルである新型ハイパーモタード950SP。車両重量は前モデルと比較して4kg軽減され、937ccのテスタストレッタ11°L型2気筒エンジンを搭載。こちらのSPモデルはフラットシート、ホイールトラベル量を増したオーリンズ製サスペンション、マルケジーニ製鍛造ホイール、ドゥカティ・クイック・シフト・アップ/ダウンEVO(DQS EVO)を搭載している。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

先行して発表された新型ムルティストラーダ1260エンデューロも展示。エンジンには排気量1,262ccのテスタストレッタDVT(ドゥカティ・バリアブル・タイミング)エンジンを搭載。最大トルクの85%を3,500回転以下で発生し、低中回転域での出力トルクが増大されている。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

マイナーチェンジが施された新型ムルティストラーダ950 S。エレクトロニック・ドゥカティ・スカイフック・サスペンション(DSS)、ドゥカティ・クイック・シフト(DQS)アップ/ダウン、フルLEDヘッドライト、5インチTFTカラー液晶ディスプレイ、ハンズフリー・システム、クルーズ・コントロールなどの最先端テクノロジーが搭載されている。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

インターモト2018でモデルチェンジが発表されたスクランブラー デザート・スレッド。フレームに合わせたステッチのシート、リムはブラックタイプとされる。さらにオフロード・ライディング・モードが新たに設定され、ABSを無効にすることができる。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

ドゥカティ125GP Desmoのカラーリングを踏襲したスクランブラー カフェ・レーサー。前後のホイールはスポークタイプとされ、クラシカルな雰囲気に。フロントブレーキはラジアルマウントを採用。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

ブラック&イエローのツートーンカラーが特徴のスクランブラー フル・スロットル。リアエンドとシートの変更でより攻撃的なマシンに仕上げられている。サイドのゼッケンプレートは2018アメリカン・スーパー・フーリガン選手権に参戦しているフランキー・ガルシアが駆るフラット・トラック・スクランブラーがイメージソースになっている。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

スクランブラー1100の走行性能が高められたスクランブラー1100スポーツ。こちらのモデルはマフラーやミラーが変更されたカスタムモデルである。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

スクランブラーエリアに展示されたカスタムモデル。ダートトラッカースタイルのこちらのマシンは、まるでメーカーメイドのマシンのような高い完成度を誇っている。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

アール・モーターが手がけたスクランブラーのカスタムマシン。無骨なアドベンチャースタイルのマシンであるが、タンクやシート、その他細かなディテールにおいても丁寧に作り込まれている。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

ニューカラーのパニガーレV4 Sコルセ。このカラーはMotoGPチームのオフィシャル・カラーからインスピレーションを得たもので、WDW 2018のチャンピオンズ・レースで優勝したミケーレ・ピッロのマシンと同じグラフィックが採用されている。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

前後オーリンズサスペンシャンやステアリングダンパーを装備した959パニガーレコルセ。エンジンは955ccスーパークワドロエンジンを搭載し、車両重量はパニガーレ959より2.5kg軽い197.5kgとなっている。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

マットブラックカラーにレッド&グレイのグラフィックが加えられた新型モンスター821ステルス。クイック・シフト・システム、アジャスタブル・フォーク、メーターバイザーを装備している。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

専用の展示エリアが設置された、電動アシスト付きマウンテンバイクのドゥカティMIG-RR。マウンテンバイクの新たな可能性を示唆する一台である。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

MotoGPドゥカティチーム、アンドレ・ドヴィツィオーゾのドゥカティデスモセディッチGP。搭載される排気量1,000ccの水冷DOHC 90度V型4気筒4ストローク デスモドロミック4バルブエンジンは250hp以上を発揮する。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

SBKドゥカティチーム、チャズ・デイビスのパニガーレRスーパーバイク。車両重量はわずか168kgで、エンジンには排気量1,198ccの水冷DOHC 90度V型2気筒4ストローク デスモドロミック4バルブを搭載し、215hp以上を発揮する。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

こちらは新型パニガーレV4 RをベースとしたSBKの試作マシン。エンジンの最高出力234hp、乾燥重量は165kgで0.70hp/kgというパワーウェイトレシオを実現している。

【EICMA2018レポート】ウイングレット装備のパニガーレV4Rが主役のドゥカティブースの画像

新型パニガーレV4 Rベースのレーサーの詳細なスペックは明らかにされていないが、カーボン製フェアリングに前後オーリンズ製サスペンション、ブレンボ製ラジアルマウントキャリパーなどの最新装備で武装している。前モデルに比べ、大幅にパフォーマンスアップが図られているのは間違いないので、SBK2019年シーズンの台風の目になること必至!

注目のアイテムはコチラ

バイク買取&乗り換えガイド